磯山さやかの旬刊!いばらき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

磯山さやかの旬刊!いばらき』(いそやまさやかのしゅんかんいばらき)は、茨城県インフォマーシャル2011年4月22日から2018年3月30日までテレビ朝日にて放送された。

概要[編集]

茨城県鉾田市出身[注 1]で「いばらき大使」も務めるタレント磯山さやかをナビゲーターに、茨城県内の観光スポット等を歩きながら、茨城県の魅力と、旬の話題(イベントグルメなど)を紹介。主にテレビ朝日散歩シリーズ』(金曜日)の番組内で放送されており、視聴エリアは関東地方を中心に約1780万世帯に上る[1]。なお、茨城県には関東広域放送他県のような独立テレビ局も存在せず、全都道府県で唯一地元民放テレビ局が無いため広域局での広報となる。

茨城県のテレビ広報番組は1979年からフジテレビで日曜日朝に『おはよう茨城』を放送していたが、様々な事情もあり2011年3月27日の放送を最後に終了となった[2]。同番組終了とともにテレビ朝日へ事実上移譲する形となり、同年4月22日[注 2]より、当時の人気番組『ちい散歩[注 3]の番組に内包して放送開始。同番組を初代として現在も続く『散歩シリーズ』金曜日の番組後半で放送されていた。

開始当初から10:46 - 10:48(JST)に放送。『ちい散歩』終了後もそのまま2012年5月11日より『若大将のゆうゆう散歩[注 4]番組内で継続、10月5日から放送時間短縮に伴い10:26(番組終盤)となる。そして、2015年10月2日より現在放送中の『じゅん散歩[注 5]で引き続き放送、2016年11月4日から放送時間短縮に伴い10:21(番組終盤)で継続となった。

2017年2月17日放送分(「水戸の梅まつり(後編)」)で放送300回を迎えた。

2017年4月より、2分版のタイトルが「2分でわかる!いばらきの魅力」となった(正式タイトルは変更なし)。

2018年3月30日放送分(「茨城の」(後編)」)を最後に約7年に亘る放送を終了。翌週4月6日より後任として、磯山と同じ鉾田市出身[注 6]かつ「いばらき大使」も務めており、本番組にゲストとして出演した[注 7]お笑いコンビ・カミナリを迎え『カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな!〜』が新たにスタートしている。

構成[編集]

時間尺は完全版が約2分、ダイジェスト版は30秒[注 8]からなる。完全版、ダイジェスト版ともに冒頭に茨城県のロゴ(下述)をセンターに表示(途中までは、完全版:白、30秒版:観光地の静止画3枚をバックに表示だったが、後期には2分版・30秒版ともに観光地の映像をバックに表示するようになった。本編最後は観光地の映像をバックに表示)、チャイム音とともに[注 9]本編に入る。

進行[編集]

開始当初から、磯山のパートナー役として、茨城県のマスコットである「ハッスル黄門」がCGで登場していた(声は鈴木清信が担当)。磯山が印籠の中からハッスル黄門を呼び出し、会話をしながら進行していた。なお、後期には印籠なしで登場するようになり、また、解説役が中心となった。

2016年2月19日・2月26日放送「水戸の梅まつり(前・後編)」ではハッスル黄門が着ぐるみで出演した。この時も、通常使用されるCGと同様、鈴木が声を担当した。
2016年3月11日放送「春の北茨城観光」の回には登場しなかったが、翌週3月18日放送「古河桃まつり」の回が最後の登場となった。

ハッスル黄門が登場しなくなって以降、磯山が一人で進行をする形となった。ナレーションは引き続き鈴木が務めた。2016年4月1日より、最後に「ここで一句!」と俳句を詠んで締める形となった。

2017年4月より「2分でわかる!いばらきの魅力」のタイトル表示並びに磯山によるタイトルコール(右上にワイプ表示)、当日の紹介内容に続き、磯山が登場(この時に「磯山さやかの旬刊!いばらき」のタイトル文字が右上に2秒間表示される)。後の流れはこれまでと同様。

茨城県のロゴ表示[編集]

