神大市比売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神大市比売

神祇 国津神
全名 神大市比売
別名 大歳御祖神
神格 市の神、食物の神
大山津見神
配偶者 須佐之男命
大年神宇迦之御魂神
神社 湯田神社

神大市比売(かむおおいちひめ)は、日本神話に登場する女神

概要[編集]

古事記』にのみ登場する神で、須佐之男命の系図に登場する。大山津見神の子で、櫛名田比売の次に須佐之男命の妻となり、大年神宇迦之御魂神稲荷神)を産んだ。

2柱の御子神はどちらも農耕に関係のある神であり、神大市比売もまた農耕神・食料神として信仰される。神名の「神」は神霊の発動の激しいことに畏敬して冠する接頭語、「大」は「偉大・立派」、「市」物々交換をするために人が集まるところを表し、名義を「神々しい、立派な市」と考えられる[1]。 このため市場の守護神として信仰される。

また山神は陸海問わず物々交換の市場を提供する能力があったため、大山津見神の分身として神大市比売を表象すると考えられる[2]

神社の祭神としては大歳御祖神(おおとしみおやのかみ)の神名で祀られることが多い。

系譜[編集]

スサノオの系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神

大山津見神の娘で、須佐之男命との間に大年神宇迦之御魂神を産んでいる。

祀る神社[編集]

などがあるが、須佐之男命や子の大年神・宇迦之御魂神を祀る神社は非常に多いのに比して極端に少ない。

その他[編集]

奈良県桜井市にある3世紀中頃の築造とされる箸墓古墳には、宮内庁治定として「大市墓」の銘[注釈 1]がある。

伏見稲荷大社の上社祭神「大宮能売大神」はアメノウズメと同一視されることもあるが[3]、これを『二十二社註式[4]、『稲荷神社考』[5]では大市姫命に当てている。

参考文献[編集]

  1. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  2. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  3. ^ 祐徳稲荷神社HP お祀りする神様、2016年4月15日閲覧。
  4. ^ 吉田兼倶応仁元年(1469年))。
  5. ^ 前田夏蔭、江戸時代末期。文中での吉田兼倶の『神名帳頭注』(文明元年)の引用による。

脚注[編集]

  1. ^ 治定者は倭迹迹日百襲姫命であり、一般に「大市」は地名とされる。

関連項目[編集]