社会環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

社会環境(しゃかいかんきょう)とは、社会学用語の一つ。これは人間が行っている生産消費などの生活に、直接的あるいは間接的に影響を与えるような社会的な諸条件の総体のことである。組織制度階級構造慣習などが社会環境に当てはまる。これに対する事柄は自然環境である[1]。社会環境というのは宗教言語文化などといった、特定の人種によって作り出されている独特の事柄である。このため世界各国において発生している宗教問題や民族問題というのは、それぞれの社会環境が異なっているためであるということが大きな原因である[2]

脚注[編集]