使用されている茨城県のロゴは、通常は「(ハッスル黄門のイラスト)茨城県」を表示する。また、茨城県が県のイメージアップキャンペーンを展開する場合は、そのキャッチコピーに表示を変更する場合もあり、2013年11月15日より2014年9月26日までは、「(1行目)なめんなよ♡いばらき県(2行目)まだまだたくさんあります こんないいところ」、2015年12月4日より2017年3月31日までは、「(1行目)のびしろ(2行目)日本一。(3行目)茨城県」を使用した。後者は冒頭では縦書き3行で表示されたが、最後は横書き1行にまとめて表示された。

放送時間[編集]

※放送終了時点。

(テレビ朝日を基準とする(関東ローカル)。ただし、茨城県は提供クレジットは表示されずPT扱い)
  • じゅん散歩
    金曜日 9:55-10:25[注 10]
    • 10:10(30秒、ダイジェスト版)
    • 10:21 - 10:23の時間帯(2分、完全版)
放送時間の変遷(完全版のみ)
  • (2011年4月22日 - 2012年9月28日)金曜日 10:46 - 10:48
  • (2012年10月5日 - 2016年10月28日)金曜日 10:26 - 10:28
過去

テレビ朝日以外にも、テレ玉チバテレなどでダイジェスト版(30秒)を放送していた。

ネット配信[編集]

インターネットでは県公式サイトから配信を行っている。週1回、金曜日10:24頃更新(2018年3月30日更新終了)。

このほか茨城県ホームページ内「いばキラTV」および「いばらきインターネット放送局」でも配信を行った(2018年3月30日更新終了)。

出演者[編集]

ナレーション[編集]

  • 鈴木清信

備考[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 厳密には、水戸市生まれの合併前の鉾田町育ちである。
  2. ^ 当初は4月1日から放送開始予定だったが、直前に東日本大震災が発生し茨城県も被災したため延期となっていた。なお、第1回放送の「結城紬(結城市)」編にて、冒頭に東日本大震災被災者へのお見舞いの言葉が添えられた。
  3. ^ 俳優の地井武男の冠番組。地井も番組で何度か茨城県を訪問しており、2011年に鹿嶋市潮来市を散歩した際、スペシャル版で放送予定だったものの、東日本大震災の影響により放送を見送った経緯がある(ただし、鹿嶋市はその後改めて訪問し、新作として放送され、潮来市は地井逝去後の2012年12月30日に放送された)。地井が急病のため2012年5月4日をもって終了した。なお、地井武男は、番組終了から8週間後の2012年6月29日に逝去した(70歳没)。
  4. ^ 歌手・俳優の加山雄三の冠番組。加山も番組で数回茨城県を訪問している。2015年9月25日終了。
  5. ^ タレント・俳優の高田純次冠番組。高田も番組で数回茨城県を訪問している。なお、高田と磯山は他番組で共演経験がある。
  6. ^ 厳密には、合併前の旭村の出身である。
  7. ^ 2017年5月19日放送分「茨城のメロン(鉾田市)」編に出演。
  8. ^ 2013年3月29日までは2分30秒(本編:2分→ダイジェスト:30秒)だったが、翌週の4月5日から2分に短縮され、ダイジェストは2分版を再編集したものとなった。
  9. ^ 2016年10月21日から、チャイム音とともに磯山の声で茨城県のイメージアップキャンペーンのキャッチコピーをコールしていた。また、開始当初はメロディーとともに磯山の声で「いばらき!」とコールしていた。
  10. ^ 2016年11月より後続の『ワイド!スクランブル・第1部』の拡大繰り上げに伴い、番組を5分短縮。また2017年10月より名古屋テレビ(メ〜テレ)にもネットされているが、この部分は放送されていない(メ〜テレ側でCM差し替えを行う)。
  11. ^ なお、磯山は現在放送中の後継番組である『旬感☆ゴトーチ!』にもリポーターでゲスト出演している。

出典[編集]

  1. ^ 「県のTV広報 継続」朝日新聞茨城版、2012年5月1日付
  2. ^ 「31年間放送「おはよう茨城」打ち切り」 - 茨城新聞、2011年3月3日。