磯光駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
磯光駅
いそみつ
Isomitsu
勝野 (2.6km)
(2.7km) 筑前宮田
所在地 福岡県鞍手郡宮田町大字鶴田1764番地
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 宮田線
キロ程 2.6km(勝野起点)
電報略号 イソ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
348人/日
-1981年-
開業年月日 1912年明治45年)7月21日
廃止年月日 1989年平成元年)12月23日
備考 宮田線の廃止に伴い廃駅
テンプレートを表示

磯光駅(いそみつえき)は、かつて福岡県鞍手郡宮田町(現・宮若市大字鶴田1764番地に設置されていた、九州旅客鉄道(JR九州)宮田線廃駅)である。

宮田線の廃止に伴い、1989年(平成元年)12月23日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1908年(明治41年)3月28日 - 官設鉄道(後の国鉄筑豊本線)勝野駅 - 菅牟田駅(初代)間の貨物支線の開業と同時に、施設上の分岐点(菅牟田分岐点)として設置。
  • 1910年(明治43年)10月15日? - 鶴田信号所に改称。
  • 1911年(明治44年)
    • 2月1日 - 菅牟田分岐点に再改称。
    • 5月13日? - 勝野駅 - 菅牟田駅(初代)間廃止に伴い、菅牟田分岐点廃止。
  • 1912年(明治45年)7月21日 - 国鉄桐野線(後の宮田線)勝野駅 - 桐野(後の筑前宮田)駅間の旅客営業開始に伴い、菅牟田駅(2代目)への貨物支線の分岐点に新設。旅客のみ取り扱い。
  • 1919年大正8年)8月1日 - 貨物、荷物の取り扱いを開始。一般駅となる。
  • 1974年(昭和49年)3月5日 - 貨物の取り扱いを廃止。
  • 1977年(昭和52年)7月1日 - 当駅 - 菅牟田駅(2代目)間の貨物支線を廃止。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物の取り扱いを廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR九州に継承。
  • 1989年(平成元年)12月23日 - 宮田線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造[編集]

廃止時は単式1面1線のプラットホームを有する無人駅であったが、かつては石炭積み出し用に多数の側線やホッパーが存在した。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
宮田線
勝野駅 - 磯光駅 - 筑前宮田駅
日本国有鉄道
宮田線
磯光駅 - (貨)新菅牟田駅

関連項目[編集]