神戸ファッションプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
神戸ファッションプラザ
Kobe Fashion Plaza
サン広場から神戸ファッション美術館に接続するエスカレーター
サン広場から神戸ファッション美術館に接続するエスカレーター
情報
用途 店舗美術館ホールホテル駐車場
設計者 大成建設昭和設計
施工 大成建設
管理運営 株式会社神戸ファッションプラザ
敷地面積 15,963 m²
建築面積 12,873 m²
延床面積 91,502 m²
階数 地上19階地下2階 塔屋1階
高さ 81.01 m
駐車台数 530台
着工 1993年平成5年)8月
竣工 1997年平成9年)3月
所在地 658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
座標 北緯34度41分17.7秒 東経135度16分14.5秒 / 北緯34.688250度 東経135.270694度 / 34.688250; 135.270694座標: 北緯34度41分17.7秒 東経135度16分14.5秒 / 北緯34.688250度 東経135.270694度 / 34.688250; 135.270694
テンプレートを表示
神戸ファッションプラザ・リンク
Kobe Fashion Plaza Rink
Kobe fashion plaza01.jpg
サン広場に面するRink
店舗概要
座標 北緯34度41分17.7秒 東経135度16分14.5秒 / 北緯34.688250度 東経135.270694度 / 34.688250; 135.270694
開業日 1997年平成9年)3月20日
閉業日 2018年(平成30年)7月3日
商業施設面積 15,799m²
店舗数 0
最寄駅 神戸新交通六甲アイランド線アイランドセンター駅
最寄IC 阪神高速5号湾岸線六甲アイランド北出入口
外部リンク www.kfp.co.jp
テンプレートを表示

神戸ファッションプラザ(こうべファッションプラザ)は兵庫県神戸市東灘区六甲アイランドにある、ホテル美術館、商業ビルで構成される複合商業施設の総称、ならびにこれの管理を行う企業(株式会社神戸ファッションプラザ)である。1997年に「神戸ローザンヌホテル」、「神戸ファッション美術館」、シネマコンプレックス「MOVIX 六甲」、専門店街「Rink」を擁してオープンした。直径50 m、高さ40 mの吹き抜けの「サン広場」を中心に各施設が連結する。

なお、六甲ライナーを挟んだ対面に「神戸ファッションマート」があるが、両者は互いにまったく関係ない。

施設[編集]

  • 神戸ファッション美術館(地上4階)
    • オルビスホール
  • ホテルプラザ神戸(地上3・11 - 18階) (旧神戸ローザンヌホテル)
    • ガーデンチャペル

Rink(地上10階)[編集]

開業当初は、ファッション・雑貨・インテリア・レストラン・シネマコンプレックスを中心とする85テナント以上からなる生活提案型専門店街であったが、その後閉店が相次ぎ、2012年9月に3Fの一部と4F-9Fが閉鎖。2015年3月に3Fで唯一営業を継続していた二楽園神戸ファッションプラザ店が閉店。2018年3月に2Fで唯一営業していたアルカスーパードラッグが閉店した。2F、3Fは店舗撤退後も2Fはトイレ、3Fはサン広場へ出る通路として使用されていた。そして2018年7月に1Fで唯一営業を継続していたパントリー六甲アイランド店が撤退した。

同年11月には商業棟が公売にかけられていたことが明らかとなった(締切前に中止)[1][2]

2019年11月には産業廃棄物処理会社の大栄環境が商業棟を取得したことを発表し、六甲アイランド内で分散していた拠点を集約。空き区画にスーパー、ドラッグストア、飲食店などのテナントを誘致する方針を示した[3]。2020年9月、大栄環境が6F、7Fに事務所を移転した[4]

以下はRinkの現在の店舗の一覧である。

店舗・企業
1F -
2F -
3F
  • 神戸市こべっこあそびひろば(東部) - 2021年開園予定[5]
  • 保育園 - 2021年4月1日開園予定[6]
4F -
5F -
6F 
  • 大栄環境(企業) - 2020年9月7日より開業[4]
  • 総合農林(企業) - 2020年9月7日より開業[4]
  • クリエイトナビ(企業) - 2020年9月7日より開業[4]
7F
8F -
9F -

以下はRinkの過去のフロア構成の一覧である。

以前のフロア名  以前の閉鎖時期
1F 食料品のフロア  2018年7月
2F ワイン・ドラッグ・書籍・文具のフロア 2018年7月
3F レディースファッションのフロア  2012年9月(大半)
4F カジュアルファッションと雑貨のフロア  2012年9月
5F リビングファッションと雑貨のフロア  2012年
6F キッズファッションとアミューズメントのフロア  2012年
7F 家具アウトレットのフロア  2011年
8F レストランのフロア  2012年
9F シネマのフロア  2011年
Rink1F(パントリー)出入口(2017年5月撮影)

シネウェーブ六甲[編集]

