神奈川県立港南台高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神奈川県立港南台高等学校
Kanagawa prefectural konandai high school.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
設立年月日 1973年4月1日
閉校年月日 2009年3月
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制(2007年度より)
高校コード 14109H
所在地 234-0054
神奈川県横浜市港南区港南台九丁目18番1号
外部リンク 公式サイト(リンク切れ)
公式サイト(横浜栄高校サイト内)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

神奈川県立港南台高等学校(かながわけんりつ こうなんだいこうとうがっこう)は、かつて神奈川県横浜市港南区港南台九丁目にあった県立高等学校

概要[編集]

JR根岸線港南台駅から徒歩10分。旧学区制度のもとでは、横浜南部学区のうち学力的には柏陽高校に次ぐ上位校の順位にあった。青山学院大学中央大学法政大学明治学院大学等の私立中堅上位大学や、神奈川大学等の地元の大学への進学が多かった。2008年度より明治学院大学との連携による講座を開始した。

廃校後2年間は使用されていなかったが、2011年度より(当初は2012年度より)校舎建て替えをする神奈川県立横浜立野高等学校の全機能をこの校舎に移し、2013年度まで使用した。(この計画では本牧にある現校舎や新校舎のことを「本牧間門校舎」、旧港南台高校のことを「港南台校舎」と呼んでいる)。2015年度からは神奈川県立横浜明朋高等学校がこの校舎を使用し、開校することとなった。

再編統合[編集]

2009年4月より、神奈川県立上郷高等学校と併合し単位制普通科高校・神奈川県立横浜栄高等学校となった。以下、統合までの経過。

  • 2007年度入学生より制服が変更され、新校[1]のものになった。また、4クラス30人学級となった。
  • 2007年度より時限が7時限45分授業となった。
  • 2008年、新校の校名は「県立高校校名検討懇話会」で検討され、神奈川県立横浜栄高等学校と決定した。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時は校名が決まっていなかった。

関連項目[編集]