神奈川県立生田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神奈川県立生田高等学校
Ikuta highschool.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
学区 全県一学区
設立年月日 1969年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 14136E
所在地 214-0035
神奈川県川崎市多摩区長沢3-17-1
北緯35度35分56.5秒東経139度32分26.3秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

神奈川県立生田高等学校(かながわけんりつ いくたこうとうがっこう)は、神奈川県川崎市多摩区に所在する公立高等学校

概観[編集]

生田高校全体[編集]

1969年(昭和44年)開校。学舎は、多摩丘陵の一角に位置し、豊かな自然環境に恵まれている。 28年度まで、全日制普通科自然科学コースが設けられていたが、現在は廃止されている。 周辺には、生田緑地、川崎北部市場がある。 近隣に、県立百合ヶ丘高校がある。 最寄り駅は、小田急線生田駅、または、南武線溝の口駅。

校風[編集]

「自由と規律」は、生田高校の創立の精神であり、初代校長により掲げられた。以来、校風は、脈々と受け継がれるこの精神に倣っている。

教育[編集]

教育方針[編集]

1.心身ともに健康で、個性の伸長に努力する人間を育成する。
2.真理を愛し、自主性に富み、文化の創造に寄与する人間を育成する。
3.責任を重んじ、相互に尊重しあって、民主的な社会の発展に協力する人間を育成する。

その他[編集]

神奈川県教育委員会より、「ICT利活用教育推進モデル校」・「ICT利活用教育推進スーパースクール」に指定されており、 タブレットやプロジェクターなどが導入され、最先端のICT教育を推進している。

明治大学と高大連携プログラムを行っており、同大学理工学部や農学部の特別プログラムを、主に1年生の時に受けている。[1]

英語教育を重視し、各学年で英語5単位(コミュニケーション英語3単位,英語表現2単位)が必修となっている。また2・3年の文系選択者は更に、英語2単位(2年:英語探究,3年:英語語法)を受講する。

沿革[編集]

  • 1969年 - 学園紛争中の神奈川県立川崎高等学校の一部を仮校舎として開校、紛争に参加することなく通常の授業を行なう。(第1学年4クラス編成)
  • 1970年 - 川崎高校内仮校舎より生田新校舎へ移転(第1学年8クラス編成)、本館(A棟)完成
  • 1971年 - B棟、体育館、柔剣道場、プール完成、校歌制定
  • 1973年 - 5周年記念式典挙行、部室完成
  • 1975年 - C棟完成
  • 1979年 - 10周年記念式典挙行、食堂完成(10周年記念事業実行委員会による)
  • 1989年 - 20周年記念式典挙行
  • 1994年 - 校舎リフレッシュ工事完了
  • 1998年 - 自然科学コース設置
  • 1999年 - 30周年記念式典挙行
  • 2009年 - 40周年記念式典挙行
  • 2017年 - 自然科学コースの生徒募集を停止し、コース制を廃止
  • 2019年 - A棟耐震化及び老朽化対策工事完了、制服デザイン変更

基礎情報[編集]

所在地[編集]

神奈川県川崎市多摩区長沢3丁目17番1号

象徴[編集]

創立の精神『自由と規律』[編集]

自由とは放縦のことではない。
学校という社会の中で他人の自由を大切にし、共に生きることである。
そこには規律がある。
それは外から与えられるものではなく、自らを律するものである。(初代校長)

校章[編集]

校章のいわれ
中央に清楚・純潔をあらわす県の花”やまゆり”の白い花をおき、これを左右からいただくが如く、たくましい成長力をもつ県の木”いちょう”の葉を配した。
全体の形は生田の「い」を表し、左右の葉は、本校創立の精神「自由と規律」を表現する。

生徒手帳より引用した。

校歌[編集]

「校歌」 作詞︰村野四郎、作曲︰服部正

作曲家、服部正によって作曲された。原譜は消失しているが、本人の保管袋からコピーが見つかっている。発想標語は日本語で、「明るくさわやかに」。 グリークラブ 吹奏楽部により編曲された、混声四部合唱、吹奏楽アレンジがそれぞれある。 歌詞では、「いちょう」と「自由と規律」が歌われている。

制服[編集]

制服は1969年の創立時よりスーツタイプが着用されている。スーツタイプの採用は県立港北高校と並び、県内公立高では最初となるものである。平成31年度より制服のデザインが男女ともに変更される。

その他[編集]

「いちょう」は、校門脇から敷地奥にかけて、開校時から植えられており、秋頃には木の葉が鮮やかに色づき美しく、生徒に親しまれている。9月に開催される、文化祭は「銀杏(ぎんなん)祭」と呼ばれる。

クラスの呼び方が特徴的で、教職員・生徒は「◯年×組」ではなく、「◯×R」と読み書きする。例えば、いわゆる「1年1組」は「11R」と呼ばれ、"R"の呼び方は「ルーム」が一般的である。なお生徒間及び教員間ではRを省略して11Rのことを「11」などと呼ぶことが多々ある。なお、1年10組は「110R」となる。

施設[編集]

4万平方メートルの広大な校地が特徴的である。

一般的な公立高校の設備の他、ビオトープを有し、自然科学コース、科学部が管理、研究を行っている。

10周年記念事業実行委員会が県に寄付された食堂棟は、現在は諸事情により営業されていない。

校内全域に生徒用のWi-Fi環境が整備されている。

年間行事[編集]

