神奈川中央交通町田営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神奈川中央交通町田営業所

神奈川中央交通町田営業所(かながわちゅうおうこうつうまちだえいぎょうしょ)は、東京都町田市野津田町字関ノ上350に位置する神奈川中央交通の営業所の一つ。営業所の略号は「」で、車庫の通称および最寄バス停留所は「野津田車庫」。営業所敷地西側に小田急バス町田営業所が隣接している。

本項では以下、単に「バスセンター」「町田BC」と表記した場合は町田バスセンターを、「ターミナル」「町田TM」と表記した場合は町田ターミナルを指すものとする。

沿革[編集]

町田駅前通りの中央走行式バス専用レーンを走る連節バス「ツインライナー」
かつて在籍していたリフト付きバス(ま197)
  • 1941年12月15日 - 関東乗合自動車(現在の関東バス)から原町田営業所の路線を譲受。原町田駅前に原町田営業所を開設。
  • 1952年2月23日 - 神奈川県高座郡大和町(当時)に鶴間営業所を開設。原町田営業所は鶴間営業所の原町田出張所となる。
  • 1957年6月25日 - 東京都南多摩郡町田町(当時)森野に町田営業所を開設し、鶴間営業所は鶴間派出所とする。町田営業所は東京都内の路線を、鶴間派出所は町田南地域のほか鶴間・大和・相武台・座間・横浜市方面の路線を所管。
  • 1964年5月21日 - 鶴間派出所を町田営業所鶴間操車所に改称。
  • 1967年8月10日 - 急激な人口増や団地開発によるバス運行本数激増への対応として、新原町田駅西口にバスターミナルを緊急整備し、使用開始する。
  • 1969年8月20日 - 町田市野津田町字関ノ上に野津田操車所(野津田車庫)を開設、営業所機能を森野から野津田へ移転(森野操車所は待機所として使用し、その後閉鎖。一部は自社飲食店らーめん花樂店舗用地となる)。
  • 1970年
    • 1月1日 - 新道(現在の町田駅前通り)の開通に伴い、新原町田駅バスターミナル発着系統を新原町田駅を経由しない経路に変更。
    • 7月1日 - 鶴間操車所を大和営業所として分離。
    • 7月27日 - 鶴川駅 - 鶴川団地の路線(現在の鶴11)で日本初となる深夜バスを新設。
  • 1972 - 1976年頃 - 東京バス協会および都営・民営各社の協議により東京都内の路線に順次系統番号が導入される。神奈中でも町田営業所の路線で実施(他営業所の路線は一部を除き未実施)。
  • 1977年10月11日 - 町田市内の複数の団地を巡回する「買物バス」2路線3系統(町47・町48および町50)を新設。
  • 1981年4月1日 - 旧・新原町田駅バスターミナルを整備し町田バスセンターを開設、使用開始。
  • 1983年10月31日 - バスセンター - (旧)原町田駅間に新道が開通、旧・原町田駅跡に整備された町田ターミナルプラザ内に町田ターミナルを開設、一部路線を経由させる。
  • 1988年7月1日 - バスセンターが改良され、2015年現在まで続く形状になる。市民ホール - バスセンター -ターミナルの区間に中央走行式のバス専用レーンが導入。
  • 1990年2月9日 - 管内全路線で神奈中バスカード利用開始。
  • 1995年 - 町田営業所のうち観光貸切バスを神奈中ハイヤーへ移管。町田観光バス営業所を野津田車庫内に開設。
  • 1996年
  • 1997年11月4日 - 町28(まちっこ「相原ルート」)を新設。
  • 2002年
    • 2月 - 小田急グループ内の事業再編で、箱根登山観光バスを神奈中ハイヤーが統合。これに伴い、町田観光バス営業所は町田市鶴間字大ヶ谷戸に所在の旧・箱根登山観光バス東京営業所へ移転(後に神奈中ハイヤー観光バス町田営業所、神奈中観光町田営業所を経て、現在は神奈中観光東京営業所)。
    • 6月16日 - 大規模なダイヤ改正。過剰運行の路線で減便を行った。町98・鶴30・34を廃止し、日中の山崎団地・藤の台団地線など、野津田車庫への出入庫を兼ねていた系統にパターンダイヤを導入した。
  • 2007年
  • 2008年1月20日 - ICカード(PASMO / Suica)の利用を開始する。
  • 2012年5月28日 - バスセンターを改良し、町13(急行・山崎団地センター線)で連節バス「ツインライナー」を運行開始。
  • 2017年
    • 1月1日 - 神奈川中央交通グループの乗合バス事業再編に伴い[1][2]相模神奈交バスへの一部路線の管理委託を解消し、全路線が神奈川中央交通直轄となる。
    • 3月21日 - 鶴01・鶴08・鶴10・鶴11・鶴13・鶴26と町13(始発~9時台まで山崎団地センター発に限り)系統、町田市民バス(まちっこ)を除き、乗降方法を「中乗り・前降り」運賃後払い方式に変更[3]。同時に金井経由路線(町50・町52・町54)の経路変更を実施[4]

現行路線[編集]

●…2016年12月31日まで相模神奈交バス管理委託のダイヤと共管、もしくは完全管理委託だった路線。

町田発着路線の系統番号の内訳[編集]

町田駅を発着する路線は非常に多く、町田市内の各団地へ向かう路線や、横浜線・東急田園都市線の各駅方面へ向かう路線など、非常に複雑である。

町田TM発着路線の木曽南団地・山崎団地・小山田・藤の台団地線は、始発 - 8:59までと21:00以降は町田BC発着となる。

路線増加に伴い例外が生じているが、他営業所を含めて町田系統の番号は、概ね以下のように振り分けられている。

  • 町01 - :町田担当の旧・「原」(原町田駅)系統など
  • 町04 - :相模原市方面(相模原営業所)
  • 町11 - :境川団地方面
  • 町21 - :市民病院方面
  • 町32 - :忠生公園前方面、その他
  • 町36 - :市民病院方面
  • 町41 - :藤の台団地方面、その他
  • 町50 - :金井・本町田方面
  • 町60 - :その他
  • 町70 - :成瀬街道方面(大和営業所)、その他
  • 町80 - :金森方面(大和営業所)
  • 町90 - :成瀬街道方面(大和営業所)
  • 町95 - :その他(現在は全て欠番)

町田BC - 玉川学園前駅方面[編集]

玉川学園前駅北側の踏切を渡る町03の折返便(ま81)
  • 町03:町田BC - 町田TM - 原町田四丁目 - 町田第一小学校入口 - 南大谷都営前 - 玉川学園前駅
平日午前2本のみ運行。以前は玉川学園前駅より一つ先の「松風台」まで運行していたが、折返場の閉鎖売却に伴い玉川学園前駅まで路線を短縮した。
なお、玉川学園前駅には折返設備がないため、バスは降車扱い後に玉川学園前駅北側の踏切を渡り、駅と奈良北団地方面とを結ぶ住宅街の狭隘路をラケット状に循環して乗車バス停へ回送する手法を採っている。このため、原則として大型車では運行されず、町田営業所の一般路線車両では唯一の中型車であるいすゞ・エルガミオ(ま81号車)が専属的に使用されている。

町田BC - 境川団地 - 木曽南団地方面[編集]

  • 町12:町田TM - 境川団地 - 木曽南団地
  • 町17:町田BC - 境川団地 - 木曽南団地 - 町田総合高校前 - 日向根トンネル - 矢部八幡前 - 淵野辺駅北口
  • 町78:町田BC - 境川団地 - 木曽南団地 - 町田総合高校前 - 忠生 - 忠生三丁目 - 図師大橋 - 図師 - 野津田車庫
町12は、境川団地・木曽南団地方面への主力路線で、これらの系統の中で唯一、日中に町田ターミナル乗り入れとなる。かつては大和営業所との共管であった。
町17は、町12を淵野辺駅まで伸ばした路線で、町田駅前通りを直進し続け、矢部八幡前より多摩営業所の町29と同様の経路で淵野辺駅北口へ至る。
町78は、町17と同経路で町田総合高校前(旧・忠生高校前)より数百メートル北西側の根岸1丁目交差点まで進み、そこから上宿に近い忠生、忠生三丁目を経由し、馬駈交差点から図師方面へと至る(忠生公園前および町田工業高校前は経由しない)。
日中は、町12が毎時2本、町17が毎時1本、町78が毎時1本の運行で町田BC - 木曽南団地間は毎時4本の運行である。

