社会的成熟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

社会的成熟(しゃかいてきせいじゅく)とは、社会人として仕事責任を持ち、家族生活安全に責任を持てる状態になる事を指す。

概要[編集]

動物の場合、肉体的成熟が、即人間で言う成人に当たる。しかし、複雑な社会構造を有する人間にあっては、肉体的成熟を即成人とは見做せない。

現代の日本にあっては、平均的には12-3歳(小学校卒業時前後)で肉体的成熟があり、17-18歳(労働力と認識される頃)に精神的成熟があり、24-25歳(同世代の大多数が、社会人となる頃)に、社会的成熟が在るとされる。ただし、これはあくまで平均であって、個人差が大きい(中には、生涯社会的に成熟しない人もいる)事に注意すべきである。