神戸大学附属中等教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸大学附属中等教育学校
Kobe University Secondary School
神戸大学附属中等教育学校
国公私立の別 国立学校
設置者 国立大学法人神戸大学
併合学校 神戸大学附属住吉中学校
神戸大学附属明石中学校
校訓 自治・協同・創造
設立年月日 2009年
開学記念日 5月15日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
中等教育学校コード 28001B
所在地 658-0063
兵庫県神戸市東灘区住吉山手五丁目11番1号

北緯34度43分55.4秒 東経135度15分16.1秒 / 北緯34.732056度 東経135.254472度 / 34.732056; 135.254472座標: 北緯34度43分55.4秒 東経135度15分16.1秒 / 北緯34.732056度 東経135.254472度 / 34.732056; 135.254472
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

神戸大学附属中等教育学校(こうべだいがくふぞくちゅうとうきょういくがっこう 英語: Kobe University Secondary School)は、兵庫県神戸市東灘区住吉山手五丁目にある国立中等教育学校

概要[編集]

神戸大学発達科学部附属の2つの中学校(附属住吉中学校附属明石中学校)を前身とし、新たに後期課程(高校段階)を創設して、神戸大学直轄の附属中等教育学校として2009年に発足した。それまでの発達科学部附属学校の伝統を踏まえ、「ゆとり」「継続」「交わり」を特色とした教育を行っている。また、神戸大学が掲げている「グローバルエクセレンス(国際的に卓越した)教育」を受け、新時代に相応しい資質と能力を備え自立した市民「グローバルキャリア人」の育成を教育目標としている。

校訓は「自治」「協同」「創造」

沿革[編集]

神戸大学の附属学校再編計画により創立された。編成前に存在した附属住吉中学校附属明石中学校(それぞれ1947年創立)は、2009年度より生徒募集を停止し、2011年3月に廃止された。

前身校[編集]

年表[編集]

教育目標[編集]

国際的視野を持ち未来を切り拓く、真理探究の精神に富んだグローバルキャリア人を育成する。 「見つける力」「調べる力」「まとめる力」「発表する力」の4つの力とそれらを総合する「考える力」を、教科の学習はもちろん、「Kobe ポート・インテリジェンス・プロジェクト」をはじめとする教育活動全体を通じて育成する。

目指す生徒像[編集]

  • 主体的に自己及び社会の未来を切り拓くことのできる生徒
  • 国際的な視野を持ち、自他を認め合って行動できる生徒
  • 真理探究の精神に富み、新たな価値を創造する力を身につけた生徒

教育課程[編集]

1,2年を基礎期、3,4年を充実期、5,6年を発展期を位置づけ、教育を行っている。基礎期では「生活や学習の習慣を作る」こと、充実期では「自分らしさを見つける」こと、発展期では「自己を確立する」ことが目標とされている。 2学期制でカリキュラムが組まれており、四月から九月を「春学期」、十月から三月までを「秋学期」と呼んでいる。

思春期を高校受験に分断されないという特色を活かし、継続した心身の発達を図っている。そのような特色を活かして「ゆとり」のあるカリキュラムを編成し、観察・実験、調査・見学・フィールドワーク、ものづくり等の体験学習を積極的に取り入れている。特に、4年生で行われるインターンシップ学習では、神戸大学の協力のもと、大学の研究室でインターンシップ学習を行うことが可能である。また、中学生から高校生までの幅広い年代が集まっていることを活かし、幅広い集団のなかでの交わりを重視してリーダーシップや協調的態度を養う。

教科の教育[編集]

  • 中等教育学校の特例を根拠に、高校範囲の学習を前期課程(中学段階)へ前倒しして学習させている。
  • 海外帰国生徒を一般学級に受け入れ、相互啓発を図るなど、外国語教育を重視している。
  • 基礎期では給食を食育と位置づけ、授業時間割に食育として給食を食べる時間が組み込まれている。
  • 教員の組織は前期課程・後期課程で一体化しており、6年間で継続した学習指導が行われている。

Kobe ポート・インテリジェンス・プロジェクト[編集]

一般的に総合的な学習の時間と呼ばれるものである。 学校創設以来、探求的な学習を「Kobe ポート・インテリジェンス・プロジェクト(略してKobeプロジェクト、またはKP)」と命名し、6年一貫カリキュラムの中心的な教育と位置づけている。 「Kobe ポート・インテリジェンス・プロジェクト」という名前は、神戸港が世界的な貿易の拠点であることを鑑み、Kobeプロジェクトが世界で通用する知性を育むことを願って名付けられた。