町田BC - 下山崎・小山田桜台方面[編集]

  • 町33:町田BC - 境川団地 - 木曽南団地 - 町田総合高校前 - 忠生公園前 - 山崎高校入口 - 下山崎
  • 町66:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 木曽 - 忠生公園前 - 山崎高校入口 - 下山崎
  • 町32:町田BC - 境川団地 - 上横町 - 木曽 - 忠生公園前 - 忠生三丁目 - 桜美林学園 - 小山田桜台
  • 町34:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 木曽 - 忠生公園前 - 忠生三丁目 - 桜美林学園 - 小山田桜台
町33は、後述するUR町田山崎団地のすぐ北側にある大規模マンション「シーアイハイツ町田」のある下山崎地区へ向かう主力路線。途中まで前述の町17・町78と同経路で進むものの、町田総合高校すぐ手前の町田総合高校南交差点で他の路線と別れる。かつては町32と同様の経路で運行された。平日の日中のみ毎時1本程度が市民病院前経由の町66で運行される。
後述の町32や先述の町78とは、境川団地~忠生付近の一部区間で経路が若干異なっているほか、町田総合高校前停留所は往復ともに他系統とは離れた町33専用の停留所を経由するため、利用の際は注意を要する。以前は忠生公園入口停留所と忠生二丁目停留所も往復ともに専用の停留所を使用していたが、他系統とはやや離れた場所に設置されていた為、2018年5月1日に町33専用の忠生公園入口停留所は「秋葉神社前」に、町33・66専用の忠生二丁目停留所は「山崎小学校前」にそれぞれ改称された。
町32は、町田市北西部にあるUR都市機構の大規模団地「ニュータウン小山田桜台団地」へ向かう主力路線で、平日・土曜の日中は毎時1本程度が市民病院経由の町34で運行される。
前述の町78や町33とは境川団地 - 忠生公園前 - 忠生三丁目間の経路が異なり、町32は町田総合高校前を経由せず、上横町・木曽・忠生公園入口・忠生公園前・忠生二丁目・町田工業高校前を経由して忠生三丁目へ向かう。なお、小山田桜台線が経由する「桜美林学園」停留所のすぐ近辺には、他の系統が停車し小山田桜台線が経由しない「桜美林学園」および「桜美林学園」停留所が存在するため注意が必要。

町田BC - 山崎団地・やくし台方面[編集]

町13に導入された連節バス(ま201)
山団センターと省略して表示している町25(ま141)
山崎団地センターバス停
  • 町13:町田BC -(急行)- 木曽入口 - 山崎団地センター
  • 町15:町田TM - 境川団地 - 木曽入口 - 山崎団地センター - 山崎団地 (深夜バスあり)
  • 町20:町田BC ← 境川団地 ← 木曽入口 ← 山崎団地センター
  • 町35:町田BC ← 境川団地 ← 木曽入口 ← 山崎団地センター ← 今井谷戸 ← 薬師池国本学園前 ← 野津田車庫
  • 町61:町田BC → 境川団地 → 木曽入口 → 山崎団地センター → 今井谷戸 → 藤の台団地 → やくし台センター → 国本学園前 → 野津田車庫 (深夜バス)
  • 町23:町田BC ← 森野三丁目 ← 市民病院前 ← 木曽入口 ← 山崎団地センター
  • 町24:町田TM - 森野三丁目 - 市民病院前 - 木曽入口 - 山崎団地センター - 山崎団地
  • 町25:町田BC → 森野三丁目 → 市民病院前 → 木曽入口 → 山崎団地センター → 今井谷戸 → 薬師池 → 国本学園前 → 野津田車庫 (深夜バス)
  • 町37:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 木曽中原 - 町田木曽会館前 - 今井谷戸 - 藤の台団地 - やくし台センター
これらは町田営業所の主力となる路線で、町田駅と町田市内最大規模の団地である木曽山崎(UR町田山崎団地・都公社町田木曽住宅)を結ぶ。このうち山崎団地線(町15・町24)は、山崎団地内の北二号停留所が最寄りとなる東京都立山崎高等学校への通学路線としても利用される。
現在は終日に渡って山崎団地線が中心のダイヤで運行される。かつては日中に山崎団地線と山崎団地センター線がおおむね交互で運行され、町田BCから山崎団地センターは6分毎(うち1本が町13急行)、山崎団地までは12分毎(うち1本程度が町15境川経由)のダイヤが組まれていた(但し一部例外の時間帯あり)が、2016年5月30日にダイヤが見直され、山崎団地センター線を大幅に減便し、一部が山崎団地線に置き換えられた。そして、2018年5月1日には全体的に更なる減便が行われ、区間便の山崎団地センター線(町20・町23)は団地センター発の片方向のみの運行となり、以降は終日に渡って山崎団地線が中心のダイヤで運行される。
急行(町13)は、町田BC、境川団地、木曽入口から山崎団地センターまでの各停留所に停車する。並行系統が多数存在するため、平日朝夕の通勤時間帯は殆どが急行で運行される一方、平日昼間及び土休日昼間は毎時1本程度運行されるのみとなる。なお、以前は平日夜間の一部便に通常の大型車も使用されていたが、2016年5月30日からツインライナーのみの運用に変更された。運行経路は境川団地経由の町20と同経路。
町25・町35は野津田車庫まで運行の出入庫系統だが、山崎団地・団地センターへの出入庫のほとんどは車庫からの回送で、この系統は他の路線での出入庫で用いられる。給水塔前から先は今井谷戸を抜け、後述の町55と同様の経路を辿る。2018年5月1日には前述の山崎団地センター線と同様に片方向のみの運行となり、町25は深夜バスとして運行される町田BC発のみ(日中便は全廃)、町35は土曜早朝の車庫発のみとなった。
町37は、他の山崎団地方面の系統とは若干異なるルートを経由し、小田急不動産が分譲した「やくし台」へ向かう。開設当初は町25と同じ経路で薬師池まで進み、薬師台付近のトンネルを抜けて「やくし台団地」(薬師台三丁目付近)へ行く経路だったが、薬師台地区の開発進展で折返場と新道の整備が進んだことや、市民病院への路線運行要請などから藤の台団地経由・やくし台センター発着に変更され、更に町田木曽住宅住民からの要請で木曽中原経由になるなど、住民要望を多く取り入れた路線となった。
なお、木曽中原経由に変更された当初は、それまで停車していた山崎団地センターに停車しなくなることから、町37専用の乗り場が設けられたが、従来の山崎団地センター乗り場とは離れすぎていたため、後に分離させ名称を「町田木曽会館前」に変更している。
町61は、町35を発展させた路線。今井谷戸から先は町37と同様の経路で藤の台団地・やくし台センターを経由し、薬師台のトンネルを抜け野津田車庫へ向かう。車庫行のみ運行で、平日2本・土曜1本どちらも24時30分以降に設定されている。境川・木曽・町田木曽・町田山崎・藤の台など、町田市中部に位置する大規模集合住宅のほとんどを経由するように設定されているため、非常に混雑することがある。
2018年5月1日現在、平日の町田BC発1:02発は、神奈中の一般路線では最も遅くに駅を出発する便で、横浜線の上り町田行終電・下り橋本行き終電と、小田急小田原線新宿0:20発の急行海老名行(新百合ヶ丘から各駅停車)と接続しており、これら電車が遅れた場合は接続待ち合わせのために発車を数分程度遅らせる場合がある。
なお、時刻表・行先表示などの表記や乗客への案内において、山崎団地センターを「山団センター」と略すことがある。
またツインライナーは、2009年頃からの町田市の連節バス導入構想[5] に基づいて、2012年5月28日より町13急行に限定して導入されたもの[6]で、2016年2月28日からは後述の町田BCと野津田公園を結ぶ直行バスでも使用されるようになった。ツインライナーの運行開始にあわせ、急行は途中の境川団地も停車することとなったため、朝9時までの町田行を除いて従来の運賃前払いから後払いへ変更となった。

