磯山純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

磯山 純(いそやま じゅん、1983年6月12日- )[1] は、茨城県水戸市出身のシンガーソングライター,ローカルタレント

来歴・人物[編集]

茨城県水戸市双葉台出身。水戸市立双葉台小学校,水戸市立双葉台中学校,茨城高等学校を経て、早稲田大学へ進学・卒業。[2] 高校在学中に同じクラスの友人とアコースティックユニットを結成した事が、音楽活動を始める切っ掛けとなる。[3]
大学進学後は、アコースティックユニット「Lonin(ロニン)」を結成し、都内のライブハウスを中心に活動。ユニットでの活動は徐々に人気を得て、音楽事務所にも所属。メジャーデビューを目指したが、自身の喉にポリープが見つかった事で長期休業を余儀なくされ、デビューを断念。東京で学習塾の講師として働く。[4]
2011年東日本大震災で大きな被害を受けた水戸の街の復興支援,地域活性化の為に自身が出来る事を模索する中、音楽による地域貢献を構想。東京で働きながら、週末は帰郷して水戸駅前でストリートライブを始め、音楽活動を再開する。[5]
後に、自身の出身地である茨城県水戸市を活動拠点[6]とし、シンガーソングライター,ローカルタレントとして本格的に活動を開始。
「サラリーマンは週5日勤務で働く。これと同じで自分も歌えるところがあれば週5回どこでも歌う。」[7]と自ら語る通り、自身のCD1000枚と水戸市,茨城県の観光パンフレットを併せて配布し、茨城県外での配布が終了するまで水戸に戻らないストリートライブツアー、「CD1000枚売るまで帰りま1000ひとりで茨城広めてきまツアー」[8]の敢行など、県内外での地道なライブ活動が功を奏し、2012年には茨城県立県民文化センター(小ホール)での460名動員のライブ[9],2014年には同会館大ホールにて1500名動員のワンマンライブを成功させる。[10]
2016年からは、茨城県産の食材を使ったフードコーナーと野外ライブを融合したイベント、「茨城県総合物産音楽フェスティバル」を企画,主催。[11]千波湖の会場に約2万人の動員を成功させるなど、[12]活動の規模を拡大し続けている。
また、地域振興と音楽を融合させた活動が注目され、茨城県水戸市より「みとの魅力宣伝部長」[13],茨城新聞より「茨城新聞親善大使」[14]を委嘱されている。

ディスコグラフィー[編集]

マキシシングル[編集]

知らなければ 2012年発売 LakeSideRecords
CW:Father/Knock
いつか湖のほとりで 2012年発売 LakeSideRecords
CW:Dance Dance Dance-ラムコークを片手に-/月の満ち欠け
Acoustic1-ピアノと僕- 2012年発売 LakeSideRecords
収録曲:宿り木/思い出キラリ/輝ける明日へ
Acoustic2-ピアノと僕- 2012年発売 LakeSideRecords
収録曲:ぐないぐない/キズナ/本当のはじまり
スプモーニ 2013年発売 LakeSideRecords
CW:テナント募集/すべてをかけて
愛のカタチ 2014年発売 LakeSideRecords
CW:桜色の街/ゴーグルウルトラマン
磯山純 CLASSICS1 2014年発売 LakeSideRecords
収録曲:レンタルが始まって/Rolling stone/ゴーグルウルトラマン(Instrumental)/月の満ち欠け
磯山純 CLASSICS 2 2015年発売 LakeSideRecords
収録曲:スプモーニ/桜色の街/流れ星

アルバム[編集]

Love yourself 2013年 LakeSideRecords
Love yourself〜for next stage〜 2014年 LakeSideRecords

DVD[編集]

Jun Isoyama Live DVD 2014年 LakeSideRecords

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イベント&ニュース”. ガーデン前橋. 2018年12月24日閲覧。
  2. ^ がんばれ磯山純さん!”. ギャラリー空のブログ[ようこそ那珂湊へ]. 2018年12月24日閲覧。
  3. ^ 広報みと「輝くひと」”. 茨城県水戸市. 2018年12月24日閲覧。
  4. ^ 広報みと「輝くひと」”. 茨城県水戸市. 2018年12月24日閲覧。
  5. ^ スクーピーレポート イソヤマジュンさん”. 茨城放送. 2018年12月24日閲覧。
  6. ^ 茨城・水戸の路上から歌を通じて全国へ──磯山純、初のフル・アルバムをハイレゾ・リリース”. OTOTOY. 2018年12月24日閲覧。
  7. ^ 茨城・水戸の路上から歌を通じて全国へ──磯山純、初のフル・アルバムをハイレゾ・リリース”. OTOTOY. 2018年12月24日閲覧。
  8. ^ 茨城・水戸の路上から歌を通じて全国へ──磯山純、初のフル・アルバムをハイレゾ・リリース”. OTOTOY. 2018年12月24日閲覧。
  9. ^ 茨城・水戸の路上から歌を通じて全国へ──磯山純、初のフル・アルバムをハイレゾ・リリース”. OTOTOY. 2018年12月24日閲覧。
  10. ^ 磯山純 2014.3.16 県民文化センター大ホール ワンマンライブ動画”. 磯山純Official channel. 2018年12月24日閲覧。
  11. ^ about茨城 総合物産 音楽フェス”. 茨城総合物産音楽フェス2017. 2018年12月24日閲覧。
  12. ^ 9月16日は茨城総合物産音楽フェスティバル2017。茨城県水戸市千波湖へ行こう”. こころのブログ. 2018年12月24日閲覧。
  13. ^ みとの魅力宣伝部長”. 茨城県水戸市. 2018年12月24日閲覧。
  14. ^ マシコさんと磯山さん委嘱 茨城新聞親善大使、イベントで本紙PRへ”. 茨城新聞クロスアイ. 2018年12月24日閲覧。
  15. ^ IBS Radio Program”. 茨城放送. 2018年12月24日閲覧。