神出鬼没!タケシムケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神出鬼没!タケシムケン
ジャンル バラエティ番組
演出 李闘士男
出演者 ビートたけし
志村けん
ほか
製作
製作総指揮 澤將晃
プロデューサー 深山典久
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1999年4月18日 - 2000年3月19日
放送時間 日曜 18:56 - 19:56
放送分 60分
テンプレートを表示

神出鬼没!タケシムケン』(しんしゅつきぼつ タケシムケン)は、1999年4月18日から2000年3月19日までテレビ朝日系列局で毎週日曜 18:56 - 19:56 (JST) に放送されていたテレビ朝日製作のバラエティ番組である。

番組概要[編集]

ビートたけし志村けんが司会を務めた番組。当初はお笑い界の2大スターが競演ということで局側も力を入れたものの、1年間の短命番組に終わった。たけしは後年、自著の中で「この番組は自分達がやりたかったことと、スタッフがやろうとしたことの意思疎通がうまくとれなかった」と綴っていた。また、2020年3月29日に志村が逝去したことに際し、たけしは当番組について「2人ともボケとツッコミの両方ができるタイプなので、本来ならボケとツッコミを役割分担したほうが良かったが、お互い遠慮して、消化不良で終わってしまった」とも述べていた[1]

出演者[編集]

MC[編集]

コーナーMC[編集]

コーナー出演者[編集]

主なコーナー[編集]

神出鬼没!
たけしと志村がさまざまな場所に侵入していたずらをする、当番組の目玉とも言えるコーナー。例えば、エステサロンでエステティシャンが客に無断でたけしと志村に入れ替わり、相手が無抵抗なのをいいことにいたずらをするところを隠しカメラ(監視カメラ)で撮影するといったものである。
後楽園ゆうえんち(現・東京ドームシティアトラクションズ)で行われたロケでは、当時テレ朝で放送されていたアニメ『神風怪盗ジャンヌ』ショーに乱入。たけしがドン・チャック、志村が狼のラッパの着ぐるみをかぶりジャンヌの着ぐるみにセクハラ的ないたずらをした。たけしが正体をばらした時にはジャンヌ役のスーツアクターははしゃぎまわったが、アポ無しの乱入だったことから番組スタッフはあとで怒られたという。このロケは番組開始当初に行われ、着ぐるみの顔にモザイクを入れて初期の番宣でオンエアしていたものの、問題があったのか、放送は終盤まで後回しにされた。
氷川きよしデビュー当時のコンサートにも神出鬼没した。これはたけし本人が氷川のデビューに関わっていたためで、当初氷川のメディアへの露出は当番組をメインに行われた。
ワールドカレーニュース
カレーに関する架空の出来事(例:『ファイナル・カレー・ファンタジー』というテレビゲームソフトが発売され、それを買うために行列が出来ている。流鏑馬の行事で「今年の運勢は中辛」という結果が出た、など)を取り上げそのVTRに志村がコメントするというコーナー。志村は「くだらねぇよな」などあまりやる気のない発言に終始する。
まず〜いラーメン日本一決定戦
料理の鉄人』のパロディ風のコーナー。日本全国のまずいラーメン店同士がスタジオで実際にラーメンを調理し、負け残り方式で対決する。勝つと「ちょっとだけうまいラーメン屋」ののぼりが贈られた。都内のラーメン店「彦龍」が5週連続敗北を収めたあと、間もなく地方の別のラーメン店も4週連続敗北を収め、この二店舗は殿堂入りを果たした。最後は殿堂入りのラーメン店同士で頂上決戦を行った。このコーナーのレポーターを務めていた浅草キッドは、当時プライベートでラーメン店に入ってもロケハンを疑われ、しばらくはラーメン店を出入り禁止になった。
なお後日談として、当番組で一躍有名になった「彦龍」は、事前に優勝が仕込まれていたことや、志村に会いたかったため出演を承諾したことを店主自身が語っていた[2]。一種のやらせであったが、特に問題視はされなかった。
勝ち抜け!イタコ選手権
降霊師2人が登場してテーマとなる故人を降霊、より故人を偲ばせたほうが勝ちとなる。内容は、かなりものまねショーに近いものがあった。美人降霊師の高野モナミ、「降霊降霊、♪これこ〜れ、石の地蔵さん〜[3]」という迷言を残した「自称・降霊界のロバート・デ・ニーロ」こと松隈雪洲、ホームズ三世らが登場した。冒頭で「○○○○(架空の団体)推薦番組[4]」とクレジットされた画像が映し出され、アニメ『新オバケのQ太郎』のテーマ曲のイントロとエンディングをつなぎ合わせたものが流れた。審査員のたけしと志村は、毎回コスプレで登場していた[5]
放送2回目で「このコーナーに登場する霊能者ってお笑い芸人の人なんでしょうか?」と言う旨のハガキが寄せられたほど、心霊を扱った企画とは思えない内容であったが、それとは裏腹に「霊障が多く、収録が大変だった」とのこと。最終回では、高野モナミが収録中に憑依したゲスト審査員の除霊を行う場面のVTRが流れた。
子供たちに贈る歌
当時流行していた『だんご3兄弟』に対抗する、新しい歌をたけしと志村が披露。持ち歌は「えだ豆5兄弟」「いくら千兄弟」「カズノコ万兄弟」「ピスタチオひとりっ子」「ブラジャー2姉妹」「キャビア十万兄弟」「双子の鉄アレイ」など。「ピスタチオ〜」は、ピスタチオのかぶりものをした2人が「ピ、ピ、ピスタチオはひとりっ子!」と半ばやけくそでワンフレーズを歌うだけで、あまりのひどさに流石の2人も恥ずかしそうにしていた。
アイ〜ン星人
志村と安西ひろこが「アイ〜ン星人」に扮装し、全国に突然お邪魔する。BGMには『人造人間キカイダー』等、特撮番組のBGMを使っていた。
タケシムケン・お笑いコント部
たけし、志村、ダチョウ倶楽部によるショートコント集。放送末期では『ドリフ大爆笑』で放送したコントをリメイクして演じた。
すこやか日本列島笑顔でこんにちは
越前屋俵太が全国各地の風景をレポートするという名目のミニコーナー。必ず最後は、俵太が海や池に落ちる展開だった。
ガッツの部屋
徹子の部屋』のパロディで、ガッツ石松がホストを務めるトークショー。その様子を浅草キッドが別室で観察し、ツッコミを入れる。第1回のゲストは藤谷美和子、第2回はマリアン、第3回は藤岡弘、だった。
新人熟年漫才師南極28号 鈴本演芸場への道
たけしとビートきよしの2人が「南極28号」という新人漫才コンビに扮し、様々な場所で漫才を披露する[6]
芸能刑事
たけし、志村、ヒロミの3人が刑事に扮し、取調べという形式でゲストを嘘発見器にかける。『たけし・所のドラキュラが狙ってる』の「ドラキュラ裁判」と同内容。