  • 5月 - 1・2年校外学習,1学期中間考査
  • 6月 - 体育祭
    クラスに関係なく、星座別に火・水・地・風の4つの“宮”を組織し、宮対抗で運動競技・ダンスの成果を競う。
  • 7月 - 1学期期末考査
    球技大会・百生戦
    ※百生戦(ひゃくせいせん)は、近くにある百合丘高校と対抗の球技大会。両校の球技大会を勝ち抜いたクラスが、代表で試合をする。(慶早戦と違い、「生百戦」という言い方はしない。生田高校側でも「百生戦」と呼ぶ)
  • 9月 - 銀杏祭
    各クラスが模擬店を出したり、映画・演劇の発表を行ったりし、文化部の発表や運動部の招待試合等が行われる。
    クラスの出し物については、来場者の投票による「銀杏大賞」と校長による「校長賞」が、それぞれ1クラスに贈られる。
    また、「生田饅頭」がこの銀杏祭でのみ、生徒会執行部により販売されている。
  • 10月 - 修学旅行,2学期中間考査
  • 11月 - 芸術鑑賞教室
  • 12月 - 2学期期末考査
  • 1月 - 3年卒業試験
  • 3月 - 1・2学年末考査
    球技大会(7月とは違い、3年は参加せず、百生戦にも関連しない)

部活動[編集]

運動部
  • 剣道部
  • サッカー部
  • 水泳部
  • テニス部
  • ソフトテニス部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • バレーボール部
  • ラグビー部
  • 陸上競技部
  • ワンダーフォーゲル部
  • 硬式野球部
  • ソフトボール部
  • ハンドボール部
  • ダンス部
文化部
  • 軽音楽部
  • グリークラブ
  • 科学部
  • 美術部
  • 吹奏楽部
  • 漫画研究部
  • 文芸部
  • 茶道部
  • 写真部
  • 放送部
  • IGC(Ikuta Global Communication)
  • パソコン研究部

旧学区時代[編集]

2005年度からの学区撤廃以前は、生田高校は川崎北部学区に属していた。また、学区内において多摩高校に次ぐ進学校であった。

交通[編集]

  • 東急大井町線JR南武線溝の口駅から
    • 川崎市交通局 溝口駅南口1番乗り場 溝16系統 鷲ヶ峰営業所前行き 「鷲ヶ峰営業所前」下車
      ※溝16系統 聖マリアンナ医科大学前行きは生田高校にアクセスできないので注意が必要
    • 川崎市交通局 溝口駅南口2番乗り場 溝18系統 鷲ヶ峰営業所前行き 「鷲ヶ峰営業所前」下車
    • 川崎市交通局 溝口駅南口2番乗り場 溝18系統 聖マリアンナ医科大学前行き 「鷲ヶ峰営業所前」・「生田高校前」下車
  • 東急田園都市線宮前平駅から
    • 川崎市交通局 宮前平駅1番乗り場 生01系統 生田駅行き 「生田高校前」下車
    • 川崎市交通局 宮前平駅1番乗り場 宮03系統 鷲ヶ峰営業所前行き 「鷲ヶ峰営業所前」下車
    • 川崎市交通局 宮前平駅1番乗り場 宮04系統 鷲ヶ峰営業所前行き 「鷲ヶ峰営業所前」下車
    • 川崎市交通局 宮前平駅4番乗り場 生01系統 生田駅行き 「生田高校前」下車
    • 川崎市交通局 宮前平駅4番乗り場 宮03系統 鷲ヶ峰営業所前行き 「鷲ヶ峰営業所前」下車
    • 川崎市交通局 宮前平駅4乗り場 宮04系統 鷲ヶ峰営業所前行き 「鷲ヶ峰営業所前」下車
  • 小田急線生田駅から
    • 川崎市交通局 生田駅(南口)2番乗り場 生01系統 宮前平駅行き 「生田高校前」下車
    • 川崎市交通局 生田駅(南口)2番乗り場 生01系統 宮前区役所前行き 「生田高校前」下車
    • 川崎市交通局 生田駅(南口)2番乗り場 生01 鷲ヶ峰営業所前行き 「生田高校前」・「鷲ヶ峰営業所前」下車
    • 川崎市交通局 生田駅(南口)2番乗り場 生02 鷲ヶ峰営業所前行き 「生田高校前」・「鷲ヶ峰営業所前」下車
    • 川崎市交通局 生田駅(南口)1番乗り場 生03 鷲ヶ峰営業所前行き 「鷲ヶ峰営業所前」下車
    • 川崎市交通局 生田駅(南口)1番乗り場 生03 聖マリアンナ医科大学前行き 「生田高校前」下車
  • 小田急線百合ヶ丘駅から
    • 小田急バス 百合ヶ丘駅(南口)2番乗り場 百02系統 聖マリアンナ医科大学行き「生田高校前」下車
  • 小田急線新百合ヶ丘駅から
    • 小田急バス 新百合ヶ丘駅 7番乗り場 新17系統 聖マリアンナ医科大学行き「生田高校前」下車

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神奈川県立生田高等学校2010学校案内[1](PDF)(2010年11月8日閲覧)

関連項目[編集]