町田BC - 日大三高方面[編集]

  • 町16:急行 町田BC - 横町 - 図師大橋 - 日大三高
  • 町16:急行 町田BC - 横町 -(日向根トンネル)- 日大三高
町16は、町田発が朝、高校発が夕方運転の通学専用路線。経路が2つあり、横町・図師大橋に停車するもの(町78と同様の経路または根岸を通過する経路)と、横町のみ停車するもの(桜美林学園前・市立室内プールなどを通過走行する日向根トンネル経由)があり、時刻表や行先方向幕でも区別されている。なお、日大三高行の降車は終点のみ、町田BC行の乗車は三高のみでの扱いであり、町田BC - 横町・図師大橋または横町 - 図師大橋のみの利用はできない。
日大三高・三中の学生や関係者が最優先となるが一般客も利用可能。休日は時刻表の見かけ上はほとんど運行されないが、実際には曜日を問わず学校行事や登校・終業・部活動などの時間にあわせ柔軟な臨時便の運行が実施される。

町田BC - 市民病院 - 上宿・図師方面[編集]

  • 町21:町田BC - 第四小学校前 - 市民病院正門
  • 町22:町田BC ← 森野三丁目 ← 市民病院前 ← 上宿
  • ●町26:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 図師大橋 - 図師 - 野津田車庫
  • 町27:町田TM - 森野三丁目 - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 図師大橋 - 日大三高入口 - 小山田(多摩営業所と共管)
  • 町31:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 図師大橋 - 図師 - 日大三高東 - 多摩丘陵病院
  • 町36:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 図師大橋 - 図師 - 野津田高校入口 - 五反田 - 大蔵 - 鶴川駅
  • ●町45:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 図師大橋 - 図師 - 都立野津田高校(学校正面)
町21は、旭町交差点を回る経路で市民病院正門まで行く短距離路線。終点到着後の町田BC行は折り返さず、乗車扱い後はそのまま直進し滝の沢交差点で左折、浄水場前・市民病院前を経由して町田BCへ向かう。運行経路は循環状で、かつては通して運行される便が存在したが、現在は打ち切りとなっており乗り通しは出来ない。朝通勤時間帯に浄水場前 - 町田の混雑緩和(市民病院正門発)を目的としている。
町26は、上宿・図師方面への中心路線であり、一部のダイヤは出入庫を兼ねている。上宿発着の区間便である町22はかつて頻発していた時期があった[7] が、現在は町21同様に混雑緩和目的で平日朝1本の上宿発が残るのみである。
町27は、図師大橋から逸れ都道155号経由で小山田へ向かう路線。桜橋 - 大泉寺は道路の拡幅整備中であり狭隘だが、大型車で運行。
なお、この系統に限って多摩営業所と共管となっており、他の町田TM発着系統に日中の町田BC発着は存在しないのに対し、町27は日中でも一部が町田BC発着となっている。
町31系統は、市北部にある多摩丘陵病院を結ぶ路線。かつては多摩センター駅や唐木田駅までの延伸計画があり、唐木田駅行きとして「町40」の方向幕まで準備されていたが、京王帝都電鉄(現・京王バス)との調整など諸々の事情により、実際に開設されることはなかった。
町36・町45は、都立野津田高校への通学路線。町36系統は野津田高校の正面へは乗り入れない。どちらの系統とも独自区間が存在するものの、元々沿線の人家や通学外需要が少ないこともあり、運行本数は非常に少ない。

町田BC - 市民病院 - 市立室内プール方面[編集]

  • 町38:町田BC → 森野三丁目 → 市民病院前 → 上宿 → 根岸 → 市立室内プール
  • 町39:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 市立室内プール - 日大三高入口 - 図師大橋 - 図師 - 野津田車庫
町田BCと町田市立室内プールを結ぶ路線。開設当初は町38が主力で、出入庫便となる町39は本数が少なかったが、1997年の改正で町39が増便されるとともに町38は平日1便のみの運行となっている。現在、市立室内プールバス停にあったバス折返場は閉鎖され、町田市のゴミ収集車や後述する「まちっこ」の専用車などが使用するCNGガススタンドとなった。その為、町38系統の運行も現在は市立室内プール方向への片方向運行のみになっている。

町田BC - 南大谷都営前 - 三ツ又 - 成瀬台方面[編集]

南大谷地区の小田急線ガード下を潜る町76系統(ま106)
  • ●町76:町田BC - あけぼの病院前 - 中町一丁目 - 町田第一小学校入口 - 南大谷都営前 - 三ツ又 - 成瀬台入口 - 成瀬台
かつては大和担当だったが、相模神奈交バスへの運行委託に伴い、町田へ移管されて現在に至る。
元々この路線は、町田BC - 町田市役所市民ホール前 - (旧・森野交番前交差点) - 中町二丁目 - (旭町交差点) - 五間道路 - 図書館前 - 中町一丁目 - 消防署前(現・町田第一小学校入口)とかなり大回りをして南大谷方面に向かうルートとなっており、この区間のダイヤ上の所要時間は10分ほどだったものの、国道16号鵜野森交差点などを先頭とする渋滞の影響などで遅延が常態化し、通過には20分以上要す場合もあった。消防署前(現・町田第一小学校入口)から小田急線町田駅へは徒歩5分程度のため、渋滞が酷い場合は消防署前(現・町田第一小学校入口)で降車して徒歩で駅へ向かうよう案内されることも少なくなかった。
2015年1月、新道の開通とバス運行環境改善のため、この町田BC - 消防署前(現・町田第一小学校入口)の大回り経路を大幅に変更し、町田市役所交差点(旧・町田市民ホール交差点)から森野中町大通り(あけぼの病院前)を経由して中町三丁目へショートカットする経路に変更され、運行時間の短縮と遅延改善が図られた。これに伴い、経由地表記が「あけぼの病院前・三ツ又」経由に変更されている[8]。この経路変更に伴い、途中の中町一丁目(旧・市役所前)は停留所位置の関係から成瀬台方面のみ停車し、町田バスセンター方面は通過するようになった。しかし2015年9月、町田バスセンター方面の中町一丁目が、旧市役所跡地の町田シバヒロ前(従来より南東に約200m移動)に移設された為、再び両方向停車するようになった[9]

町田BC - 町田郵便局前 - 藤の台団地・金井方面[編集]

