神山鳳陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

神山鳳陽(ごうやま ほうよう、文政8年(1824年) - 明治22年(1889年))は、明治時代に活躍した書家漢詩人である。

は述、を為徳・古翁、は鳳陽のほかに、三野々史・三野老人・至明。通称四郎。美濃の人。

略伝[編集]

美濃に生まれ京都に移り、私塾を開き文人墨客と盛んに交流した。経学に詳しく・書に巧みだった。明治2年(1869年)、西園寺公望が開いた私塾立命館に招かれ、江馬天江谷口藹山広瀬青邨、松本古堂、富岡鉄斎らとともに講師となった。その後、鳩居堂の熊谷直孝の肝いりで創立された上京第30組小学校(現在の京都市立柳池中学校)の教官となっている。

『明治三十八家絶句』(明治4年)・『皇朝百家絶句』(明治18年)にその詩が収録されている。また古法帖展観会には「曹全碑」・「集王聖教序」を出品している。

著書[編集]

  • 『鳳陽遺稿』
  • 『鳳陽遺印譜二巻』

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 成田山書道美術館監修『近代文人のいとなみ』淡交社、2006年
  • 須羽源一「河井荃廬翁のおいたちとその学問」『日本の篆刻』中田勇次郎編、二玄社、1966年