祖国党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

祖国党(そこくとう、トルコ語Anavatan Partisi、略称:ANAP)は、トルコ共和国中道右派政党日本語では母国党とも訳される。

沿革[編集]

祖国党は、1983年の民政移管の際に、トゥルグト・オザルによって設立された。 祖国党には、1980年9月12日クーデターで禁止された主要4政党(公正党共和人民党国民救済党民族主義者行動党)から参加者が集まり、広範な層の国民を支持基盤とした。

祖国党は、1983年1987年の総選挙で単独過半数の議席を獲得し、オザル政権を樹立。オザル政権では、トルコ経済自由化を推進したほか、国是である政教分離原則を緩和し、トルコにおけるイスラームの復興現象にも影響を与えた。

1991年の総選挙で敗北し下野。1993年のオザル死去に伴い、党首メスト・ユルマズのもとで、世俗主義色を強めた。1995年の総選挙では、イスラーム系政党である福祉党政権参加を妨げるために、正道党と連立を組み、ユルマズ政権を樹立したが、両党間のスキャンダル合戦が激化し、同政権は短命に終わった。後を受けて成立した福祉党のエルバカン政権が、軍部の圧力により退陣すると、1997年に再びユルマズが組閣を行った。1999年の総選挙後は、民主左派党エジェヴィト政権に与党として参加したが、2002年の総選挙で公正発展党の躍進のため惨敗、議席を失って院外政党に転落した。

2007年の総選挙に際して、正道党党首メフメト・アールと祖国党党首エルカン・ムムジュは、中道右派の両党が合流し、民主党(Demokrat Parti)を旗揚げすると発表した。しかし、結局両党は候補者リストの作成について合意する事が出来ず、合意は完全に破綻した。結果、正道党は一人の当選者を獲得する事も出来ず、祖国党はそもそも選挙に参加する事すら叶わなかった。

2009年10月31日の党総会において、民主党(Demokrat Parti)と合併統合することを決め、党の歴史に終止符を打った。

総選挙での得票率、獲得議席数[編集]

祖国党が参加した総選挙での得票率、獲得議席数は以下の通り[1]

党首 得票数 得票率 獲得議席
1983年 トゥルグト・オザル 7,833,148 45.1% 211
1987年 トゥルグト・オザル 8,704,335 36.3% 292
1991年 メスト・ユルマズ 5,862,623 24.0% 115
1995年 メスト・ユルマズ 5,527,288 19.6% 132
1999年 メスト・ユルマズ 4,122,929 13.2% 86
2002年 メスト・ユルマズ 1,618,465 5.1% 0

歴代党首[編集]

(党首が正式に選出されるまでの間は、党幹部会による集団指導体制となる。)

脚注[編集]

  1. ^ Milletvekili Genel Seçimi sonuçları (トルコ政府統計局 国政選挙結果)

参考文献[編集]

  • 澤江史子 『現代トルコの民主政治とイスラーム』 ナカニシヤ出版 2005年 (ISBN 4-88848-987-4)