磯部四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
磯部四郎
磯部四郎(1875年)

磯部 四郎(いそべ しろう、1851年6月25日嘉永4年5月26日) - 1923年大正12年)9月1日)は、日本の法学者大審院検事判事弁護士法典調査会委員。衆議院議員貴族院勅選議員

娘婿は政治家の磯部尚、孫は歌舞伎役者の二代目坂東市太郎。

経歴[編集]

  • 1851年(嘉永4年)
  • 1857年(安政4年)
    • 6歳で養家を相続し、上野秀太郎と称する。
  • 1868年(明治元年)
    • 脱藩の後、養家のあった磯部村からとって姓を「磯部」、林家の四男であることから名を「四郎」とし[2]、磯部四郎と改名する。越後(現在の新潟県)へ赴き、柏崎県知事・久我維麿の近習となる。
  • 1869年(明治2年)
    • 東京に上京。昌平学校に入るが、すぐに退校。亀谷省軒に漢学を学ぶ。
  • 1870年(明治3年)
  • 1871年(明治4年)
  • 1872年(明治5年)
  • 1875年(明治8年)
    • 8月、大木喬任に陪審制の調査などを命ぜられ、木下・熊野・井上らと司法省官費留学生として渡仏。パリ大学法学部に入学。
  • 1878年(明治11年)
    • 8月4日、井上と共に法学士号取得。光妙寺三郎(同年2月23日取得)に次ぐ、日本人として2番目の取得者であった。
    • 12月、帰国。
  • 1879年(明治12年)
  • 1880年(明治13年)
    • 1月、民法編纂委員となる。ボアソナードと共に旧民法起草に関与。
    • 2月、司法省権少書記官。3月、太政官権少書記官。11月、太政官少書記官。
  • 1881年(明治14年)
    • 11月、司法省少書記官兼参事院議官補。
  • 1884年(明治17年)
    • 5月、司法省大書記官。
  • 1886年(明治19年)
    • 3月、東京控訴裁判所検事。4月、民法草按編纂委員。7月、大審院検事。11月、旧民法第2編第3編に関する元老院会議内閣委員。
  • 1887年(明治20年)
  • 1890年(明治23年)
  • 1891年(明治24年)
    • 7月、大審院検事となる。
  • 1892年(明治25年)
    • 同僚検事と昼食の際、児島惟謙岸本辰雄らとの花札賭博を洩らしたことが、弄花事件発覚の端緒となる。
    • 5月7日、弄花事件により依願免本官。
    • 5月10日、代言人免許を受け、弄花事件懲戒裁判の7人の被告人大審院判事のうち、中定勝の弁護人に就任。
  • 1893年(明治26年)
    • 7月、法典調査会査定委員。
  • 1898年(明治31年)
    • 5月、東京組合弁護士会会長(以降5回当選)。
  • 1900年(明治33年)
    • 古賀廉造と刑法改正論議。老朽批判を受ける。
  • 1902年(明治35年)
  • 1907年(明治40年)
    • 法学博士。
  • 1910年(明治43年)
  • 1914年(大正3年)
    • 3月31日 - 貴族院議員に勅選される[3]
  • 1923年(大正12年)
    • 1月、電車に接触し、右踵を切断。
    • 5月、東京弁護士会会長となる。
    • 9月1日、関東大震災に被災し、避難先の本所被服廠跡にて焼死(享年73)。遺骸は発見されなかった。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

逸話[編集]

花札賭博が大好きで、大審院検事のとき、大審院長や同僚を誘い、柳橋で芸者をあげて遊興三昧のあげく、辞職に追い込まれた。それでも花札は終生止められず、明治天皇にまで教え、いたく興味をもたれたという[7]

1892年(明治25年)の弄花事件は、前年の大津事件の報復とも、大審院内部の判事対検事の抗争とも言われるが、磯部の免官は、この事件で訴追側の検察内部に疑惑の中心人物がいては不都合だったためとも考えられる[8]

主な著作[編集]

  • 『大日本帝国憲法註釈』阪上半七、1889年。
  • 『日本刑法講義筆記』(3冊合本)警官練習所、1889年。
  • 『刑事訴訟法講義』(上下2冊)八尾書店、1891年。
  • 『民法釈義』(「財産編 第1、2部」「人事編―附・法例釈義」「相続法」「証拠編」に分冊刊行 )長島書房、1893年。
  • 『刑法講義』(上下2冊)八尾書店、1893年。
  • 『商法釈義』(全16冊)長島書房、1893年。
  • 『改正刑法正解』六合館、1907年。

脚注[編集]

  1. ^ 磯部の生年月日については諸説ある。この生年月日は、桂正直『中越名士伝』p.3、奥平昌洪『日本弁護士史』p.773を踏襲した谷口(2003)p.98に依る。
  2. ^ 谷口(2003)p.112。
  3. ^ 『官報』第501号、大正3年4月2日。
  4. ^ 『官報』第301号「叙任及辞令」1884年7月1日。
  5. ^ 『官報』第2209号「叙任及辞令」1890年11月8日。
  6. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  7. ^ 木々康子「磯部四郎断章」(平井・村上編『磯部四郎研究―日本近代法学の巨擘』 2007年)。
  8. ^ 七戸(2011)。

参考文献[編集]

著作集[編集]

  • 村上一博(編)『日本近代法学の巨擘・磯部四郎論文選集』(信山社、2005年)

研究[編集]

  • 平井一雄・村上一博(編)『磯部四郎研究―日本近代法学の巨擘』(信山社、2007年)
  • 谷口貴都「磯部四郎とその法律学(1)~(4・未完)」高岡法科大学紀要14号(2003年)、15号(2004年)、16号(2005年)、19号(2008年)
  • 七戸克彦「査定委員(27)磯部四郎」(「現行民法典を創った人びと(21)」法学セミナー56(1)、日本評論社、2011年)p.55

小説[編集]

  • 木々康子『蒼龍の系譜』(筑摩書房、1976年)
  • 木々康子『陽が昇るとき』(筑摩書房、1984年)
  • 木々康子『林忠正とその時代』(筑摩書房、1987年)