神戸大学大学院国際協力研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸大学 > 神戸大学大学院国際協力研究科
神戸大学国際協力研究科

神戸大学大学院国際協力研究科(こうべだいがくだいがくいんこくさいきょうりょくけんきゅうか、英称:Graduate School of International Cooperation Studies (GSICS))は、神戸大学大学院に設置されている独立研究科である。

概要[編集]

神戸大学大学院国際協力研究科は、教養部の解体が行われた1992年に、国際文化学部発達科学部とともに設立された独立研究科である[1]国際社会で活躍する人材の育成を目的とし、世界レベルの経済学法学政治学国際関係論などが扱われている[2]

沿革[編集]

  • 1992年 - 神戸大学に大学院国際協力研究科を設立。国際開発政策専攻を開設[1]
  • 1993年 - 国際協力政策専攻を開設[1]
  • 1994年 - 地域協力政策専攻を開設[1]
  • 1999年 - 開発協力特別コースを開設[1]
  • 2002年 - 国際協力英語コースを開設[1]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「沿革」神戸大学大学院国際協力研究科
  2. ^ 研究科長からのメッセージ神戸大学大学院国際協力研究科