神代村 (長崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こうじろむら
神代村
廃止日 1957年3月22日
廃止理由 編入合併
神代村国見町
現在の自治体 雲仙市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南高来郡
総人口 5,457
国勢調査、1955年)
隣接自治体 南高来郡国見町瑞穂村
神代村役場
所在地 長崎県南高来郡神代村丙
 表示 ウィキプロジェクト

神代村(こうじろむら)は、長崎県島原半島にあった村。南高来郡に属した。1957年(昭和32年)に東隣[1]国見町へ編入した。

現在の雲仙市国見町の西部、神代地区にあたる。

地理[編集]

島原半島の北部に位置する。

  • 河川:神代川、倉地川、釜葢(かまぶた)川、新堀川、天神川
  • 港湾:神代港

沿革[編集]

明治初期までは神代西村[2]と神代東村[3]に分かれ、この2村をあわせて「神代」と称した。神代は古代から中世にかけて「かみしろ」「かむしろ」と読まれ、中世は「髪白」、近世は「高代」とも表記された[4]。神代東村と神代西村は1882年(明治15年)に統合され、神代村となった。

地名[編集]

を行政区域とする。神代村は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。
なお、神代村では名の名称を十干に置き換えて表記する。

  • 甲 / 西里名
  • 乙 / 川北名
  • 丙 / 神代名
  • 丁 / 上古賀名
  • 戊 / 片田名
  • 己 / 東里名
  • 庚 / 楠高名
  • 辛 / 山ノ上名

交通[編集]

鉄道[編集]

島原鉄道

(瑞穂村:旧西郷村) - 神代町駅 - (国見町:旧土黒村

名所・旧跡[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県 1956年9月30日
  2. ^ 西神代村、西高代村、西村とも表記される。地内にあるとして西里・川北・神代・上古賀・片田の5名が所在。
  3. ^ 東神代村、東高代村、東村とも表記される。地内にある名として東里・楠高・山ノ上の3名が所在。
  4. ^ 角川日本地名大辞典42 長崎県「神代」

関連項目[編集]