磯野勇三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

磯野 勇三(いその ゆうぞう、1903年 - 1986年11月19日[1])は、日本の外交官

人物[編集]

東京都出身。1928年東京帝国大学法学部卒業。外務省入省後、1938年上海領事等をへて太平洋戦争開戦時はラングーン総領事。戦時中、第3部対外報道課長兼同調査課長等を歴任。敗戦時には文書課長。戦後、管理局在外邦人部長兼同経済部長、終戦連絡中央事務局管理部長兼管理局経済部長をへて、1948年特殊財産局長等となる。

一旦退官後、1955年にサンパウロ総領事、57年ポルトガル公使、59年同大使、61年レバノン大使兼ヨルダン公使等に就任し、64年退官。やさか通商株式会社社長となる。

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表日本人編 II』p.496。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『日本外交史辞典』山川出版社、1992年