藤の台団地バス停
  • ●町41:町田TM - 中町二丁目 - 町田郵便局前 - 菅原神社前 - 市立博物館前 - 藤の台団地
  • ●町54:町田BC - 中町二丁目 - 町田郵便局前 - 菅原神社前 - 市立博物館前 - 藤の台団地 - 木倉 - 金井 - 鶴川駅
  • ●町50:町田BC - 中町二丁目 - 町田郵便局前 - 菅原神社前 - 市立博物館前 - 藤の台団地 - 木倉 - 金井 - 鶴川駅 - 能ヶ谷二丁目 - センター前 - 鶴川団地(買物バス
これらは、町田市中部の本町田・金井地区にある大規模団地「UR藤の台団地」への路線。藤の台団地のみならず途中の区間も沿線人口が多く、町田警察署・町田郵便局・町田市民球場サン町田旭体育館・町田市立博物館などの公共施設や、旭町工業団地都立町田高校などが沿線や近隣に点在することから終日混雑が激しく、時間帯によっては積み残しや満員通過が発生することがある。
町41はかつて、朝夕に急行とあわせて概ね2 - 7分間隔、日中は9分間隔で運行されていたが、2016年5月30日と2018年5月1日に本数が大幅に見直され、2016年の改正では後述の急行(町42)が廃止されたほか、町41も日中を中心に減便となった。2018年5月現在では、平日は朝が概ね6分間隔(うち1~3本は町54)、平日夕方が概ね8 - 10分間隔、日中は終日10分間隔(うち1本ずつが町50・54)で運行される。これらの系統の中で唯一、日中に町田ターミナル乗り入れとなる。相模神奈交バスへの運行管理委託当初から2007年頃まで、町76や鶴川方面の神奈交共管・委託系統とは異なり、神奈中本体運行便・神奈交委託運行便の増減やダイヤの持ち変えが度々行われた。
町50・54は、鶴川街道を経由して金井方面へ向かう路線。2017年3月21日の経路変更で、町田駅発着から町田バスセンター発着に変更[4]されたことで、町田BCから藤の台団地まで、前述の町41と同経路で運行されるようになった。元々町54は日中数本程度の運行で、後述の廃止された町52が主力だったが、2017年10月21日と2018年5月1日にそれぞれ運行本数が見直され、経路が重複する町41の一部と藤の台団地を経由しない町52を、町54に置き換えたことで朝夕も運行されるようになった。
町50は、市内の団地住民の交流促進や買物の利便性向上のため開設された「買物バス」の1路線である。かつてはこの他にも買物バスが存在した(後述)が、現在はいずれも廃止された為、同系統が町田営業所で現存する唯一の買物バスである。鶴川駅より先は、後述の鶴11と同経路で鶴川団地まで運行され、鶴川駅 - 鶴川団地で小田急バスとの共通定期が利用できる。また、従来の支払方法は前乗り中降りの運賃前払い(目的地申告方式)だったが、2015年9月25日から後述の鶴21・鶴22とともに前乗り前降りの運賃後払い(整理券方式)に変更されていた。

町田駅発着路線[編集]

中町一丁目 - 町田駅間の狭隘区間を走る町55 (ま152)
  • ●町53:町田駅 - 町田郵便局前 - 菅原神社前 - 本町田 - 薬師池 - 国本学園前 - (旧)袋橋 - 川島入口 - 大蔵 - 鶴川駅
  • ●町55:町田駅 - 町田郵便局前 - 菅原神社前 - 本町田 - 薬師池 - 国本学園前 - (新)袋橋 - 野津田車庫
  • ●町51:町田駅 → 町田郵便局前 → 菅原神社前 → ストアー前 → 南大谷都営前 → 町田第一小学校入口 → 町田駅(本町田団地循環)
これらの路線は他とは異なり、小田急線町田駅北口、踏切そばのPOPビル前にある町田駅(旧・新原町田駅)停留所を発着する。町田駅には折返場がないため、町田郵便局前 → 中町一丁目(旧・市役所前) → 町田駅 → 中町二丁目(旧・森野三丁目) → 町田郵便局前の循環経路で運行されるが、町田駅を跨いでの乗車はできない。中町一丁目 → 町田駅間は歩行者の多い狭隘区間である。
町53・55は、鎌倉街道を経由して本町田・薬師池方面へ向かう路線。町53は(旧)袋橋を右折して芝溝街道を鶴川駅へ、町55は(新)袋橋を左折して野津田車庫へ至る。袋橋は両系統でかなり離れた停留所を使用しており、実際の分岐点は一つ手前の国本学園前となる。主力は町55で、町田駅発着路線の中では最も運行本数・利用客が多い。前述の町26と同じく一部ダイヤが出入庫を兼ねている。
町53は毎時1本程度の運行だが、前述の町50・54より遠回りのため乗車区間によっては運賃が高額になる。なお、この路線は古くに小田急バスと共同運行で新原町田駅と調布駅や、江ノ島と吉祥寺駅を結んだ路線の名残。町53+後述の鶴22の経路で運行されていた。
町51は、町田駅を出ると菅原神社・日向台交差点を右折して、養運寺 - ストアー前 - 団地南口 - 南大谷都営前を経由し、町田第一小学校入口からそのまま直進して町田駅へ至る(中町一丁目は停車しない)。なお、「本町田団地」という名称の停留所は存在せず、路線名・バスの行先案内と定期券の券面表示だけの名称である。

町田市民バス「まちっこ」[編集]

まちっこ専用のポンチョ (ま175)
かつて使用されていた町18専用車 (ま131)
  • 町18:町田BC → 町田TM → 三塚 → 原町田四丁目 → 中町一丁目 → 町田市民病院 → 森野三丁目 → 保健所入口(合同庁舎前) → 森野一丁目 → 町田市役所南口 → 町田BC (公共施設巡回ルート)
  • 町18:町田BC → 町田TM → 三塚 → 原町田四丁目 → 中町一丁目 → 町田市民病院 → 森野三丁目 → 保健所入口(合同庁舎前) → 森野一丁目 → 町田BC (公共施設巡回ルート)
  • 町28:町田TM - 原町田四丁目 - 中町一丁目 - 町田市民病院 - 忠生公園前 - 市立室内プール - 桜橋 - 常盤 - 小山小学校前 - 久保ヶ谷戸 - 相原 - 青少年センター入口 (相原ルート、途中急行運転)
町18・町28は、町田市民バス「まちっこ」として町田市が運行補助を行っている路線。コミュニティバスとは異なり、神奈川中央交通の一般系統ではあるが、町18は均一100円、町28は距離により100円~300円と、他路線(またはJR横浜線+バス)よりも安価な運賃に設定されている。
ただし、市の公共施設や相原地区のアクセス向上のための、運行補助による特殊な運賃制度であることから、PASMOSuicaなどの交通系ICカードやかなちゃん手形、環境定期券制度、一日乗車券などは使用できないが、東京都シルバーパスは利用可能。どちらも平日のみ運行される。
2012年12月より、両系統とも市民病院正門バス停脇のスロープより病院玄関前に新設されたロータリーへ乗り入れるようになり、市民病院正門のバス停は原則として通過となった。但し、停留所ポールは撤去しておらず、車長が長くロータリー内に乗り入れることができない一般の路線車両で代走する際は、これまで通り市民病院正門停留所を使用する。
町18は、市街周辺に点在する公共施設へのアクセス向上のために設定された路線。町田BCを起点とした反時計回りの片方向循環で運行される。2008年5月までは専用カラーの中型車が使用されていたが、その後オレンジ色の小型車に車両が置き換えられた[10]。乗車区間によっては、乗継券を受け取ることで町田BCを挟んだ乗車が可能。なお、2015年1月より市役所閉庁時間帯の2便を除いて、町田市役所の外周道路を周回し、市役所の南に新設された「町田市役所南口」を経由するルートに経路変更された[8]
町28は、神奈中の一般系統の中で最長距離を走行する路線(22.54km)。なお、町18とは異なり、町田TMを出ると天満宮前・三塚・原町田三丁目は経由せず、直接原町田四丁目へ向かう(町03と同じ経路)。
町田市民病院 - 久保ヶ谷戸間のみ急行運転となり、途中は忠生公園前・忠生三丁目・市立室内プール・桜橋・常盤・小山小学校前・片所・田端のみに停車する。なお、殆どの区間で渋滞の激しい町田街道を長距離走行するため、定時運行が困難な場合がある。

鶴川駅 - 岡上方面[編集]

鶴01は、鶴川駅と鶴川女子短期大学を結ぶ路線で、かつては三輪までの運行だった。全体的に狭隘路を走行するものの、大型車で運行される。鶴川女子短大から鶴08のけやき通りまでは300m程度と近い。
鶴08は鶴川緑山住宅を循環する路線。なお、鶴01・鶴08ともに起終点は町田市内ではあるものの、途中の岡上停留所が川崎市内(飛地)の為、岡上での乗降もしくは岡上を跨いで利用した場合、運賃は川崎市内運賃(210円)が適用される。

鶴川駅 - 平和台循環・真光寺公園方面[編集]

