神奈川県道701号大山秦野線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
神奈川県道701号標識
神奈川県道701号大山秦野線
起点 神奈川県伊勢原市大山
終点 神奈川県秦野市寺山
接続する
主な道路
(記法)
神奈川県道611号大山板戸線
神奈川県道70号秦野清川線
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

神奈川県道701号大山秦野線(かながわけんどう701ごう おおやまはだのせん)は神奈川県伊勢原市大山から秦野市寺山を結ぶ4.9kmの県道である。

概要[編集]

伊勢原市大山の霞橋(地図)から山間部に入り、NTTなどの無線中継所のある浅間山の尾根を越え(地図)、秦野市寺山(地図)にいたる。秦野市側では丹沢山塊の東部幹線ルートとして、また新東名高速道路の工事車両の進入路として利用されることを想定し、終点から720mの整備計画を進めている。終点付近を除けばほとんど舗装されていないばかりか、乗用車が通れるだけの幅もない。

そのため現在では通行する人はほとんどないが、歴史を振り返れば、江戸時代以来の由緒ある大山道のひとつである。昭和初期まではによる荷物輸送も行われていたと記録されている。県道指定を受けた往時(大正時代には既に指定されている)を考えれば、決して整備の遅れた道ではなかったのである。

路線データ[編集]

地理[編集]

交差する道路[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度24分1.5秒 東経139度14分13秒 / 北緯35.400417度 東経139.23694度 / 35.400417; 139.23694