神子柴系石器群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神子柴系石器群(みこしばけいせっきぐん)は、後期旧石器時代に列島に現れた大型の磨製石斧と石槍を特徴とする石器群をいう。これらの石器群を最初に発見した長野県の神子柴遺跡に由来し、または神子柴文化とも呼称されている。

概要[編集]

この石器群は、シベリアアムール川流域から沿海州に起源をもつといわれ、北のルートを渡ってきた。その時期は、日本列島が完全に大陸から離れて島国となる直前、約1万3000年前のことである。

この石器群の内容は、大型で丸鑿の形をした片刃の磨製石斧と大型で木の葉形をした槍先形尖頭器、さらに、石刃を素材とするスクレイパーと彫刻刀形石器であり、そのほかに植刃(しょくじん)、断面が三角形の錐、半月系の石器、有茎尖頭器、矢柄研磨機、、石鏃などを伴う。

この石器群の代表的遺跡に長野県神子柴遺跡、長野県唐沢B遺跡、青森県長者久保遺跡がある。

この石器群で土器が見つかっていない場合と青森県大平山元(おおだいやまもと)I遺跡、神奈川県上野(かみの)遺跡第一地点第Ⅱ文化層、茨城県後野(うしろの)遺跡A地区のように無文土器を伴う場合とがある。

そして、この石器群・文化は、北海道から東北日本を経て急速に南下し、中部日本を中心に独自の文化として発達し、九州までにも拡がっている。

参考文献[編集]

  • 『縄文文化』勅使河原彰 新日本新書488 1998年6月 ISBN 4-406-02593-6

関連項目[編集]