基礎期では「神戸学」「奈良学」と言った地元のローカルな内容を中心にグループワークなどを用いた探求活動や、附属住吉中学校時代からの伝統である「聞き方・話し方訓練」が行われる。充実期では研修旅行と関連した内容を中心にグループで探求活動を行う他、発展期に行うより高度な課題研究の練習として、自分で定めたテーマで課題研究を行う。発展期では基礎期・充実期での探求活動を土台に、自分でテーマを定めて充実期より高度な探求活動を行う。

3年生終了時で4000字、4年生終了時で8000字、5年生終了時で18000字の論文の提出が求められる。特に、5年生終了時に書く18000字の論文は「卒業論文」と呼ばれ、優秀な論文を書いた生徒は6年生で神戸大学の施設で行われる発表会に参加する他、学会発表等に参加することもある。

2019年に、本校での課題研究指導のノウハウをまとめた本として、「探究の力を育む課題研究」(林創・神戸大学附属中等教育学校、共著)が出版された。

規模[編集]

合併による再編中のため、生徒数は学年によって異なる。

  • 2014年度以前は附属住吉附属明石両小学校からの内部進学者のみ。1学年140名前後。
  • 2015年度の入学生は1学年4クラスの160名定員。神戸大学附属小学校からの内部進学約80名、一般募集80名程度。
  • 2016年度以降は1学年3クラスの120人ほど。内部進学約40名、一般募集80名程度。
  • 帰国生徒については別枠で募集(若干名)

通学区域・条件[編集]

兵庫県内に保護者とともに居住し、公共交通機関、あるいは徒歩で、始業時刻までに無理なく登校できること[1]。 ただし、2020年度からの募集に変更あり[2]

部活動・同好会[編集]

校則により、同好会に参加を許されるのは後期生のみである。

学校行事[編集]

年間を通じ、様々な学校行事が催される。

4月 - 入学式
神戸大学の出光佐三記念六甲台講堂で行われる。
5月 - 兎原祭(文化祭)
週末の2日間にかけて行われる、本校最大の行事。有志生徒で構成される兎原祭実行委員会が主体となって運営する。各クラスが教室企画や演劇を行うほか、部活動や同好会の発表の場ともなっている。本校関係者以外も参加可能である。生徒やPTAによる食販企画や外部食販団体、神戸大学生協が来校者に昼食を提供する。
6月 - 春学期中間考査
9月 - 春学期期末考査
9月 - 探求週間
春学期期末考査が終わってから秋学期の始業式までの間、探求週間とよばれる期間が存在する。この期間中に3年生は研修旅行へ、5年生は修学旅行へ行く。また、他学年においてもフィールドワークやインターンシップ学習などが行われる。現在の研修旅行の行き先は沖縄県、修学旅行の行き先はオーストラリアシドニーである。
10月 - 体育祭
有志生徒による体育祭実行委員会が中心となって運営する。リレーなどの一般的な競技や、生徒が考案した競技が行われ、各クラスや紅白で分かれて得点を競う。また、各学年による応援演技も行われる。平成30年度までは前期・後期で別々に開催されていたが、令和元年度体育祭より前期・後期合同で開催されるようになった。
11月 - 合唱コンクール
学年ごとに設定された課題曲と、各クラスごとに決めた自由曲を、各クラスで練習し発表する。各学年の優秀1クラスは音楽祭で代表クラスとして歌う。
11月 - 音楽祭
神戸文化ホールを借し切って開催される。合唱コンクールでの優秀クラスによる発表や、4年生音楽選択者による発表、部活動・同好会による発表が行われる。また、神戸大学附属小学校児童による合唱の発表もある。
12月 - 秋学期中間考査
3月 - 卒業式
3月 - 秋学期期末考査

交通[編集]

神戸大学附属中等教育学校の位置(兵庫県内)
神戸大学附属中等教育学校

平成29年度まで登下校時間帯にスクールバスの運行が神戸大学附属中等教育学校-阪急御影駅-JR住吉駅間で実施されていたが、利用者数の減少により平成30年度から廃止された。

姉妹校および交流校[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]