  • ●鶴10:鶴川駅 → (千都の杜中央循環) → 鶴川駅(小田急バス町田営業所と共同運行)
  • ●鶴25:鶴川駅 → (鶴川平和台循環) → 鶴川駅
  • ●鶴26:鶴川駅 - 平和台入口 - 東平 - 広袴中央 - 真光寺公園(小田急バス町田営業所と共同運行)
鶴川駅北側および鶴川団地北側にある新興住宅地への路線。鶴25のみ神奈中単独だが、元々は小田急バスも参入する予定があったのか、方向幕を準備していた。
また、鶴10の妙行寺前停留所に関して、神奈中は「妙行寺前」、小田急は「妙行寺」という名称を使用していたが、2015年12月21日から「妙行寺前」に名称が統一された。

鶴川駅 - 鶴川団地方面[編集]

  • ●鶴11:鶴川駅 - 能ヶ谷二丁目 - センター前 - 鶴川団地(小田急バス町田営業所と共同運行)
  • ●鶴13:鶴川駅 - 能ヶ谷二丁目 - 鶴川六丁目 - 鶴川団地(小田急バス町田営業所と共同運行)
鶴川駅とUR鶴川団地を結ぶ路線。以前は町50と併せて高頻度に運行されていたが、2015年11月4日ダイヤ改正で全系統が大幅減便となり、鶴12(センター前 - 鶴川団地 - 団地南循環)は小田急が担当する北回りの夜間1本のみとなり、神奈中担当便は消滅・撤退した。
運行形態はそれぞれ異なり、鶴11がセンター前経由、鶴13は鶴川六丁目経由となっている。町50を除いて運行本数の半分程度を小田急バスが担当するため、神奈中または小田急としての個々の系統の本数自体はさほど多くない。
鶴川団地の停留所・折返場は、交差点を挟んだ向かい側にある和光学園の停留所・折返場と隣接しており、下校時間帯は和光学園の学生の一部も鶴川団地発に乗車し、さらに2つ先の国士舘大学前でも学生が乗車する。そのため、運行便数が多く確保されていてもなお満員となることもあり、途中停留所での積み残しが問題視されている(和光学園までの定期券は特例で神奈中運行便のみ利用可)。
なお、鶴13は、鶴11をショートカットする経路で所要時間も数分程度短く、また乗客も比較的少ないため、鶴川駅 - 広袴を挟んで利用する場合は後発の鶴13が先に到着する場合もある。また、鶴川団地停留所に関して、神奈中は「鶴川団地」、小田急は「鶴川団地引返所」という名称を使用していたが、2015年12月21日から「鶴川団地」に名称が統一され、同時に途中の鶴川病院前停留所は「鶴川中央公園」に、鶴川第二小学校停留所は「能ヶ谷二丁目」にそれぞれ名称変更された。
この鶴11系統は、日本の路線バスで初めて深夜バスの運行を開始した路線である。1970年7月26日より、鶴川駅23時10分・23時30分の2便を設定し、運賃は通常の3倍である60円(当時)で定期券利用不可となっていた[11]。これは、運輸省が深夜時間帯のバス運行についてバス事業者へ検討を呼びかける通達を出す半年前に運行が開始された[11] という点でも特筆される。

鶴川駅 - 和光学園 - 若葉台駅方面[編集]

  • ●鶴21:鶴川駅 - 下大蔵 - 団地南 - 和光学園 - 入谷戸 - 黒川 - 下黒川 - 若葉台駅
  • ●鶴22:鶴川駅 - 下大蔵 - 団地南 - 和光学園 - 入谷戸 - 黒川 - 下黒川 - 若葉台駅 - 稲城市役所 - 矢野口駅東 - 多摩川橋 - 調布駅南口
  • ●鶴23:鶴川駅 → 下大蔵 → 団地南 → 和光学園
  • ●鶴23:鶴川駅 -(急行)- 団地南 - 和光学園
鶴川駅から若葉台駅方面へ向かう路線。鶴21は若葉台駅の一つ手前の下黒川が終点であったが、若葉台駅のバスターミナル供用開始に伴い、若葉台駅まで乗り入れるようになった。過去には朝に1便のみ入谷戸始発の鶴川駅行が運行されていた。
鶴22は休日の朝に1往復が運行される。若葉台駅に立ち寄ったあと再び鶴川街道東京都道・神奈川県道19号町田調布線)に戻り、稲城市役所・矢野口駅東・多摩川原橋を経由して調布駅南口へ向かう。高速バス・深夜急行バスを除く神奈中の一般路線で多摩川を渡る唯一の路線である。この系統が運行されるため、小田急・柿24は休日朝の矢野口・調布発着便を削減している。この系統の運行に就いた車両は、当系統の運行後に鶴川駅より柿生駅北口まで回送し、後述の柿26・27の運用に就く。
鶴23は鶴川駅と和光学園を結ぶ通学路線。平日の朝夕の登下校時間帯に運行され、基本的には土曜・休日は運行がないが和光学園の要請で臨時運行・増便されることがある。
通常の運行は、後述の鶴12と同様の経路で運行する鶴23急行(途中、消防署前・鶴川三丁目・団地南・街道口のみ停車)が中心であるが、鶴21と同経路(下大蔵経由)の各停が平日の鶴川駅8時25分発の1本のみ運転されている。和光学園13時30分発は木曜日のみ運行。
鶴21・鶴22の支払方法は、これまで前乗り中降りの運賃前払い(目的地申告方式)だったが、2015年9月25日から前述の町50とともに前乗り前降りの運賃後払い(整理券方式)に変更された。
なお、鶴川駅 - 消防署前 - 街道口で鶴12と経路重複しているが、各系統とも神奈中単独運行のため小田急バスとの鶴川団地線共通定期券は利用できない。

鶴川駅 - 野津田車庫 - 淵野辺駅方面[編集]

  • ●鶴33:鶴川駅 - 大蔵 - 川島入口 - 袋橋 - 野津田車庫
  • ●鶴33:鶴川駅 ← 大蔵 ← 川島入口 ← 袋橋 ← 野津田車庫 ← 並木
  • ●鶴37:鶴川駅 - 大蔵 - 川島入口 - 袋橋 - 野津田車庫 - 並木 - 図師 - 根岸 - 東町 - 淵野辺駅北口
  • ●鶴66:鶴川駅 - 大蔵 - 山王ガーデン - 袋橋 - 野津田車庫
  • ●淵23:淵野辺駅北口 - 東町 - 根岸 - 図師 - 並木 - 野津田車庫
鶴33は、鶴川駅発着系統の出入庫路線。比較的短距離だが経由する芝溝街道は渋滞が発生しやすく、渋滞時は通常の数倍の時間がかかることがある。2013年7月1日のダイヤ改正で、鶴66(後述)の開設と一部便の振り替えに伴い減便され、併せて「川島入口」経由と案内されるようになった。平日朝1本のみ鶴川第一小学校・鶴川中学校への通学輸送目的で、並木始発の鶴川駅行が設定されている。
鶴37は、野津田車庫より先、淵野辺駅北口まで通して運行する。平日朝1往復のみ。なお、野津田車庫 - 淵野辺駅北口間には後述の淵23が毎時1本程度運行されているほか、休日には相模原営業所担当の淵24登戸から鶴川駅・野津田車庫経由で淵野辺駅北口まで1往復運行される。
鶴66は、2013年7月1日に開設された新規路線。2000年代半ばの山王ガーデンシティ住宅地造成時より運行の協議がなされ、不動産会社側も路線開設を前提とした分譲販売を行っていたが、なかなか実現していなかった。毎時1往復程度の運行。
淵23は、淵野辺駅と忠生地域(根岸・図師)を経由し野津田車庫へ至る路線。元々は相模原の担当だったが、多摩営業所開設時に多摩へ移管された。2006年4月3日からは多摩との共管になったが、町田担当は1往復のみ。

鶴川駅 - やくし台センター方面[編集]