2010年7月3日、MOVIX六甲跡地が「シネウェーブ六甲」として再オープン。2011年11月30日に閉館した。

前身のシネコン(MOVIX六甲)閉館後、「地域に賑わいが必要」などとして、シネコン再開を求めるメールや投書が相次ぎ(約50 - 100件以上)、また神戸ファッションプラザのテナントや周辺の店舗からも、再開を熱望されていた。実際、神戸ファッションプラザに約50あるテナントの集客も約1割減少していた事から、地域の声に後押しされる形で神戸ファッションプラザ自らが、再開を決定した[7][8]

この為、再オープンに関しては、神戸ファッションプラザ自体が経営母体となり、オーエスに番組編成業務を、オーエス子会社のOSシネブラザーズに運営業務を委託する形をとっている[9]

MOVIX六甲からの主な改善点(公式発表分)[編集]

  • 全スクリーンを「ホワイトスクリーン」から「パールスクリーン」に張り替え、「ホワイトスクリーン」比140%の輝度を確保。
  • コンセッション(売店)を改装。250円で数種類のドリンクがお替わり自由(フリードリンク)に。
  • トイレに温水便座と、各個室に呼び出し装置を設置。
  • 現金支払いのみから、クレジットカードでの支払いも可能に(2010年8月より)。
  • デジタル3Dシステムの導入(2010年秋より)。

座席数[編集]

  • スクリーン1 - 222席(車椅子専用 2席)
  • スクリーン2 - 222席(車椅子専用 2席)
  • スクリーン3 - 166席(車椅子専用 2席)
  • スクリーン4 - 166席(車椅子専用 2席)
  • スクリーン5 - 340席(車椅子専用 2席)
  • スクリーン6 - 158席(車椅子専用 2席)
  • スクリーン7 - 158席(車椅子専用 2席)

MOVIX六甲[編集]

MOVIX六甲
MOVIX Rokkou
情報
正式名称 MOVIX六甲
完成 1997年
開館 1997年3月20日
閉館 2010年1月31日
収容人員 (7スクリーン)1,419人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTSSDDS
用途 映画上映
運営 株式会社松竹マルチプレックスシアターズ
所在地 兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
神戸ファッションプラザ9階
位置 北緯34度41分18秒 東経135度16分14.3秒 / 北緯34.68833度 東経135.270639度 / 34.68833; 135.270639
アクセス 六甲ライナーアイランドセンター駅から徒歩1分
外部リンク www.movix.co.jp
テンプレートを表示

1997年松竹マルチプレックスシアターズが運営するシネマコンプレックス「MOVIX」の第1号館として当プラザ9階フロアにオープンした(7スクリーン、1419席)。兵庫県下にオープンした最初のシネマコンプレックスでもある。しかし市内に109シネマズHAT神戸OSシネマズミント神戸といったシネコンが相次いで開業したことから業績が悪化し2010年1月31日をもって閉館した[10]

座席数[編集]

  • スクリーン1 - 209席
  • スクリーン2 - 209席
  • スクリーン3 - 168席
  • スクリーン4 - 168席
  • スクリーン5 - 341席(THX対応)
  • スクリーン6 - 162席
  • スクリーン7 - 162席

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “神戸・六アイ「神戸ファッションプラザ」商業棟が公売に”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2018年11月9日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201811/0011805588.shtml 
  2. ^ “神戸ファッションプラザの公売中止 所有者が滞納金支払いか”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2018年11月28日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201811/0011860031.shtml 
  3. ^ “「神戸ファッションプラザ」商業棟を取得 大栄環境”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2019年11月15日). https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201911/0012877553.shtml 
  4. ^ a b c d 大栄環境株式会社 本部事務所移転のお知らせ”. 大栄環境. 2020年9月11日閲覧。
  5. ^ (仮称)神戸市こべっこあそびひろば(東部)の指定管理者募集について”. 神戸市. 2020年9月11日閲覧。
  6. ^ 市有施設を活用した小規模保育事業者の募集”. 神戸市. 2020年9月11日閲覧。
  7. ^ “シネコン再開…六甲アイランド 地域憩いの場に”. 読売新聞 (読売新聞社). (2010年7月3日). オリジナルの2010年7月9日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100709174119/http://osaka.yomiuri.co.jp/re-eco/news/20100703-OYO8T00518.htm 
  8. ^ “六アイに「シネコン」復活 シネウェーブ六甲”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2010年7月2日). オリジナルの2010年7月5日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100705121309/http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/0003156518.shtml 
  9. ^ “「シネウェーブ六甲」、OSが番組・運営を担当”. 文化通信 (文化通信社). (2010年6月28日). http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=41903 [リンク切れ]
  10. ^ “シネコンの先駆け MOVIX六甲が閉館へ”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2009年12月3日). オリジナルの2009年12月8日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091208110413/http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002556608.shtml