神戸アスリートタウン構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

神戸アスリートタウン構想は、神戸市が中心となって運営する特定非営利活動法人の「神戸アスリートタウンクラブ」が行う、総合的なスポーツレクリエーション活動プロジェクトの名称である。

神戸市民が自分自身の健康、身体のことを知り、自らの健康・体力づくりを進め、オリンピックなどの世界規模の大会やプロを目指す選手はもとより、コミュニティースポーツとして市民が幅広くスポーツへの関心を持ってもらうとともに、神戸市に本拠地を置くスポーツクラブ間の交流とファン層の拡大を目指すことを念頭においている。

神戸市に本拠地を置く主なスポーツクラブ[編集]

過去[編集]

関連のイベント[編集]

  • オリックス・バファローズ(当時オリックス・ブルーウェーブ)と、ヴィッセル神戸がそれぞれ神戸総合運動公園(オリックスはグリーンスタジアム神戸(→Yahoo! BBスタジアム→スカイマークスタジアム、現:ほっともっとフィールド神戸)、ヴィッセルはユニバー競技場)を本拠地としていた時代、同じ日に開催される主催ホームゲームにおいて、チケットを共有するキャンペーンがあった。

関連項[編集]