  • ●鶴57:鶴川駅 - 金井 - 榛名坂ヒルズ - やくし台センター
小田急不動産の分譲住宅地「森の丘」および「やくし台」への路線。金井までは町50・町54と同じ経路で進む。金井東交差点から先は終点まで新興住宅地であり、朝夕の利用客はかなり多い。鶴川発着の他の系統と同様、芝溝街道や鶴川街道の渋滞に巻き込まれてしまうと数倍の所要時間がかかる場合がある。
前身は、三井不動産の分譲住宅地「榛名坂ヒルズ」の居住者用に運行されていたシャトルバスで、榛名坂ヒルズからやくし台へ新道が延伸された後に鶴57が開設された。2011年より深夜バスを運行開始。

若葉台駅 - 柿生駅 - 市が尾駅方面[編集]

  • ●柿26:若葉台駅 - 下黒川 - 栗木 - 片平 - 柿生駅北口 - 鉄町 - 桐蔭学園入口 - 市が尾駅
  • ●柿27:若葉台駅 - 下黒川 - 栗木 - 片平 - 柿生駅北口
どちらも休日1往復のみセット(柿生→若葉台→市が尾→若葉台→柿生)で運転される。以前は鶴21系統と同様に下黒川止まりだったが、駅前ターミナル供用開始により若葉台駅乗り入れを開始した。
柿生駅北口では、同じ経路の路線(柿23・柿24)を運行する東急バスや小田急バスとは異なり折返場内には入らず、津久井道(県道3号線)上に神奈中専用の柿生駅北口停留所が設置されている。

臨時系統[編集]

野津田公園行きの直行バス
野津田公園停留所(鶴川駅行き乗り場)
2007年頃に、FC町田ゼルビア(当時JFL所属)の試合観戦用に野津田車庫 - 競技場を運行した貸切扱いでの臨時路線(100円)が前身で、シーズンごとに運賃無料化や、予約制の貸切運行化などへの移行、ゼルビアの2012年J2加入やスポーツ祭東京2013(多摩国体)の開催計画などに併せ路線バス開設が検討された後、2013年3月より乗合路線として開設された。野津田公園あるいは市立陸上競技場(野津田競技場)で、ゼルビアのホームゲーム他、各種イベントやスポーツの試合が開催される際に臨時運行される。運賃は通常の多区間制運賃(武相運賃制度・片道230円)で、途中停留所は停車しない。なお、多摩営業所と共管で、2016年からは相模原営業所も共管に加わった。
運行経路は鶴川駅から新袋橋交差点までは鶴33と同様で、新袋橋交差点から先は綾部原トンネルを通り、野津田公園へ向かう。鶴川駅では5番乗り場での乗車(降車は西口停留所もしくは鶴川駅ロータリー)となる。無料シャトル時代は、永山駅聖蹟桜ヶ丘駅多摩センター駅方面との乗り継ぎのため、五反田に停車した。なお、現在は運行されていない野津田車庫発着のシャトルバスは、野津田車庫停留所ではなく操車所内(営業所社屋横)で乗降を扱っていた。
  • 系統番号なし:町田BC - 野津田公園(町田市立陸上競技場)
2016年2月28日に新設された乗合路線。市立陸上競技場(野津田競技場)で、ゼルビアのホームゲームが開催される際に臨時運行されるが、平日が試合開催日となった場合は、ツインライナーを使用する町13の運用の関係上、この直行バスは原則運行されない。運賃は通常の多区間制運賃(武相運賃制度・片道310円)で、途中停留所は停車しない。乗車人数に限りがあるため、運行当日は町田バスセンター乗り場付近で整理券を配布し、その整理券がないと乗車はできない。
運行経路は町田バスセンターから新袋橋交差点までは町35と同様で、新袋橋交差点から先は綾部原トンネルを通り、野津田公園へ向かう。町田バスセンターでは町13と同じ4番乗り場での乗車となる。

廃止路線[編集]

町28 (ま18)
多45 (ま30)

町田系統[編集]

  • 町02:町田TM - 原町田四丁目 - 市役所前 - 市民病院正門
2006年9月11日までの町18の経路とほぼ同じだが、BCには行かずにTM発着だった。
  • 町03:町田BC - 玉川学園前駅 - 松風台
マンション建設等で玉川学園前駅まで短縮された。
  • 町11:町田BC - 境川団地
境川団地を結ぶ短距離路線。かつては頻繁に運行されていたが、並行系統が多いことから、廃止前は両方向とも平日朝のみ運行されていた。境川団地の折返場を使用する唯一の路線だったが、2016年5月30日のダイヤ改正で廃止された。
  • 町14:町田TM -(急行)- 木曽入口 - 山崎団地センター - 山崎団地
前述の町13とともに、山崎団地方面を結ぶ急行路線だったが、2016年5月30日のダイヤ改正で廃止された。2012年のツインライナー運行開始時からは、途中の境川団地も停車することとなったため、朝9時までの町田行を除いて従来の運賃前払いから後払いへ変更された。
  • 町28:町田BC - 桜美林学園
現在の町28とは別の系統。桜美林学園の学生輸送用として、「桜美林学園東」停留場付近を着終点として運行されていた。現在は淵野辺駅・多摩センター駅より桜美林学園が独自にスクールバスが運行している。
  • ●町42:町田TM -(急行)- 市立博物館前 - 藤の台団地
藤の台団地を結ぶ急行路線で、町田TM・BCと市立博物館 - 藤の台団地の各停留所のみ停車。並行系統の殆どが町田駅停留所(小田急線北口・POPビル前)の発着であり、通過区間の各停留所と町田TM・BC結ぶ系統が町41しかないため、山崎団地方面の急行に比べると運転本数は少なく、2016年5月30日のダイヤ改正で廃止された。相模神奈交バスへの運行委託路線だった。なお、町42は神奈中の社番・系統番号において欠番(忌番)としている「42」「49」のうち、唯一「42」を付番された系統番号である。神奈中では1986年に全路線へ系統番号の導入が実施されたが、既に町田営業所の路線は1970年代に東京バス協会の主導によって導入されており、その際は神奈中としての忌番が考慮されていなかった。その為、既に定着している番号の変更を避けることから例外扱いとなった。
  • 町47:町田TM - 境川団地 - 山崎団地センター - 藤の台団地 - 金井小学校入口 - ストアー前(本町田団地) - 五間道路 - 第四小学校前 - 町田TM(買物バス・右回り)
  • 町48:町田TM - 第四小学校前 - 五間道路 - ストアー前(本町田団地) - 金井小学校入口 - 藤の台団地 - 山崎団地センター - 境川団地 - 町田TM(買物バス・左回り)
買物バスとして運行された循環路線で1977年10月11日に新設された。複数の団地を結ぶことで、各団地の商店街や町田駅への買い物の利便性向上や、団地間の交流の活性化を図って設定された[12]。1992年頃は毎日運行[13] だった。しかし、90年代までには生活スタイルの変化や町田駅近隣の発展により存在意義が無くなり、また利用者も減少したため末期は休日昼のみ運転となる。その後、並行系統もあるため廃止された。
  • ●町52:町田BC - 中町二丁目 - 町田郵便局前 - 菅原神社前 - 市立博物館前 - 木倉 - 金井 - 鶴川駅
鶴川街道を経由して金井方面へ向かう路線で、先述の金井経由路線(町50・54)とは若干異なり、この系統は藤の台団地を経由せず、元々はこちらがメインで運行されていた。2017年3月21日に先述の金井経由路線と同様に町田駅発着から町田バスセンター発着に変更[4]されたことで、町52は町田BCから金井小学校入口まで先述の町41と同経路で運行されるようになった。2017年10月21日には土曜・休日の便が全て並行路線の町54に置き換えられ、2018年5月1日に平日の便も全て町54に置き換えられたことで廃止された。
  • 町98:藤の台団地 - 山崎団地センター - 上宿 - 根岸 - 市立室内プール
「町」系統で唯一、町田駅やBC・TMを全く経由しない路線。山崎・藤の台の両団地から市民プールへの輸送用路線で、運行本数は休日4本だった。時代の流れでプール行楽自体が減少したことから廃止された。

鶴川系統[編集]

