神川信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神川 信彦(かみかわ のぶひこ、1924年(大正13年)8月15日 - 2004年(平成16年)9月3日)は、日本の政治学者

神川彦松の長男として三重県に生まれる。弟に神川正彦。1947年東京帝国大学法学部政治学科卒業。1951年東京都立大学講師、1952年助教授、1962年法経学部教授。1969年法学部長。1988年定年退官、名誉教授。1967年『グラッドストン』で毎日出版文化賞受賞。2001年秋、勲三等旭日中綬章受勲。妻は高橋重威の長女。

著書[編集]

  • 『グラッドストン 政治における使命感』 潮新書(上下)、1967/新版・吉田書店、2011。解説君塚直隆

翻訳[編集]

  • フリードマン『国際政治入門』 みすず書房、1954
  • A.シュトゥルムタール『ヨーロッパ労働運動の悲劇 1918-1939年』 神谷不二共訳 岩波現代叢書、1958
  • K.コーリー『軍隊と革命の技術』 池田清共訳 岩波現代叢書、1961

参考[編集]

  • 『人事興信録』1995年
  • 読売新聞叙勲記事、訃報