神仙寺瑛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

神仙寺 瑛(しんせんじ あきら、2月7日 - )は、日本漫画家大阪府出身。女性。

まんがライフ』(竹書房)にて「動物のおしゃべり♥」を連載中。

経歴[編集]

ゲーム会社勤務後、専業主婦を続ける中で一念発起し、漫画家を志して幅広いジャンルの雑誌に投稿を続ける。

2004年、『まんがライフ』に投稿した4コマ漫画「鳥獣戯漫画」(後のデビュー作「動物のおしゃべり♥」の原型)が5月の準月間賞として第11回竹書房漫画新人賞にノミネートされる。ノミネート中に、同年の『まんがライフ』10月号にて、準月間賞を描き直した、カラーページを含む読み切り作「動物(みんな)のおしゃべり♥」でデビューする。このデビュー作で、古川紀子(「おたやん。」)と共に佳作を受賞する。

佳作受賞発表の翌月(『まんがライフ』7月号)より『動物のおしゃべり♥』の連載を開始、2006年には同誌の表紙と巻頭カラーを担当し看板作家となる。同年には、『まんがくらぶ』(竹書房)において2本目の連載『天使の事情』が始まり、初のコミックスも発売した。

2009年5月以降、「動物のおしゃべり♥」「天使の事情」両作の休載が行われていた。作者および竹書房からの説明はなく、理由は不明。(その時期に夫の転勤で居住地が神戸市から名古屋市に移る)「動物のおしゃべり♥」については『まんがライフ』掲載分、『まんがライフオリジナル』掲載分とも同年10月号より連載が再開された。また「天使の事情」についても、『まんがくらぶ』10月号から連載が再開され、2014年6月号にて円満終了した。

「動物のおしゃべり♥」については、2013年より刊行されている『まんがライフ』季刊→隔月刊増刊号『まんがライフSTORIA』にも掲載されていた。後に『まんがライフオリジナル』の掲載分も終了している。

作品リスト[編集]