  • 鶴12:鶴川駅 - 鶴川一丁目 - 鶴川団地南 - 鶴川団地
鶴川団地南は現在の団地南。鶴川団地循環の前身。
  • 鶴12:鶴川駅 → 鶴川第二小学校 - センター前 → 鶴川団地 → 団地南 → 鶴川第二小学校 - 鶴川駅(循環北廻り、小田急バス町田営業所と共同運行)
  • 鶴12:鶴川駅 → 鶴川第二小学校 - 団地南 → 鶴川団地 → センター前 → 鶴川第二小学校 - 鶴川駅(循環南廻り、小田急バス町田営業所と共同運行)
相模神奈交バスへの運行委託路線で、小田急と共同運行だった。2015年11月4日のダイヤ改正で、鶴12は小田急が担当する北廻りの夜間1本のみ(南廻りは両社とも撤退し、路線廃止)となり、神奈中は撤退した。鶴川第二小学校は現在の能ヶ谷二丁目。
  • 鶴21:入谷戸 → 真光寺 → 和光学園 → 下大蔵 → 鶴川駅
若葉台駅発は和光学園・国士舘大学の生徒で混雑し、積み残しの恐れがあるため、混雑緩和と小中学生の通学目的で平日朝1本のみ設定されていた途中始発。2008年に廃止となった。
  • 鶴23:鶴川駅 - 東平 - 和光学園
通常の鶴23とは異なり、東平から真光寺交差点を経由した路線。鶴26の新設により廃止(移行)となった。
  • 鶴30:鶴川駅 - 野津田車庫 - 日大三高入口 - 市立室内プール
  • 鶴32:鶴川駅 - 下大蔵 - 大蔵 - 五反田 - 小野路
現在の鶴32(鶴川駅 - 小野路 - 多摩センター駅)の開設以前に存在した路線。この当時の終点・小野路停留所は現在とは異なり、浅間下停留所付近に存在した。後の道路整備や多摩市落合付近の住宅造成の進展に伴い、現在の鶴32へと路線変更された後、相模原 → 多摩営業所へと移管された。
  • 鶴34:鶴川駅 - 袋橋 - 国本学園前 - 薬師池
町53の区間便で、薬師池と今井谷戸の間に存在した折返場(ゴルフ練習場付近)で転回していた。折返場廃止後は鶴川発の片方向のみ運行となった。
  • 鶴35:鶴川駅 - 五反田 - ろうあ学校
ろうあ学校は現在の「ろうわ学校」停留所。町36の区間便として運行された。
  • 鶴36:和光学園 - 下黒川
鶴21・22の区間便で、通学時間帯に運行されていた。鶴21へ吸収され廃止。

その他[編集]

元々免許維持に近い性格を持っており神奈中のみ撤退し、現在は前述の柿26(若葉台駅 - 柿生駅北口 - 市が尾駅)のみ運転となっている。なお、現在発行されている小田急・東急の共通定期券は、神奈中の柿26系統では利用できない。
  • 多25:多摩センター駅 - 南大沢団地
  • 多45:多摩センター駅 -(急行)- 大妻学院
前者は京王相模原線の南大沢駅延伸までの、後者は小田急多摩線の唐木田駅延伸までの一時的なつなぎとして開設された路線。どちらもその後の鉄道延伸開業に伴い廃止された。
  • 系統番号なし: 原町田駅 - 本町田 - 鶴川駅 - 下黒川 - 矢の口 - 調布駅
小田急バスと共同運行だった路線で、古くは吉祥寺駅 - 原町田駅 - 江ノ島を結んだ。調布方面行に限り、新原町田駅~菅原神社前間で他路線とは異なる経路(都立町田高校前の鶴川街道を経由)を走行した。末期新原町田駅(小田急駅前、現在の町田駅停留所)発着で、1970年代初頭までに廃止。現在の町53および鶴22。
  • 実験運行:町田BC - あけぼの病院前 - 五間道路 - 市民病院正門 - 木曽中原 - 木曽団地 - 第三小学校前 - 養運寺 - 金井小学校入口 - 木倉 - 金井 - 鶴川駅
この路線は、町田市が運行経費の一部を補助し一定の期間運行する実証実験路線で、主に鶴川方面から町田市民病院へのアクセス向上の名目で開設された。鶴川駅から養運寺までは町52(前述)と同一の経路を辿るが、菅原神社交差点で鎌倉街道を薬師池方面へ向かい、木曽団地東交差点から今までバス経路となっていなかった新設の「木曽団地」停留所を経て、木曽中原交差点で町田街道へ合流。市民病院正門・あけぼの病院前を経由してバスセンターに至る経路となった。運行実験時は平日1日3往復のみで、2015年1月13日から3月31日まで運行された[14]
短期間の実験運行のため系統番号が設定されなかったほか、各停留所での案内表示・時刻表も市が用意したマップ付きのお知らせ文章のみで対応していた。
  • 実験運行:町田BC - あけぼの病院前 - 五間道路 - 市民病院正門 - 木曽中原 - 木曽団地 - 第三小学校前 - 養運寺 - 金井小学校入口 - 木倉 - 金井 - 鶴川市民センター前 - 鶴川団地
前述の実験路線と同様に、町田市が運行経費の一部を補助し一定の期間運行する実証実験路線で、主に鶴川方面から町田市民病院へのアクセス向上の名目で開設された。但し、2014年度の実験路線とは一部経路が異なり、鶴川駅発着から鶴川団地発着に変更された。鶴川団地からセンター前までは鶴11(前述)と、鶴川市民センター前から金井入口までは鶴21(前述)と同一の経路を辿り、金井から町田バスセンターまでは2014年度の実験路線と同様の経路を運行した。但し、金井入口バス停は、路線によって停留所の位置が異なることから、2015年度の実験路線では町田行きが鶴川街道上の停留所に、鶴川団地行きが芝溝街道上の停留所に停車していた。運行実験時は平日1日3往復のみで、2015年11月4日から2016年2月29日まで運行された[15]
2014年度の実験路線と同様に、短期間の実験運行のため系統番号が設定されなかったほか、各停留所での案内表示・時刻表も市が用意したマップ付きのお知らせ文章のみで対応していた。

他営業所へ移管した路線[編集]

  • 町01:町田BC - 団地入口 - 鵜野森 - 相模大野駅
グリーンハイツ線の開設に合わせ相模原営業所(現在の峡の原操車所に当たる)へ移管し、系統番号を町07に変更した。その後、町07はグリーンハイツ内を廻るルートへ変更があったものの、大野側の利用が少ないことから廃止されている。団地入口は現在の鵜野森団地入口。
  • 町29:町田BC - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 桜美林学園前 - 淵野辺駅
  • 町30:町田TM - 市民病院前 - 上宿 - 根岸 - 矢部 - 橋本駅
相模原営業所(峡の原)へ移管した後、現在は多摩営業所の担当。なお、町30はそれ以前まで町田・相模原・津久井の3営業所で共管する珍しい運行体制で、その殆どを津久井が担当していた。
  • 古02:古淵駅 - 境川団地 - 山崎団地センター - 山崎団地
  • 古03:古淵駅 - 境川団地 - 山崎団地センター - 藤の台団地
町15などと同様の経路で、町田へ行かずに古淵発着とした路線。相模原営業所麻溝操車所の開設に伴い相模原(麻溝)へ移管した後、現在は多摩の担当となっている。

この他、多摩ニュータウンエリア(聖蹟桜ヶ丘駅・永山駅・多摩センター駅・京王堀之内駅・南大沢駅)を発着する全ての系統が、相模原営業所を経て多摩営業所、または直接、多摩営業所へ移管された。これら移管路線の詳細は多摩営業所を参照。

運賃の支払方法[編集]

中乗り前降り導入後の前面行先表示。中乗り路線は系統番号の下に「中乗り」と、前乗り路線は系統番号の上に「先払」と表示される。

通常は多摩営業所の対キロ路線と同じく、原則は中乗り前降りの運賃後払い方式である(一部系統を除く)。前述通り、2017年3月20日までは一部を除いて前乗り前降り(「券なし」となる起点停留所から1運賃区間に限り、中扉から乗車)だった[3][16]