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ 同時ネット
青森県 青森朝日放送
岩手県 岩手朝日テレビ
宮城県 東日本放送
秋田県 秋田朝日放送
山形県 山形テレビ
福島県 福島放送
新潟県 新潟テレビ21
長野県 長野朝日放送
静岡県 静岡朝日テレビ
石川県 北陸朝日放送
中京広域圏 名古屋テレビ
近畿広域圏 朝日放送
島根県
鳥取県
山陰放送 TBS系列 遅れネット
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 同時ネット
山口県 山口朝日放送
香川県
岡山県
瀬戸内海放送
愛媛県 愛媛朝日テレビ
福岡県 九州朝日放送
長崎県 長崎文化放送
熊本県 熊本朝日放送
大分県 大分朝日放送
鹿児島県 鹿児島放送
沖縄県 琉球朝日放送

備考[編集]

  • たけしが命名した氷川きよしのメディアへのお披露目もこの番組をメインにして行われ、「ビジュアル系演歌」のキャッチフレーズの下にプロモーションが展開された。
  • 本番組よりテレビ朝日の日曜19時台は、18:56放送開始のフライングスタートとなった(当時日曜19時台がフライングだったのはテレビ朝日のみ)。このフライングは、2008年10月12日放送の『大胆MAP』まで続いたが、2010年10月放送の『シルシルミシルさんデー』から再度18:56開始のフライングスタートとなったが、2014年10月から放送開始された『オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ』からは18:57開始に変更された。その後、2018年10月14日に開始された『ナニコレ珍百景』(第2期)からは18:30開始に繰り上げられた。
  • また、テレビ朝日の日曜19時台が1時間枠になったのはこれが史上初である[7]。これで19時台が1時間枠になった経験が無い曜日は金曜日のみとなったが、2019年10月改編より金曜19時台も1時間枠となり、テレビ朝日の19時台は全曜日1時間枠となった。

脚注[編集]

  1. ^ たけしが“失敗”と語った共演でわかる志村けんさんの偉大さの理由とは?”. AERA dot. (2020年4月11日). 2020年4月23日閲覧。
  2. ^ 日本一まずいラーメン屋 "彦龍"の真実
  3. ^ 美空ひばりの『花笠道中』の歌詞の一節。
  4. ^ 第1回では「日本イタコ降霊科学研究所推薦番組」と表示された。
  5. ^ 第1回では志村は飛行機の操縦士、たけしはキャビンアテンダントに扮していた。「足立区国際航空(架空の企業)」所属ということになっていた。
  6. ^ 例として同局の社員食堂のおばさんや楽屋で待機中のよゐこの前でネタを披露。なぜか和田アキ子に絡まれたこともあった。
  7. ^ それまでは19時台前半枠はABC制作バラエティ枠(1994年9月までで、同年10月以降はテレビ朝日制作)、19時台後半枠は象印一社提供のバラエティ枠→1995年4月より2時間バラエティ枠を編成していた。
テレビ朝日 日曜19時台
前番組 番組名 次番組
神出鬼没!タケシムケン
(1999年4月 - 2000年3月)
週刊ワイドコロシアム
(2000年4月 - 2000年9月)
テレビ朝日 日曜18:56 - 19:00枠
素敵な宇宙船地球号
(1997年4月 - 1999年3月)
※18:30 - 19:00
【日曜23:00へ移動】
神出鬼没!タケシムケン
(1999年4月 - 2000年3月)
※18:56 - 19:56
週刊ワイドコロシアム
(2000年4月 - 2000年9月)
※18:56 - 19:56