磯野貴理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
いその きりこ
磯野 貴理子
本名 磯野 貴理子
生年月日 1964年2月1日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 三重県
血液型 A型
職業 タレント女優
ジャンル テレビドラマ・舞台
活動期間 1987年 - 現在
備考
身長155cm
表示

磯野 貴理子(いその きりこ、1964年2月1日 - )は、日本お笑いタレントタレント女優である。石井光三オフィス所属。

目次

来歴

三重県度会郡南勢町(現在の南伊勢町)生まれ。三重県立南勢高等学校卒業。

高校卒業後、銀行員を経て劇団七曜日に入団。1987年昭和62年)9月、三人組のお笑いグループ「チャイルズ」としてデビュー。

1980年代後半、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のいいとも青年隊メンバー(最初の女性メンバーの一人)として活躍。『笑っていいとも!』出演当時、年齢詐称していた(24歳→19歳)。放送中、観客の中に磯野の妹がいることが判明し、彼女の年齢を尋ねたところ磯野の公称年齢より年上(20歳)であったためタモリから「何で年上の妹がいるんだよ?」と突っ込まれたことで発覚した。なお、妹の他に2人の姉がいる。

2003年(平成15年)12月、当時の担当マネージャーであった7歳年下の正司宏行(「かしまし娘」の正司照枝の長男)と10年間の交際を経て結婚した。

2007年(平成19年)1月1日芸名を「磯野 貴理」(いその きり)へと改名した。「チャイルズ」時代に「きりこ」だった芸名を「磯野 貴理子」にして以来、二度目の改名である。同年1月5日日本テレビ系列の『未来創造堂』に出演し、「キリコよりキリのほうが語呂がよいと思ったから。それ以上に深い理由はない」と改名理由を語った。

2009年(平成21年)12月6日に正司との離婚が報道され、同日放送分の『行列のできる法律相談所』(放送当日に「撮って出し」で収録)において、磯野本人から正司とは同年11月に離婚していたことと、原因は正司の浮気であるなどの詳細が語られた[1]

2011年7月1日、芸名を「磯野 貴理子」(いその きりこ)に戻す[2]

女優業

チャイルズとしてデビューし、チャイルズ解散後も、1988年昭和63年)から1997年平成9年)後半まで連続ドラマから2時間ドラマに数多く出演していた。

2004年(平成16年)にテレビ朝日系2時間ドラマ「おばあさんの反乱」で初主演を果たした。

森の磯松

森の磯松は磯野貴理子、森尾由美松居直美で結成されているユニット。現在は活動停止中。『おそく起きた朝は…』(現はやく起きた朝は…)のレギュラー3人で結成されている。ユニット名は3人の名前の頭文字(森尾の「森」、磯野の「磯」、松居の「松」)から取っている。

エピソード

特技は、書道7段、珠算1級、卓球[要出典]

キリコる

行列のできる法律相談所』において、島田紳助に「キリコる」という造語を作られた。

  1. 人と人との会話に割って入る
  2. トークのネタが嘘(作り話)っぽい
  3. 場の空気を変えるなどの行為を指す。
  4. 前へ前へ出ようとすること
  5. 視聴率下げタレントNo1

「今、キリコってない?」の様に用いられる。何故か芸能人の間でこの言葉は話題になっているらしく、酒の席などでハメを外しすぎると使われる事がある。日本テレビから飛び火し、他局でも大物女優や俳優がバラエティ番組で「今、キリコっちゃった!」と発言したりしているらしい(「行列のできる法律相談所」の紳助の発言より)。磯野自身、女優・俳優に「キリコってる、貴理子さん!」と言われるのが嬉しいと発言している。TBS『新すぃ日本語』において、これとは別の「貴理子む」という言葉が生まれた。意味は「何でも自分の話にすり替える」こと。改名後、2007年5月27日放送の「行列のできる法律相談所」の生放送で、これまでと同様に紳助に使用されていた(そもそも、「キリる」よりも「キリコる」の方が語呂良く聞こえると言える)。

絵画落札

2008年(平成20年)11月23日に放送された『行列のできる法律相談所』では番組でオークションを行い、著名人が描いた絵画オークション(競売)に出し、落札金額をカンボジア学校建設に役立てようという企画がなされた。この中で磯野は、一青窈が描いた絵画を290万円で落札した。これまで絵画を競り落とした人物は全国から集まった一般人のみだったため、芸能人、しかも番組関係者が競り落とすのは極めて異例であった(司会者の島田紳助は、番組関係者が競り落としても問題はないという趣旨の発言をしている)。


入院

2000年(平成12年)の11月、磯野が虫垂炎で入院したために、おそく起きた朝は…の収録を2回ほど休んでいた。それを知らせるために松居直美が「今日はですね磯野貴理子さん…え…36歳が盲腸で入院したため、貴理子さんはお休みです。由美ちゃんと2人、静かなトークをさせていただきます。」と笑いを交えながら発言した。その後、森尾由美が「貴理子さんに電話します」と入院中の磯野に電話したところ、いつものテンションで「私盲腸!盲腸!盲腸になったのよ」と喜んだ様子での電話が5分続いたために、松居が「番組進行させていただきます」と、電話を切った。松居と森尾は「あの元気さ…本当に盲腸?」と、口を合わせて言った。次の週に、磯野は入院生活をずっと喋り続けていた。

シングル

  • 「Happy Line」
  • 「おそく起きた朝は…」

出演舞台

  • 「太閤記」(1993年)寧々役
  • 「すったもんだ離婚」(1993年)口うるさいお隣の教育ママ
  • 「母と父への手紙」(1994年)長女・珠子役
  • 「女系家族」(1995年)矢島藤代役
  • 「零れる果実」(1996年)

出演

テレビバラエティ・レギュラー(現在)

レギュラー

準レギュラー

出演する機会の多いゲスト

テレビバラエティ・レギュラー(過去)

テレビドラマ

ラジオ

レギュラー

ゲスト出演

テレビゲーム

CM

脚注

[ヘルプ]

今日は何の日(6月16日

もっと見る

「磯野貴理」のQ&A