神宗 (高麗王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神宗 王晫
高麗
第20代国王
王朝 高麗
在位期間 1197年11月4日 - 1204年2月7日
姓・諱 王晫(初名:旼)
諡号 敬恭靖孝大王
廟号 神宗
生年 皇統4年7月11日
1144年8月11日
没年 泰和4年1月13日
1204年2月15日
仁宗
恭睿太后
后妃 宣靖王后

神宗(しんそう、1144年8月11日 - 1204年2月15日)は第20代高麗王(在位 1197年 - 1204年)。姓は王、、初名は諡号は敬恭靖孝大王。仁宗の第5子。妃は江陵公金温の娘・宣靖太后。第34代で最後の王である恭譲王は、神宗の次男の襄陽公・王恕の6代あとの子孫にあたる。

略年表[編集]

家族[編集]

后妃[編集]

  • 宣靖王后 金氏(毅宗妃荘敬王后金氏と明宗妃光靖太后金氏の妹)

子女[編集]

  • 熙宗
  • 襄陽公 王恕
  • 孝懐公主
  • 敬寧宮主