社会変動予測能力試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

社会変動予測能力試験(しゃかいへんどうよそくのうりょくしけん)とは、一般財団法人社会変動予測研究機構が主催する検定試験。正式名称は「社会変動予測能力試験Pecfis認定」。通称はペクフィス認定。

概要[編集]

社会変動予測能力試験は、試験をとおして社会動向を予測する力(先見性)を判定し合格者に認定資格を与えるもので、将来の見通しについて高い見識を有する人物の発掘や育成を目的として実施されている。

試験は、社会動向を捉えるもの(GDPCPI、雇用、政策金利為替相場など)の推移を予測する内容と、今後の社会的な変化を投稿する形式となっている[1]。評価は一年を通して行われ、予測内容と実際の値との整合性により採点される[2]

認定級[編集]

合計400点(満点)中、7割の得点で二級、8割以上に達した場合は一級の認定となる[3]

等級 得点
一級認定  320点以上 
二級認定 280~319点

出題範囲[編集]

基本問題
社会動向を捉える幾つかの指標、相場などに関する今後の変化を推測して問題用紙に記入。出題内容は、公正を保つため基本的に変わることはない。
投稿文
自身が注目する事柄が一年後どのように進展しているかについて、社会への影響を踏まえた投稿文を作成。

実施要項[編集]

詳細は公式ウェブサイト参照

出題・回答形式
問題用紙への解答及び文章の記述。
試験時間
無制限。(公式ウェブサイトから問題用紙を印刷し、解答を加えて事務局へ郵送)
合格基準
試験の得点によって判定。7割の得点で二級、8割以上に達すると一級の認定となる。
受験資格
学歴、年齢、性別、国籍、制限なし。
合格率
非公開。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “試験について”Pecfis認定公式サイト(2017年10月9日閲覧)
  2. ^ 試験形式と構成 ‐ ペクフィス認定ウェブサイト
  3. ^ 認定証明カード ペクフィス認定ウェブサイト

一般財団法人社会変動予測研究機構 公式ウェブサイト