神代貴茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神代貴茂(こうじろ たかしげ[1][リンク切れ]、生年不詳 - 天正12年(1584年))は、戦国時代に、島原半島の神代領(現在の長崎県島原市国見町神代小路地区周辺)を支配していた武将

1584年(天正12年)に、有馬・島津連合軍と肥前龍造寺軍の沖田畷の戦いにおいて、龍造寺方の武将として従軍。総大将の龍造寺隆信が戦死後、龍造寺軍は総崩れし、有馬に反旗を翻していた各所の武将たちも有馬に降伏する中で、ただ一人最後まで抵抗した。神代氏の守る鶴亀城は難攻不落の城であり、有馬晴信はまともに城を攻めることをやめ、謀略を画策。近くの多比良城にて講和会議の場を設けたその帰り、神代貴茂は現在の国見町犬馬場において、有馬の兵士により、暗殺される。その直後、鶴亀本城と数基の支城は次々と陥落し、鎌倉時代より続いたとされる神代一族は滅亡した。

以上は佐賀鍋島側の書いた史実に基づくが、ルイス・フロイスの『日本史』によると、神代貴茂生存とキリシタン改宗の史実が記載されているが、事実は不明のまま。

脚注[編集]