神ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じん ひろし
神 ひろし
プロフィール
本名 神 浩司
出身地 日本の旗 日本 青森県青森市
生年月日 (1962-09-04) 1962年9月4日(57歳)
血液型 B型
最終学歴 茨城大学卒業
勤務局 中京テレビ放送
部署 編成局アナウンス部
職歴 報道部記者(2007年 - 2017年)
アナウンサー (1986年 - 2007年、2017年 - 現在)
活動期間 1986年 -
ジャンル スポーツ番組報道番組
配偶者 有り
公式サイト 神ひろしの何でもありまっせ
出演番組・活動
出演中 ニュース
スポーツ中継
キャッチ!
出演経歴Viva!サッカー
教児のおめざめワイド
お助けマンマミーア!
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

神 ひろし(じん ひろし、1962年9月4日 - )は、中京テレビ放送アナウンサー。本名:神 浩司(読み同じ)。青森県青森市出身。青森県立青森高等学校茨城大学卒業。血液型B型

来歴[編集]

大学卒業後、1986年に中京テレビにアナウンサーとして入社。入社以来、数多くの自社製作番組でスポーツ実況やキャスターなどを担当していたが、2007年6月18日付で報道局報道部へ異動した。後にアナウンス部の部長に就任した佐藤啓とは同い年だが、佐藤は他業種からの転職であるためアナウンサーとしてのキャリアは神の方が長かった。その後2017年まで報道部に異動していたので、現在は佐藤のキャリアが長くなっている。

報道部への異動後には記者となり、司法関係を主に担当していた[1]。記者時代には、本名の「神浩司」名義で番組出演することがあったが、アナウンサー復帰後は再び「神ひろし」名義になっている。

それから10年後の2017年7月、同年6月の異動でアナウンス部に復帰した。異動は6月に行われたが、諸事情からアナウンス業務への完全移行はその1か月後となった[2][3]

人物[編集]

2003年まで中京テレビ公式サイトに掲載されていたプロフィールによると、本人が小学6年生の頃にあった深夜放送のブームがアナウンサーを志すきっかけになったとのことである。そのため、中京テレビに入社した後もラジオ局のアナウンサーには羨ましさを感じていたという[4]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安部まみこ (2010年2月12日). “最初の師匠、神記者と共演”. コダワリたいっ!:中京テレビ アナウンスルーム. 中京テレビ. 2012年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月31日閲覧。
  2. ^ 藤井利彦 (2017年6月20日). “「『この人』改め『この方』…」”. 中京テレビ. 2017年8月30日閲覧。
  3. ^ "神"様降臨!【アナかると! 20170803】. 中京テレビ.. (2017年8月2日). https://www.youtube.com/watch?v=mDjy3QNClOk 2017年8月30日閲覧。 
  4. ^ a b 神 ひろし”. アナウンスルーム. 中京テレビ. 2003年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月13日閲覧。
  5. ^ 神アナの21年間を振り返る!! 4/4”. アナウンスルーム. 中京テレビ (2007年7月2日). 2011年9月20日閲覧。