神代和欣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神代 和欣(こうしろ かずよし、1932年 - 2018年11月29日)は、日本の経済学者横浜国立大学名誉教授。専攻は、労働経済学労使関係。本名は、和俊(かずとし)。東京都出身。正四位[1]

経歴[編集]

  • 1932年、東京に生まれる。
  • 1955年、横浜国立大学経済学部卒業。長洲一二ゼミ出身[2]
  • 1957年、東京大学大学院社会科学研究科経済学修士課程修了。
  • 1960年、東京大学大学院社会科学研究科経済学博士課程単位取得退学。
  • 1965年、経済学博士(東京大学)。
  • 2011年、平成23年春の叙勲で瑞宝中綬章を受章。功労概要は教育研究功労。[3]

職歴[編集]

日本労働協会研究会、横浜国立大学経済学部助教授、イリノイ大学労使関係研究所フル ブライト客員研究員、横浜国立大学経済学部教授、公労委公益委員;国営企業労働委員 会公益委員;中央労働委員会公益委員、中央最低賃金審議会公益委員(会長)、東京都 労働審議会会長、横浜国立大学経済学部長、同大学院国際開発研究科長、横浜国立大学名誉教授、放送大学教授、社会保障審議会(年金部会)委員を歴任。

主な著書[編集]

  • 『アメリカ産業民主制の研究』東京大学出版会, 1966年
  • 『日本の賃金決定機構』日本評論社, 1973年
  • 『転換期の賃金交渉』東洋経済新報社, 1978年
  • 『日本の労使関係』有斐閣,1983年
  • 『戦後50年産業・雇用・労働史』日本労働研究機構, 1995年
  • 『日本的雇用慣行の今後』東京都労働経済局, 1996年
  • 『労働経済論』八千代出版, 1997年
  • 『A Fifty Year History of Industry and Labor in Postwar Japan』Japan Institute of Labor, 2000
  • 『経営システムⅡ――ヒューマン・リソース・マナジメント』放送大学教育振興会, 2002年
  • 『産業と労使』放送大学教育振興会, 2003年

出典[編集]

  • 『産業と労使』放送大学教育振興会, 2003年の奥書にある「著者紹介」
  • 「神代和俊教授 経歴」横浜国立大学経済学部『エコノミア』1998年5月, p. 44。
  • 「神代和俊教授業績」同上, pp. 45-49。

など。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』7426号、平成31年1月15日
  2. ^ 栗田健「「日常的な労働組合」の研究(上)」法政大
  3. ^ 典拠:内閣府「平成23年春の叙勲受章者名簿 http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/23haru/meibo_jokun.html

関連項目[編集]