磯部正春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
磯部正春

磯部 正春(いそべ まさはる、元治元年3月8日[1]1864年4月13日) - 昭和3年(1928年10月12日[1])は、日本の農商務官僚錦鶏間祗候。旧名は百輔[2]

経歴[編集]

山口県出身[2]1890年明治23年)、東京帝国大学法科大学を卒業[2]。農商務試補、法制局試補、鉄道庁事務官、農商務省特許局審判官、農商務省参事官、同書記官、特許局長、農商務省鉱山局長を歴任した[1]1917年大正6年)3月に退官し、同年6月21日に錦鶏間祗候となった[1][3]

その後、産業組合中央金庫監事を務めた。

栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 故従三位勲三等磯辺正春勲章加授ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10113044300 
  2. ^ a b c 人事興信録 1915.
  3. ^ 『官報』第1766号、大正7年6月22日。
  4. ^ 『官報』第6548号「叙任及辞令」1905年5月2日。

参考文献[編集]