社会法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

社会法(しゃかいほう)は、私的所有権の絶対性や契約自由の原則などを基本理念とする近代市民法と対比する法体系であり、市民法がもたらす社会的な問題を修正・解決する意味合いを持つ。通常は、労働法社会保障法を指す。


労働法[編集]

日本法上、主たる法律として以下のようなものがある。

社会保障法[編集]

日本法上、主たる法律として以下のようなものがある。

関連項目[編集]