祐穂さとる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

祐穂 さとる(ゆうほ さとる、7月26日 - )は、宝塚歌劇団卒業生(男役)。

埼玉県浦和市(現さいたま市)出身、東京家政大学附属高等学校出身。愛称ちほさとるポット83期生。身長168cm。2008年退団。

略歴[編集]

  • 子供のころからバレエを習っていた。友人に勧められて宝塚歌劇と出会い、プログラムに掲載されていた宝塚受験支援スタジオを利用し始める。
  • 1995年宝塚音楽学校入学。掃除分担はバレエ教室・責任者・左床。
  • 1997年宝塚歌劇団入団。入団時の成績は16番。星組に配属。
  • 2008年10月5日、星組東京公演「THE SCARLET PIMPERNEL」千秋楽日付けで退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

音楽学校~組配属以前[編集]

星組時代[編集]

1998年
  • 1998年3月4日~30日、帝国劇場公演「ダル・レークの恋
  • 1998年3月10日、新人公演「ダル・レークの恋
  • 1998年4月29日~5月16日、全国ツアー「ダル・レークの恋
  • 1998年6月26日~8月3日、宝塚大劇場「皇帝/ヘミングウェイ・レビュー
  • 1998年7月14日、新人劇場「皇帝」兵士2(本役:莉理せいら)
  • 1998年8月27日~9月6日、バウホール「イコンの誘惑」
  • 1998年9月10日~20日、東京特別公演(日本青年館)「イコンの誘惑」
  • 1998年10月10日~10月23日、TAKARAZUKA1000days劇場「皇帝/ヘミングウェイ・レビュー」
  • 1998年10月27日、東京新人劇場「皇帝」兵士2(本役:莉理せいら)
  • 1998年12月12日~30日、シアタードラマシティ「聖夜物語
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
  • 2004年2月20日~3月28日、宝塚大劇場「1914・愛/タカラヅカ絢爛」アマール刑事
  • 2004年5月7日~6月6日、東京宝塚劇場「1914・愛/タカラヅカ絢爛」アマール刑事
  • 2004年7月22日~8月2日、バウホール花のいそぎ」長岑高名(文章院の学生)
  • 2004年8月7日~12日、東京特別公演(日本青年館)花のいそぎ」長岑高名(文章院の学生)
  • 2004年10月1日~11月8日、宝塚大劇場「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」
  • 2004年11月26日~12月26日、東京宝塚劇場「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」
2005年
  • 2005年2月2日~24日、中日劇場「王家に捧ぐ歌-オペラ「アイーダ」より-」伝令3(本役:嶺恵斗)
  • 2005年5月13日~6月20日、宝塚大劇場「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!」/ギャング
  • 2005年7月8日~8月14日、東京宝塚劇場「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!」/ギャング
  • 2005年9月24日~10月21日、全国ツアー「ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!」ヨルゲン陸軍大臣(スウェーデン貴族)
  • 2005年11月11日~13日、韓国公演「ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!」ヨルゲン陸軍大臣(スウェーデン貴族)
2006年
2007年
  • 2007年1月4日~11日、東京特別公演(日本青年館)「ヘイズ・コード」エドワード・ウッドロウ
  • 2007年3月23日~4月30日、宝塚大劇場「さくら/シークレット・ハンター」船長
  • 2007年5月18日~7月1日、東京宝塚劇場「さくら/シークレット・ハンター」船長
  • 2007年8月1日~23日、博多座「シークレット・ハンター/ネオ・ダンディズム!II」ニコラス
  • 2007年11月2日~12月15日、宝塚大劇場「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス」フィリップ二世(スペイン国王)/ラ・ノーチェ(男)
2008年
  • 2008年1月2日~2月11日、東京宝塚劇場「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス」フィリップ二世(スペイン国王)/ラ・ノーチェ(男)
  • 2008年6月20日~8月4日、宝塚大劇場「THE SCARLET PIMPERNEL」メルシェ(ショーヴラン(柚希礼音)の部下)
  • 2008年8月22日~10月5日、東京宝塚劇場「THE SCARLET PIMPERNEL」メルシェ(ショーヴラン(柚希礼音)の部下)
  • 2008年10月5日、星組東京宝塚劇場公演「THE SCARLET PIMPERNEL」千秋楽日付けで退団

書籍[編集]

  • 2007年5月号、「歌劇」公開!私の夢化粧
  • 2008年6月号、「歌劇」私のやすらぎの時

テレビ[編集]