神定法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

神定法とは、特に聖書によって啓示されたを示す。有名なものには、モーセの十戒などがある。また聖書の創世記二章17節に「善悪知るの木の果を取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう。」とあるので、キリスト教徒は、その神の戒めを犯したことが罪の根(原罪)となったということを漠然と信じてきた[要出典]

執筆の途中です この項目「神定法」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています(P:キリスト教/PJ:キリスト教)。