磯城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

磯城(しき)とは、奈良盆地の東南部を指す地域の名称。三輪山の西、初瀬川流域までの地域で、現在の磯城郡桜井市天理市の一部を指す。志貴志紀師木志癸とも表記する。

語源[編集]

本居宣長の『古事記伝』では「石城」(イシキ)が変化したもので、石でかためた堅固な城があった場所だという。

日本書紀』第五では、崇神天皇 が都を磯城瑞籬宮(しき の みずがき の みや)に遷したとも伝えられ[1]、巻第十九には欽明天皇が都を磯城郡の磯城嶋(しきしま)に定め、磯城嶋金刺宮(しきしま の かなさし の みや)と名づけている[2]ことも関係があるのかも知れない。ともに、現在の奈良県桜井市金屋付近に存在したとされている。

同じ崇神天皇の項目には、天照大神大国主神を天皇の大殿(みあらか)のうちに祀ったが、神の勢いがありすぎて、ともに暮らすことができなくなってしまった。そこで、天照大神については、娘の豊鍬入姫命(とよすきいりびめ の みこと)に大和の笠縫邑(かさぬいのむら)に祭るため、「仍りて磯堅城(しかたき)の神籬(ひもろき)を立つ」(よって、堅固な石で作った神の降臨所を立てた)とある[3]

歴史[編集]

神武天皇の東征の際に、天皇に服属した豪族、弟猾が磯城邑(しきのむら)の磯城の八十梟帥(やそたけるのことを天皇に教えたとあり[4]、『古事記』の綏靖天皇の大后の名前は「師木県主の祖(おや)、河俣毘売(かわまたびめ)」となっている[5]。「磯城」の文献上の初出はこの2例になるが、歴史上確実と思われるものは、前述した崇神天皇や欽明天皇の宮殿の名称になる。『古事記』では垂仁天皇の「師木の玉垣宮」(しきのたまがきのみや)の名があげられている[6]。崇神天皇が磯城の地を足がかりにしたことは、大和の三輪山の神を祭って、国家の基礎をかためたという記述からも推測される。

埼玉県稲荷山古墳出土鉄剣の銘文中の「獲加多支鹵(わかたける)大王」は雄略天皇と推定され、「斯鬼宮」(しきのみや)が磯城郡にあった天皇の泊瀬朝倉宮のことではないか、と考えられている。その他代々の天皇の宮殿もこの地域に設置されてきた。

倭の六県の磯城県(しき の あがた)が設置され、古くから大和政権にとって要地であった。磯城県主(しき の あがたぬし)は、伝説によると神武天皇2年(推定前659年)に設置されたことになっている[7]。考古学的にも、弥生時代唐古鍵遺跡のような低地遺跡があり、環濠集落条里制の集落が残されており、古くから人の住みやすい場所であったことが窺われる。現在の桜井市北部には箸墓古墳に代表される纏向遺跡がある。

『書紀』巻第二十九によると天武天皇の時代の683年、磯城県主ら14氏に「」の姓が授けられている[8]。『新撰姓氏録』では、大和神別の「志貴連氏」は神饒速日命の孫日子湯支命の後ともされている。

のち、大和国の郡名になり、『和名類聚抄』にあるように、律令体制下では城上郡(しきのかみのこおり)・城下郡(しきのしものこおり)の2つに分けられている。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本書紀』崇神天皇3年9月条
  2. ^ 『日本書紀』欽明天皇元年7月14日条
  3. ^ 『日本書紀』崇神天皇6年条
  4. ^ 『日本書紀』神武天皇即位前紀戊午年9月5日条
  5. ^ 『古事記』中巻、綏靖天皇条
  6. ^ 『古事記』中巻、垂仁天皇条
  7. ^ 『日本書紀』神武天皇2年2月2日条
  8. ^ 『日本書紀』天武天皇12年10月5日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]