神奈川 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神奈川
—  町丁  —
神奈川台場跡の碑
神奈川の位置(横浜市内)
神奈川
神奈川
神奈川の位置(神奈川県内)
神奈川
神奈川
神奈川の位置
座標: 北緯35度28分16.48秒 東経139度38分2.24秒 / 北緯35.4712444度 東経139.6339556度 / 35.4712444; 139.6339556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
神奈川区
面積[1]
 - 計 0.182km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 1,805人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 221-0045[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

神奈川(かながわ)は神奈川県横浜市神奈川区町名[5]。現行行政地名は神奈川一丁目及び神奈川二丁目。住居表示は未実施である[6]郵便番号は221-0045[3]

地理[編集]

神奈川区中南部に位置し、北西は神奈川本町、南は滝の川を挟み栄町、東は入江川を挟み星野町に接する。海に近い南東側が一丁目、内陸寄りの北西側が二丁目となり、二丁目には国道15号(第一京浜)と、その上に首都高速神奈川1号横羽線の高架橋が通る。国道沿いには神奈川警察署がある。[5]。一丁目南東部を貨物専用のJR高島線が通り、東高島駅の一部が町域にかかる。線路沿いには1860年に完成した神奈川台場の跡が残る。この付近はかつては漁師町であり、伏見大漁稲荷神社がある[7]京浜急行には神奈川の名を冠した神奈川駅があるが、所在地は青木町となる。町内には旅客営業をしている鉄道はなく、近隣の京浜急行神奈川駅および仲木戸駅JR京浜東北線横浜線東神奈川駅が最寄りとなる。神奈川警察署前バス停には横浜駅生麦とを結ぶ横浜市営バスが運行されているが本数は少ない[8]

面積[編集]

面積は以下の通りである[1]

丁目 面積(km2
神奈川一丁目 0.084
神奈川二丁目 0.098
0.182

歴史[編集]

1889年明治22年)4月1日に、神奈川宿を形成した神奈川町(旧)、青木町と芝生村が合併して橘樹郡神奈川町が成立。旧町村はそれぞれ神奈川町の大字となる。1891年の神奈川町大字神奈川の世帯数は1700、人口は男性3709人、女性3736人であった。1901年4月1日に橘樹郡神奈川町は横浜市に編入され、さらに1927年(昭和2年)4月1日には区制施行により横浜市神奈川区神奈川町となる。1932年には神奈川通・栗田谷・六角橋町・浜町・棉花町・亀住町・浦島丘・立町・稲荷町・東神奈川町・御殿町・神明町・飯田町・二ツ谷町・西神奈川町・富家町・鳥越・白楽・平川町・二本榎・斎藤分町・中丸・星野町が新設され、神奈川町の町名は消滅した。1976年1月18日に飯田町[9]・神奈川通[10]・御殿町[11]・東神奈川町[12]・浜町[13]の各一部から神奈川二丁目を新設。次いで1978年2月5日に浜町[13]の各一部と棉花町[14]から神奈川一丁目が新設された[15][6][7]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
神奈川一丁目 346世帯 604人
神奈川二丁目 796世帯 1,201人
1,142世帯 1,805人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[16]

丁目 番地 小学校 中学校
神奈川一丁目 全域 横浜市立幸ケ谷小学校 横浜市立栗田谷中学校
神奈川二丁目 全域

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p966
  6. ^ a b 神奈川区の町名一覧 (PDF)”. 横浜市市民局 (2016年10月17日). 2017年3月5日閲覧。
  7. ^ a b 神奈川区の神奈川には何がある?はま旅Vol. 71「神奈川」編”. はまれぽ.com (2012年8月10日). 2017年3月6日閲覧。
  8. ^ 神奈川警察署前 時刻表”. 横浜市交通局 (2016年4月1日). 2017年3月8日閲覧。
  9. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p95
  10. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p254
  11. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p382
  12. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p734
  13. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p722
  14. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p872
  15. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p252-253
  16. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年6月8日
  • 横浜市市民局総務部住居表示課 『横浜の町名』、1996年12月
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』 昭文社2016年、第6版、12頁。ISBN 978-4-398-62683-7。