神戸大学医学部附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 神戸大学医学部附属病院
KOBE-University-hospital.jpg
情報
正式名称 国立大学法人神戸大学医学部附属病院
英語名称 Kobe University Hospital
前身 神戸病院
公立神戸病院
兵庫県立神戸病院
兵庫県立医学専門学校附属医院
兵庫県立医科大学附属医院
兵庫県立神戸医科大学附属病院
神戸大学医学部附属病院
標榜診療科 総合内科,循環器内科,腎臓内科,呼吸器内科,膠原病リウマチ内科,消化器内科,糖尿病・内分泌内科,神経内科,腫瘍・血液内科,血液内科,感染症内科,放射線診断・IVR科,放射線腫瘍科,小児科,皮膚科,精神科神経科,緩和支持治療科,食道胃腸外科,肝胆膵外科,乳腺内分泌外科,心臓血管外科,呼吸器外科,小児外科,整形外科,脳神経外科,眼科,耳鼻咽喉・頭頸部外科,泌尿器科,産科婦人科,形成外科,美容外科,麻酔科・ペインクリニック科,歯科口腔外科,歯科口腔外科(矯正歯科),救命救急科,病理診断科,リハビリテーション科,遺伝子診療部,漢方内科,インフルエンザ
許可病床数

934床
一般病床:888床


精神病床:46床
開設者 国立大学法人神戸大学
管理者 平田 健一(病院長)
開設年月日 1869年
所在地
650-0017
位置 北緯34度41分7秒
東経135度10分16秒
二次医療圏 神戸
PJ 医療機関
テンプレートを表示

神戸大学医学部附属病院(こうべだいがくいがくぶふぞくびょういん)は、神戸市中央区にある神戸大学医学部附属の大学病院がん診療連携拠点病院周産期母子医療センター設置病院、エイズ治療拠点病院特定機能病院兵庫県災害拠点病院でもある。略称は神大病院(しんだいびょういん)。

沿革[編集]

(この節の出典[1][2]

  • 1869年明治2年) - 神戸病院設立。
  • 1877年(明治10年)2月 - 公立神戸病院と改称。
  • 1877年(明治10年)11月 - 明石及び西宮に分院を設置
  • 1882年(明治15年)12月 - 兵庫県立神戸病院と改称。
  • 1900年(明治33年)4月 - 現在地に移転。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 兵庫県立医学専門学校附属医院と改称。
  • 1946年昭和21年)4月 - 兵庫県立医科大学附属医院と改称。
  • 1952年(昭和27年)5月 - 兵庫県立神戸医科大学附属病院と改称。
  • 1967年(昭和42年)6月 - 国立に移管し、神戸大学医学部附属病院と改称。
  • 1994年平成6年)6月 - 周産期母子センターを設置
  • 2019年令和元年)7月 - 救命救急センターを設置

診療科[編集]

  • 内科 - 総合内科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科、膠原病リウマチ科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、神経内科 、腫瘍・血液内科、血液内科、感染症内科
  • 内科系 - 放射線科、放射線腫瘍科、小児科、皮膚科、精神科神経科、緩和支持治療科
  • 外科 - 食道胃腸外科、肝胆膵外科、乳腺内分泌外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科
  • 外科系 - 整形外科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、泌尿器科、産科婦人科、形成外科、美容外科、麻酔科、歯科口腔外科、救命救急科、病理診断科、リハビリテーション科

診療科以外の機関[編集]

  • 中央診療施設等
    • 検査部
    • 放射線部
    • 輸血・細胞治療部
    • 病理部
    • 総合周産期母子医療センター
    • 救急部
    • 集中治療部
    • 手術部
    • リハビリテーション部
    • 腎・血液浄化センター
    • 冠動脈疾患治療部
    • 光学医療診療部
    • 遺伝子診療部
    • 感染制御部
    • 国際診療部
    • 親と子の心療部
    • 腫瘍センター
    • 血管内治療センター
    • 栄養管理部
    • 救急・集中治療センター
      救急部、集中治療部、冠動脈疾患治療部における病床の運用管理等を統括
  • 薬剤部
  • 看護部
  • 医療技術部
    • 臨床検査部門
    • 放射線部門
    • リハビリ・歯科部門
    • 臨床工学部門
    • 栄養管理部門

医療機関の指定・認定[編集]

(下表の出典[3]

保険医療機関 災害拠点病院(地域[4]
労災保険指定医療機関 指定自立支援医療機関(更生医療)
救命救急センター 指定自立支援医療機関(育成医療)
臨床研修病院 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に基づく指定病院又は応急入院指定病院
臨床修練病院 精神保健指定医の配置されている医療機関
生活保護法指定医療機関 がん診療連携拠点病院(国指定)
医療保護施設 結核指定医療機関
指定養育医療機関 指定療育機関
エイズ治療拠点病院 指定小児慢性特定疾病医療機関
難病の患者に対する医療等に関する法律に基づく指定医療機関 特定疾患治療研究事業委託医療機関
戦傷病者特別援護法指定医療機関 原子爆弾被害者医療指定医療機関
原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関 DPC対象病院
公害医療機関 総合周産期母子医療センター
母体保護法指定医の配置されている医療機関 特定機能病院
都道府県アレルギー疾患医療拠点病院
  • 外国人患者受け入れ医療機関認証[5]
  • がんゲノム医療拠点病院[5]
  • このほか、各種法令による指定・認定病院であるとともに、各学会の認定施設でもある。

不祥事[編集]

  • 2021年1月 - 当院勤務の男性臨床工学技士(32歳)が、2020年12月12日夜、高砂市内の路上で、歩いて帰宅中の女性(20歳)に対し、後ろから近づきスカートとともに下着を脱がせようとした上、抵抗する女性を押し倒し、両膝に打撲などの軽傷を負わせたとして、兵庫県警高砂警察署は1月18日、男性臨床工学技士を強制わいせつ致傷容疑逮捕。男性臨床工学技士は調べに対し容疑を認めている[6]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 沿革・歴代院長”. 神戸大学医学部附属病院. 2021年1月18日閲覧。
  2. ^ 医学部・医学部附属病院の前身”. 神戸大学医学部. 2021年1月18日閲覧。
  3. ^ 兵庫県医療機関情報システム”. 兵庫県健康福祉部健康局医務課. 2021年1月18日閲覧。
  4. ^ 災害拠点病院一覧 (平成30年4月1日現在)”. 厚生労働省. 2021年1月18日閲覧。
  5. ^ a b 指定・認定”. 神戸大学医学部附属病院. 2021年1月18日閲覧。
  6. ^ 強制わいせつ致傷 神戸大病院の臨床工学技士逮捕”. 神戸新聞 2021/1/18 18:56. 2021年1月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e 交通アクセス”. 神戸大学医学部附属病院. 2021年1月18日閲覧。