但し、鶴川駅発着のうち「能ヶ谷二丁目」停留所(町50・鶴25を除く)と「岡上」停留所を経由する路線、町13の一部(始発~9時台まで山崎団地センター発に限り)は従来通り、前乗り中降りの運賃前払い方式である[3]。この乗降方式変更に伴い、町田営業所では前面の行先表示器に「中乗り」もしくは「先払」と表示されるようになった(まちっこを除く)。2017年3月20日までは町03・町51・町16のほか、町田駅・町田バスセンター到着が朝9時59分までの町田行きも、町田駅での降車時間短縮を目的に前乗り中降りの運賃前払い方式を採用していた。いずれの場合も終点では前・中扉両方から降車ができた。

車両[編集]

先行導入されたエアロスター・ノンステップ(PKG-MP35UK改)。写真の「ま6」など数台は、試験的にUVカットガラス・黒色サッシ仕様で導入された。

まちっこ用3台と町03用1台、ツインライナーを除いて、在籍車両は全て三菱ふそう製大型車に統一されている。

近年はノンステップ車およびワンステップ車が約半数ずつ平行導入されていたが、2008年度からは東京都および町田市の方針(補助金等)により、路線用の新車は原則としてノンステップ車のみ導入となった。このため、それ以前に導入されたワンステップ車は新車導入に伴う玉突きで他の営業所へ転出しており[17]、現在所属している路線車両は委託車も含めてノンステップ車で占められている。大型車については2015年3月に全車両のノンステップ車化を達成し、ワンステップ車は後述の町03用中型車1台のみとなった。大型車には、UDトラックスからのOEM供給車である三菱ふそう・エアロスター-Sも在籍する。

大型車はエアロスターK以降、本営業所ではほとんどがホイールベースM尺の車両のみ導入されていたが、1998年より順次導入されたノンステップ車は、従来の車両に比べ車体長が若干長くなることから、全てK尺が選択されている[18]。なお、現在導入されているエアロスター・ノンステップ車の定員は74名で、エアロスター・ワンステップのM尺車(定員79名)に比べて少ないことから、他の車両と比較して混雑が激しくなることがある。

2009年7月には新しいエアロスター・ノンステップが先駆けて導入されたが、これらのうち初期に導入された数台は、神奈中の一般路線車で初めてとなる緑色のUVカットガラス・三角形のつり革・LED路側灯などを試験導入した。窓のサッシも従来のエアロスターとは違い黒色で、緑色のガラスと相まって引き締まった外観となり、印象が大きく変わった。当該車両の車内ではUVカットガラスなどに関するアンケートが実施された。なお、それら初期導入車以外の車両及び多摩車は従来通りの仕様(銀色サッシ・ガラス)での導入となったが、アンケートの結果が好評だった為か、2009年9月以降に導入されたエアロスター(ワンステップも含む)には、営業所を問わず全て黒色サッシ・UVカットガラスが本格採用されている。

町18・町28(まちっこ)用の小型車は、三菱ふそう・エアロミディME(CNGノンステップ)2台と日野・ポンチョ1台の計3台が在籍。なお、エアロミディMEのうち1台は、町田市金森地区コミュニティバス(かわせみ号)の町田駅ルート開設時に購入[19] し、大和営業所へ導入したものの、その後の路線廃止[20] で余剰となっていたものを、まちっこ用の予備車として転入させたもの。

ツインライナーは、厚木営業所の連節バスと同じメルセデス・ベンツ・シターロGが導入された。但し、厚木営業所の車両とは異なり、こちらは側面窓の下が銀色の飾り帯状のアクセントとなっている。

2012年6月には、一般路線用としては十数年ぶりに三菱ふそう以外のメーカーの新車(いすゞ・エルガミオワンステップ車)が1台導入された。大型車が運行につけない町03用に1台のみ在籍していたエアロミディの代替に伴うためである。

行先方向幕[編集]

神奈川中央交通の車両前面LED行先表示器の表記は、一般的に上部に小さく経由地を表示し、その下に大きく行先が表示するレイアウトをとっている。町田営業所でもLED化当初はその一般的なレイアウトだったが、音声合成放送装置導入よりかつての「方向幕」の表示内容(左に経由地、右に行先)に出来る限り近づけたレイアウトに変更された。また、「深夜バス」「買物バス」などの表記に関しては、系統番号の枠の高さを低くした上で、系統番号枠の上に表記されている。2017年の中乗り前降り導入後は、中乗り路線では系統番号の下に「中乗り」と、前乗り路線では系統番号の上に「先払」と表記されている(まちっこ及び野津田公園直行バスを除く)

方向幕時代の前面行先表示
LED化過渡期の前面行先表示
音声合成放送装置導入による表示更新後(当営業所独自)の前面行先表示
中乗り前降り導入後の前面行先表示

その他[編集]

指定車両・機器

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神奈中グループバス会社の会社名・営業所名の変更について 2016年12月26日、神奈川中央交通(2017年1月31日閲覧)
  2. ^ 神奈中グループバス会社の会社名・営業所名の変更について(PDF形式ファイル) 2016年12月26日、神奈川中央交通(2017年1月31日閲覧)
  3. ^ a b c 3/21(火)から町田・多摩営業所管内で乗降方式を変更(一部系統除く) 2017年2月21日、神奈川中央交通(2017年3月7日閲覧)
  4. ^ a b c 町田駅周辺乗り場変更および、町田・多摩営業所管内ダイヤ改正等について(3/21実施)神奈川中央交通
  5. ^ 町田市公式サイト2009年度 都市づくり部長の「仕事目標」中間確認”. 2010年7月7日閲覧。
  6. ^ [1]
  7. ^ かつては上宿に折返場が存在したが、閉鎖の後に神奈中が当時フランチャイズとなっていたくるまやラーメン上宿店(その後、らーめん花樂上宿店を経て、現在はかつや町田忠生店)となった。
  8. ^ a b 町76 町田バスセンター~三ツ又~成瀬台経路変更等のダイヤ改正について 神奈川中央交通 2015年1月5日
  9. ^ 中町一丁目(町田市)停留所の移設について 神奈川中央交通 2015年9月17日
  10. ^ 広報まちだ 2008年5月11日号(4面)町田市
  11. ^ a b バス・ジャパン」8号「深夜バスの人気を探る」p43
  12. ^ 「神奈川中央交通六十年史」による。
  13. ^ 「小田急時刻表'92年ダイヤ改正号」によると、町田バスセンター発の便は右廻り・左廻りとも1日5回運行となっている。
  14. ^ 「町田バスセンター~鶴川駅」新しいバス路線の実証実験運行をします 町田市ホームページ 2014年12月14日
  15. ^ 鶴川団地、町田バスセンター間で新規バス路線の実証実験を行います 町田市ホームページ 2016年2月28日
  16. ^ 元々この方式は多くの営業所で採用されていたが、ほとんどの営業所が後年になって中乗り前降りの運賃後払い方式や前乗り中降りの運賃前払い方式に変更されたため、2017年3月20日まで前乗り前降り方式を採用していた営業所は当営業所と多摩営業所のみだった。
  17. ^ 但し運用数や廃車発生などの理由により、他の営業所よりワンステップ車が転入する場合もある。
  18. ^ ノンステップ車はフロントオーバーハングの都合上、ホイールベースが同じ「尺」であってもワンステップ・ツーステップ車より若干車体長が長くなるため、M尺の場合、町田駅前などに存在する狭隘路を通行できなくなる恐れがある。
  19. ^ 小田急バスが運行する玉川学園地域コミュニティバス(玉ちゃんバス)用のエアロミディMEは町田市・小田急バスの連名(共同所有)だが、神奈中は連名ではなく補助金による自社購入である。
  20. ^ 町田市では、コミュニティバスの運行の条件として、数年間の補助金投入を行っても収支面で運行経費が賄えない状態が続く(あるいは見込まれる)場合、それ以上の補助金投入は行わずに路線を廃止するとしている。