神丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神丘駅
かみおか
Kamioka
今金 (3.3km)
(3.5km) 丹羽
所在地 北海道瀬棚郡今金町字神丘
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 瀬棚線
キロ程 33.9km(国縫起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)4月1日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月16日
備考 瀬棚線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1976年の神丘駅と周囲約500m範囲。左が瀬棚方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

神丘駅(かみおかえき)は、北海道瀬棚郡今金町字神丘にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)瀬棚線廃駅)である。瀬棚線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月16日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

所在地名より[1]

1892年(明治25年)よりキリスト教徒が入植・開拓した集落が近隣にあり、当初は地名も「インマヌエル」と称したが、1933年(昭和8年)に現在の「神丘」に改名を余儀なくされたとされる[3]。現在の地名は「神のいる丘」の意から名づけられた[1][4]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった[5]。ホームは、線路の南側(瀬棚方面に向かって左手側)に存在した。瀬棚方がスロープになっており、道路に連絡した[5]

開業時からの無人駅であった。駅舎は存在せず、地元住人が建築した小さな待合室を有していた[5]。ホームは荒い砂敷きであった[5]

利用状況[編集]

  • 1981年度の1日乗降客数は8人[5]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

2010年(平成22年)時点でホーム跡が土盛りとして残り、ホームに植えられていた樹木も残っていた。また瀬棚寄りには25キロの速度制限表も残存していた[6]。2011年(平成23年)時点でも同様であった[7]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
瀬棚線
今金駅 - 神丘駅 - 丹羽駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『北海道 駅名の起源』 日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、25頁。
  2. ^ a b 『道南鉄道100年史 遥』 北海道旅客鉄道函館支社 2003年2月発行。
  3. ^ 今金インマヌエル教会 - 日本聖公会 北海道教区
  4. ^ アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)65ページより。
  6. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)164ページより。
  7. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)77ページより。

関連項目[編集]