神戸壽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神戸 壽[1](かんべ ひさし、1950年6月22日 - )は、日本の経営者。兵庫県西脇市出身。

経歴[編集]

東京農工大学在学中に加奈崎芳太郎仲井戸麗市、奥津光洋と結成した4人組のフォークグループ「金崎芳樹と古井戸」にベース担当として参加。1970年9月に渋谷ジァン・ジァンでステージデビューを果たす[2]。 大学卒業後、1974年松下電工入社、社内システムのオンライン化に関わる。1977年に退職し、家業の材木店を継ぐが[3][4]、「将来、自分はこれをやったんだと子供に胸張って言えるものを残したい」というかつての音楽仲間の言葉を思い出し、1982年兵庫県西脇市でソフトウェア開発会社「ブレイン」を創業[5]2012年にはトレイの上に載せた焼きたてパンの種類を画像認識AI技術で識別、精算までを自動で行う「ベーカリースキャン」システムを兵庫県立大学と共同開発した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 神戸 寿と表記されることもある。
  2. ^ 加奈崎芳太郎 『加奈崎芳太郎 全仕事集('62~'94)「自我像」瞬間の連続』 フリー(加奈崎クラブ)、1994年、20頁。
  3. ^ “兵庫発―キラ星 ブレイン 画像認識システム”. 日経産業新聞: p. 中小・ベンチャー面. (2011年4月15日) 
  4. ^ “「経営新潮流トップインタビュー」45”. 神戸新聞. (2018年10月14日) 
  5. ^ “ドバイにパン認識装置「これをやった」と胸張りたい(異才の横顔 ブレイン社長・神戸寿氏)”. 日経産業新聞: p. デジタル・サービス面. (2014年3月27日). "80年代に子供が生まれた時、ふと音楽仲間がかつて言っていた言葉を思い出した。「将来、自分はこれをやったんだと子供に胸張って言えるものを残したい」。一度きりの人生を「このまま材木屋のボンで終わっていいんか」と一念発起、周囲の反対を押し切り起業を決めた。" 
  6. ^ “パンの種類 瞬時に識別 ブレイン レジメーカー向け開発”. 日本経済新聞朝刊: p. 新興・中小企業面. (2012年7月16日)