磯部の御神田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

磯部の御神田(いそべのおみた)は、三重県志摩市伊雑宮に伝わる民俗芸能の田楽。保護団体は、磯部の御神田奉仕会。1973年12月4日に記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財(選択無形民俗文化財)に選択[1]1990年3月29日重要無形民俗文化財に指定された。また東海農政局による「東海美の里百選」に選定されている[2]

伊雑宮御田植祭

毎年6月24日に行われる伊雑宮御田植祭で披露される。祭りそのものも御神田と呼ばれる。開催日の6月24日は、倭姫命の巡幸の際に7匹のサメが野川を遡上(そじょう)し、命に伊雑宮の鎮座地を示したという「七本鮫」伝承に基づく[3]。毎年この日には7匹のサメが伊雑宮に参詣するとされ、近隣の漁師は休漁する習慣がある[3]

歴史[編集]

起源は定かではないが、平安時代末期に現在の形が成立したという説が一般的である。

奉仕区[編集]

明治時代以前に「磯部七郷」、後に「磯部九郷」と呼ばれた以下の9地区(いずれも志摩市磯部町内)が、以下の並び順に7年に1度祭りを担当する。2011年(平成23年)は下之郷区が務めた[6]。おおむね旧磯部村の領域に一致するが、坂崎・飯浜は奉仕区に含まれない[7]

*は2地区合同で行う。

上之郷に残る『年中行事覚書』には、江戸時代の奉仕区について以下のように記している[8]

一、ハ下之郷村。一、ハ築地村、迫間村、穴川村。一、ハ恵利原村。一、は五知村・上之郷村、沓掛村・山田村。

すなわち、下之郷と恵利原は4年ごと、五知・上之郷と沓掛・山田は8年ごと、築地、迫間、穴川は12年ごとに担当が回ってくるようになっており、地区により担当回数に大きな差があった[8]

やくびと[編集]

御神田に奉仕する人を「やくびと」(役人)と言う。以前は衣装を自前で用意する必要があったため、地区の有力者から順に選ばれることが多かった。

以下に役とその役割を記す。

  • 太鼓(太鼓打ち) - 1人。女装した男児が田舟に乗って太鼓を演奏する。
  • (ささら、簓摺り) - 2人。簓という楽器を演奏する。「さいとりさし」の舞も担当する。
  • 早乙女 - 6人。御神田の花形。やくびとの中で女性が担当するのはこれだけである。
  • 大鼓(おど) - 太鼓とも表記する。1人。要所で掛け声の後、を打つ。
  • 小鼓(こど) - 1人。大鼓と交互に鼓を打つ。
  • 謡(うたい)- 6人。田植え歌と踊り込み歌を担当。
  • - 2人。田楽の曲を担当する。
  • 立人・田道人(たちど) - 6人。早乙女とともに田植えを行う。
  • 柄振(えぶり、柄振指し) - 2人。竹取り神事の後の田をならしたり、踊り込みの先導を務める。
  • 警護 - 1人。長い歴史の中で本来の名前は不明となり、役割から「警護」と呼ばれる。他のやくびとを見守り、祭りの円滑な進行を支える。

やくびとのほかにも、忌竹(いみだけ)を奪い合う男衆、伊雑宮の神職、神事の指導をする師匠、奉仕区の区長、やくびとの身辺の世話人、神田のある上之郷の住民などが祭りの運営に携わっている。

祭りの次第[編集]

  1. 拝礼 - やくびとが祭りの成功を祈願して参拝とお祓いをする。
  2. 苗取り - 田道人と早乙女が苗場を3周半回って苗を取る。
  3. 竹取神事 - 神田の中央に設置された、「太一」と書かれたうちわ(ゴンバウチワと称する)のついた忌竹(いみだけ)を男が奪い合う。この竹の一片を船に祀れば豊漁となると伝えられるため、男たちは荒々しい奪い合いを繰り広げる[9]
  4. 御田植神事 - 笛や太鼓の演奏の中、早乙女と田道人(たちど)が横一列になって苗を植えて行く。半分ほど植え終えたところで、やくびとに酒が振る舞われる[注 1]。この後、簓によって、「刺鳥差の舞」(さいとりさしのまい)が舞われる[6]。曲調は各地区共通であるが、詞が若干異なる。また、下之郷区のみ太鼓による「岩戸開きの舞」が披露される[6]
  5. 踊込み - 休憩を挟んだ後、「エイエイシャントセー」という踊り込み歌を歌いながら、神田から伊雑宮一の鳥居までの約200mを2時間かけて練り歩く。歌詞は地区ごとに異なる。一般にはこれにて祭りは終了と思われている。
  6. 千秋楽の仕舞 - 太鼓と簓によって舞われる、短い舞。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 未成年のやくびとは、飲む真似をするだけである。
出典
  1. ^ 三重県教育委員会事務局社会教育・文化財保護課"みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財/情報データベース/磯部の御神田 "(2013年12月18日閲覧。)
  2. ^ 東海農政局農村計画部農村振興課"[1]"(2011年12月1日閲覧。)
  3. ^ a b 海の博物館・石原(1996)16ページ
  4. ^ 伊勢志摩きらり千選実行グループ"伊勢志摩きらり千選/恵利原早餅搗"(2011年6月28日閲覧。)
  5. ^ さわもち”. 伊勢志摩きらり千選. 伊勢志摩きらり千選実行グループ. 2018年3月5日閲覧。
  6. ^ a b c 飯田(2011):16ページ
  7. ^ 櫻井(1991):286ページ
  8. ^ a b 伊藤 編(1976):22ページ
  9. ^ 海の博物館・石原(1996)17ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯34度22分50.02秒 東経136度48分31.72秒 / 北緯34.3805611度 東経136.8088111度 / 34.3805611; 136.8088111