神戸丸 (四国フェリー・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
神戸丸(初代)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1970-1982)
韓国の旗 韓国(1982-2007)
インドネシアの旗 インドネシア(2007-2011)
所有者 四国フェリー(1970-1982)
Cosmo Tiger Corp(1988-1996)
Semo Marine Co.(1996-2007)
P.T. Prima Vista(2007-2011)
運用者 四国フェリー(1970-1982)
Cosmo Tiger Corp(1988-1996)
Semo Marine Co.(1996-2007)
P.T. Prima Vista(2007-2011)
建造所 四国ドック
IMO番号 7037052
改名 神戸丸(1970-1981)
第一神戸丸(1981-1982)
Dong Nam Jumbo Ferry(1982-1985)
Korea Car Ferry No.1(1985-1987)
Ho Hoe Car Ferry(1987-1988)
Dae Han Express Car Ferry(1988)
Car Ferry Queen(1988-1996)
Semo Express Ferry
(1996-1999,1999-2007)
Rising Star 1(1999)
Marina Nusantara(2007-2011)
経歴
起工 1970年
進水 1970年
竣工 1970年10月
就航 1970年10月
運航終了 1982年
最後 2011年9月26日、衝突事故による火災で全損
要目
総トン数 2927.57 トン
全長 91.40 m
19.20 m
深さ 6.25 m
機関方式 ディーゼル
主機関 マキタ 2基
推進器 1軸
出力 8000馬力
最大速力 20.04ノット
航海速力 18.7ノット
旅客定員 637名
車両搭載数 8トントラック60台、乗用車60台
テンプレートを表示

神戸丸は、四国フェリーが運航していたフェリー。本項目では1970年に就航した初代について取り扱う。

概要[編集]

神戸港と高松港を結ぶフェリー航路の開設に当たって四国ドックで建造され、1970年10月に就航した。

1981年第一神戸丸に改名、1982年神戸丸(2代)の就航により引退した。

その後、海外売船され、韓国で就航した。 次々と運航会社を渡り、1982年Dong Nam Jumbo Ferry1985年Korea Car Ferry No.11987年Ho Hoe Car Ferry1988年Dae Han Express Car Ferryと船名を変更した。

1988年、Cosmo Tiger Corpに売却され、Car Ferry Queenとして就航した。 1996年、Semo Marine Co.に売却され、Semo Express Ferryとして就航した。 1999年Rising Star 1と船名を変更したが、短期間で戻された。

2007年インドネシアのP.T. Prima Vistaに売却されMarina Nusantaraとなり、スラバヤ - バンジャルマシン航路に就航した。 2011年9月26日カリマンタン島バリト川で石炭を輸送していたはしけと衝突して炎上した。400名以上の乗客が乗船していたが、周囲を航行中の船舶が救助活動を行い、最終的に3名が死亡、103名が負傷した。

航路[編集]

日本海運(ニュージャンボフェリー)

日本海運との共同運航で神高丸 (初代)とともに運航された。

設計[編集]

船内[編集]

船室[編集]

  • 特別室
    • 個室(36名)- 和室2室、洋室10室
    • 椅子席(72名)
  • 一般室
    • 椅子席(142名)
    • じゅうたん席(250名)

設備[編集]

  • レストラン
  • スナック
  • 売店
  • 浴室

脚注[編集]

[ヘルプ]