神奈川県道731号矢倉沢仙石原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
神奈川県道731号標識
神奈川県道731号矢倉沢仙石原線
路線延長 6.1 km
制定年 1946年
開通年 未調査
起点 神奈川県南足柄市矢倉沢
終点 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
接続する
主な道路
(記法)
神奈川県道78号御殿場大井線
Japanese National Route Sign 0138.svg国道138号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
足柄峠から金時山へ伸びる神奈川県道731号矢倉沢仙石原線
舗装区間は短く、ほとんどがダート道である
金時山の山頂近くではこのような登山道となる

神奈川県道731号矢倉沢仙石原線(かながわけんどう731ごう やぐらざわせんごくはらせん)は、神奈川県南足柄市足柄下郡箱根町を結ぶ一般県道。神奈川県道の最高標高地点(金時山頂上:標高1,212.5m)を通る。通称、南箱道路(なんぱこどうろ[1][2]

概要[編集]

足柄峠から神奈川県・静岡県の県境の尾根をたどって南下するルートで、途中から金時山への登山道に変わる。全体が林道または登山道のような道であり、一般車が仙石原方面へ抜けることは出来ない。

なお現在、県道の事実上のバイパスとして「南足柄市と箱根町を連絡する道路」が事業中となっており、2020年令和2年)春に開通する予定となっていたが[3]令和元年東日本台風(台風19号)で山腹崩壊などの被害を受けており[4]、開通時期が未定となっている。

この道路のルート検討にあたっては現道を拡幅するルートや、神奈川県道723号関本小涌谷線を通るルートなども検討されたが、最終的に近隣にある林道を改良するルートとなった。道幅は5mほどであり、路線バス乗合タクシー等の開設は予定されていない[1]

通過する自治体[編集]

交差・接続する道路[編集]

周辺の地理・施設[編集]

沿革[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “「南箱道路」開通まで2年”. タウンニュース社. (2018年3月2日). https://www.townnews.co.jp/0607/2018/03/02/422088.html 2019年10月25日閲覧。 
  2. ^ “県西土木 南箱道路で舗装工など4件発注へ”. 建通新聞. (2019年8月6日). https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/190805400068.html 2019年10月25日閲覧。 
  3. ^ 南足柄市と箱根町を連絡する道路の愛称募集 - 神奈川県、2019年8月22日、2019年8月24日閲覧。
  4. ^ “整備中の「南箱道路」、台風被害甚大 開通予定ずれ込みか”. 神奈川新聞カナロコ. (2019年10月24日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-204194.html 2019年10月25日閲覧。 
  5. ^ 同日、神奈川県告示第54号
  6. ^ 同日、神奈川県告示第176号

関連項目[編集]

座標: 北緯35度18分39.4秒 東経139度0分36.9秒 / 北緯35.310944度 東経139.010250度 / 35.310944; 139.010250