祐福寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
祐福寺
Yuhukuji4.jpg
祐福寺本堂
所在地 愛知県愛知郡東郷町大字春木字屋敷3417番地
位置 北緯35度5分2.1秒
東経137度2分42秒
座標: 北緯35度5分2.1秒 東経137度2分42秒
山号 玉松山
宗旨 浄土宗
宗派 西山禅林寺派
本尊 阿弥陀三尊
創建年 1191年建久2年)
中興 達智賢了
札所等 城東西国三十三箇所
文化財 勅使門
地図
祐福寺の位置(日本内)
祐福寺
祐福寺の位置(愛知県内)
祐福寺
法人番号 9180005007312
テンプレートを表示

祐福寺(ゆうふくじ)は、愛知県愛知郡東郷町にある浄土宗西山禅林寺派の寺院。山号は玉松山。院号は般若院。本尊は阿弥陀三尊像。

歴史[編集]

この寺は、1191年建久2年)下野国の武将宇都宮頼綱によって創建され、明知(みょうち)城主の小野田長安と傍示本城主の加藤時利が、美濃国より達智上人を招き、1389年嘉慶3年)にかけて再興されたと伝えられ、室町時代には後小松天皇後柏原天皇らが勅使を派遣し、勅願道場となったほか、足利義教が東上の際、当寺に宿泊し、寺領700石を賜う。その後、織田信長織田信忠徳川家康徳川義直より寺領安堵の墨印を賜う[1]桶狭間の戦いの際には、合戦前日に今川義元が宿泊したと伝えられている。なお、現在の山門は明治25年に建立された。

境内[編集]

ギャラリー[編集]

年中行事[編集]

霊場[編集]

  • 城東西国三十三観音

文化財[編集]

愛知県指定文化財
  • 絹本著色円光大師画像
  • 絹本著色遣迎二尊画像
  • 勅使
東郷町指定文化財
  • 木造秋葉大権現像
  • 祐福寺縁起
  • 絹本著色宝冠弥陀三尊図
  • 絹本著色一尊弥陀来迎図
  • 絹本濃彩金泥金箔阿弥陀三尊来迎図
  • 三尊弥陀来迎図
  • 紙本著色帝鑑図 六曲一隻 海北松雪(狩野宗信父)筆
  • 雲版
  • 勅使門の脇門及び筋塀
  • 土塀

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現地案内板より

所在地[編集]

アクセス[編集]

鉄道[編集]

以下の名古屋鉄道の駅から名鉄バスに乗り換え、「祐福寺」バス停下車。

バス[編集]

参考文献[編集]