社員選手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

社員選手(しゃいんせんしゅ)とは、各種スポーツにおいて、会社との雇用契約を結びながら選手としてプレーする選手である。日本においては、学校を卒業した多くのアマチュアスポーツ選手が社員選手である。プロ契約ならびに移籍をスムーズに行うえるようにするために契約社員出向選手として契約することもある。

Jリーグにおける社員選手[編集]

Jリーグでは、プロ選手が各クラブにおいて、法人(クラブ)と雇用契約のみを締結している選手のことを示すのに対し、社員選手を「法人と雇用契約のみを締結した選手」と定義している。一般的には出資企業(いわゆる親会社)から出向している所属選手のことを指す。

登録区分はプロであるが、統一契約選手(プロ契約選手)とは異なり、クラブから報酬を受け取ることはできない。ただし、出場給は支払われる。また、アマチュア契約選手と異なり、移籍の際には移籍金(30万円×在籍年数を上限として)が発生する。

社員選手の登録人数および契約年数に制限はない。実業団チームがJクラブに移行した直後はこの社員選手の比率が多いが、プロ契約移行や人員整理により徐々に比率は下がり、数年後にはオールプロ契約選手になることが多い。まれにJ1のクラブに社員選手が所属しているケースもある。

プロ契約に関する規定[編集]

社員選手が初めてプロ契約を行う場合は、すべてプロC契約となる。契約期間は最長3年まで、基本給も上限480万円/年に制限される。規定試合出場またはC契約が3年を経過するとプロA契約に移行する。

社員選手一覧[編集]

最後まで社員選手として登録されていた浅利悟と斉藤雅人の2人が2009年シーズン限りで共に現役を引退したため、2010年のJリーグでは社員選手の該当者がいなくなった。しかし、2011年からはサガン鳥栖の選手数人が社員選手(受け入れ先はベストアメニティ)になる予定であり、Jリーグにおける社員選手が復活すると報道されていたが、明確な報道はなく、2015年現在、Jリーグに社員選手は存在しないとされる。

Jリーグで社員選手として所属した主な選手

(出向先クラブ/派遣元企業)

これらの選手の中で、浅利、斉藤などは引退まで単一のチーム(注:経営母体変更によりチーム名称が変化しても同一チームと見なす)でプレーを続けたが、反町・小島・久野・中山などは途中で所属チームとの契約をプロ契約に変更した(久野以外はその後にプロ選手として他クラブへ移籍)。また、伊藤は川崎フロンターレを社員選手のまま戦力外通告を受けて退団した後、富士通も退社して、大宮アルディージャとプロ契約を結んだ。

備考

Jリーグ・JFL所属のトップチームではないが、Jリーグ ディビジョン2ザスパ草津(2013年「ザスパクサツ群馬」に改める)が前身の「リエゾン草津」の時代に経営難になったことを受けて多くの選手が草津温泉の宿泊施設・ホテルなどへの就職斡旋を受けながら試合に出場していたことの名残で、2005年から加盟したJサテライトリーグと、Jサテライトが2009年廃止になった事を受けて2010年から参戦している群馬県社会人サッカーリーグ2015年1部)に参加しているザスパチャレンジャーチーム→ザスパU-23→ザスパ草津チャレンジャーズの選手は、一部年度のごく数名を除き、基本的に草津温泉の宿泊施設・ホテルなどで就職斡旋を受けながら試合に出場しており、広義の「社員選手」と同じである。

上記選手らのような例とは異なり、ザスパは母体企業を持たない「市民クラブ」であるため、地元の企業・宿泊施設・ホテルがこの趣旨に協賛。また選手たちは「1選手・1企業(施設)」という取り決めがないため、ある選手は複数の企業や施設を掛け持ちしながら試合や練習に参加している。

また東北サッカーリーグいわきFCも、スポンサーの株式会社ドーム契約社員として雇用を結び、多くは同社のいわき市内にある物流倉庫に勤務している。

日本男子バスケットボール[編集]

日本バスケットボールリーグ(JBL)では、選手を種別に応じて「登録I種」と「登録II種」に分類されていた。社員選手は後者を指し、前者は業務委託契約(プロ)、嘱託・契約社員などをまとめて表現していた。II種はチーム運営会社に正社員として在籍し、競技活動による報酬は発生しない。新生JBL発足時には東芝のみ全日本人選手をII種登録したが、他チームは全員または大半がI種登録となった。しかし、その後は世界金融危機の影響でアイシンのように再びII種を増加させたチームも存在した。

2016年発足のB.LEAGUEでは登録形態をプロとアマチュアに二分し、1部は社員選手に当たるアマチュア登録を2名まで、2部はプロ登録5名以上と規定されている。

関連項目[編集]