磯田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
磯田 三郎
生誕 1892年2月28日
日本の旗 日本 群馬県
死没 (1979-10-26) 1979年10月26日(87歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1913 - 1946
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

磯田 三郎(いそだ さぶろう、1892年明治25年)2月28日[1][注 1] - 1979年昭和54年)10月26日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

群馬県出身[1][2]。農業・磯田芳十郎の息子として生まれる[1]日本中学校卒を経て、1913年(大正2年)5月、陸軍士官学校(25期)卒業[1][2][3]。同年12月、砲兵少尉に任官し野砲兵第17連隊付となる[1][3]1916年(大正5年)11月、陸軍砲工学校高等科を卒業[1]1921年(大正10年)11月、陸軍大学校(33期)卒業し、野砲兵第17連隊中隊長に就任[1][2][4]

1922年(大正11年)12月、参謀本部付勤務となり、参謀本部員を経て、1925年(大正14年)5月、アメリカ大使館武官補佐官に発令[1]1927年(昭和2年)7月、参謀本部員に就任し、第6師団参謀に異動[1]1928年(昭和3年)8月、砲兵少佐に昇進[1]。参謀本部員を経て、1930年(昭和5年)6月、メキシコ公使館武官となる[1]1932年(昭和7年)4月、参謀本部付となり、同年8月、砲兵中佐に進級し陸軍兵器本廠付(陸軍省新聞班)に就任[1]1933年(昭和8年)12月、陸軍野戦砲兵学校教官に転じ、1936年(昭和11年)12月、砲兵大佐に昇進[1][4]

1937年(昭和12年)10月、第114師団参謀長に就任し日中戦争に出征[1][2][4]第二次上海事変南京攻略戦徐州会戦に参加[2]。その後、華北での治安作戦に従事し、1939年(昭和14年)7月に復員[要出典]。同年8月、陸軍少将に進級[1][4]。翌月、留守第14師団司令部付[注 2]、同年12月、アメリカ大使館付武官として渡米し日米交渉に加わる[1][2][4]。日米開戦の直前、1941年(昭和16年)12月、アメリカで客死した新庄健吉陸軍主計大佐の葬儀委員長を務めた[要出典]

1942年(昭和17年)8月、交換船で帰国し陸軍中将に進み参謀本部付となる[1][2][4]。同年11月、第22師団長に親補され広州に赴任[1][2][4]1944年(昭和19年)1月、南方軍遊撃隊司令官(1945年1月まで)、光機関長(1945年8月まで)に就任[1][2][4]1945年(昭和20年)1月、南方軍総司令部付となり終戦を迎え、1946年(昭和21年)10月に復員した[1][2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』76頁では、2月18日。
  2. ^ 『日本陸軍将官辞典』76頁、『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』331頁では、第114師団司令部附。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『日本陸海軍総合事典』第2版、19頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『日本陸軍将官辞典』76頁。
  3. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』328、331頁。
  4. ^ a b c d e f g h 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』331頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。