神原村 (長野県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かみはらむら
神原村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
神原村平岡村天龍村
現在の自治体 天龍村
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
下伊那郡
面積 58.71km2.
総人口 1,946
国勢調査1955年
隣接自治体 長野県
下伊那郡平岡村、大下条村和合村旦開村
静岡県
磐田郡水窪町
愛知県
北設楽郡富山村豊根村
神原村役場
所在地 長野県下伊那郡神原村
 表示 ウィキプロジェクト

神原村(かみはらむら)は長野県下伊那郡にあった。現在の天龍村大字神原にあたる。

地理[編集]

  • 山 : 八嶽山、天ヶ森
  • 河川 : 天竜川

歴史[編集]

旧天龍村地域のみに「おじろく、おばさ制度」と呼ばれる特殊な家族制度があった。16~17世紀頃には存在したという。

この制度の下では、長兄のみが社会生活を営み、それ以下の弟妹はおじろく(男)・おばさ(女)として村社会から隔離され、家庭内の労働力としてのみ人生を送る。中流以上の家庭に多かったという。

彼らは結婚・交際をせず、村祭りなどの行事にも参加しなかった。声をかければ会釈くらいはするが、基本的に無気力で人嫌い。家庭内での地位は下男・下女扱いであったが、幼少期から特別虐待されるわけでもなく、むしろ労働力として重宝がられていた。

彼らの性格が分裂病(今で言う統合失調症)に似た症状であるとして面接を行った精神科医の近藤廉治は、「青春期の疎外が作った人格であり、分裂症とは言えない」と結論づけている。 [1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近藤廉治 『開放病棟―精神科医の苦闘』 合同出版、1975年。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]