社会改革党 (アンゴラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンゴラの旗 アンゴラ政党
社会改革党
Partido de Renovação Social
成立年月日 1991年
国民議会
8 / 220   (4%)
(2008年)
政治的思想・立場 中道左派
連邦主義
シンボル [1]
テンプレートを表示

社会改革党(しゃかいかいかくとう、ポルトガル語: Partido de Renovação SocialPRS英語: Social Renewal Party)は、アンゴラ政党1991年結成。キオコ族(チョクウェ語を話す少数民族)が主体である。結党直後の1992年総選挙で6議席を獲得した。

しかし、1999年には党内抗争の結果、4人の議員が離党に追い込まれた。

2008年人民議会総選挙で、得票率3.17パーセント、8議席に党勢を回復させた。[1] ルンダ・スル州ルンダ・ノルテ州では、アンゴラ民族解放戦線に次ぐ得票を得た。[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ National Electoral Commission website (ポルトガル語).
  2. ^ Results for Lunda Sul, CNE website (ポルトガル語).
  3. ^ Results for Lunda Norte, CNE website (ポルトガル語).