神別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神別(しんべつ)とは、古代日本氏族の分類の1つ。

平安時代初期に書かれた『新撰姓氏録』には、皇別諸蕃と並んで、天津神・国津神の子孫を「神別」として記している(「天神地祇之冑、謂之神別」)。さらに神別は「天孫」・「天神」・「地祇」に分類され、天孫109・天神265・地祇30を数える。なお、こうした区分は古くからあったらしく、これは律令制以前ののうち、「」が皇別氏族に、「」が神別氏族に集中していることから推測されている。

参考文献[編集]

  • 阿部武彦「神別」(『国史大辞典 7』(吉川弘文館1986年) ISBN 978-4-642-00507-4)
  • 菊地照夫「神別」(『日本古代史大辞典 旧石器時代~鎌倉幕府成立頃』(大和書房2006年) ISBN 978-4-479-84065-7)