神崎繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神崎 繁(かんざき しげる、1952年11月29日 - 2016年10月20日[1])は、日本の哲学者

略歴[編集]

兵庫県姫路市生まれ。東北大学文学部哲学科卒業、東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。茨城大学助教授、東北大学助教授、東京都立大学教授、首都大学東京教授、専修大学教授を歴任。

古代ギリシア哲学を専門とするが、アウグスティヌスルネサンス思想についての著述も行っている。また清水哲郎らとともに雑誌 『Didascalia』 の発行を行った。

著書[編集]

  • プラトンと反遠近法』(新書館、1999年)
  • ニーチェ: どうして同情してはいけないのか』(日本放送出版協会、シリーズ・哲学のエッセンス 2002年)
  • フーコー: 他のように考え、そして生きるために』(日本放送出版協会、シリーズ・哲学のエッセンス 2006年)
  • 『魂(アニマ)への態度: 古代から現代まで』(岩波書店、双書哲学塾 2008年)ISBN 4000281623
  • 『内乱の政治哲学 忘却と制圧』(講談社、2017年)

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ジルベール・ロメイエ=デルベ『ソフィスト列伝』小野木芳伸共訳 白水社(文庫クセジュ) 2003
  • ジョン・マクダウェル『心と世界』河田健太郎・荒畑靖宏・村井忠康共訳 勁草書房 2012
  • 『アリストテレス全集 15 ニコマコス倫理学』岩波書店 2014

脚注[編集]

  1. ^ “【訃報】神崎繁氏=専修大教授”. 読売新聞. (2016年10月22日). http://www.yomiuri.co.jp/obit/20161022-OYT1T50087.html 2016年10月22日閲覧。