神戸屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社神戸屋
KOBEYA BAKING CO., LTD.
KOBEYA BAKING Headoffice.JPG
神戸屋本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
533-0014
大阪府大阪市東淀川区豊新2丁目16番14号
北緯34度44分36.8秒 東経135度31分43.3秒 / 北緯34.743556度 東経135.528694度 / 34.743556; 135.528694座標: 北緯34度44分36.8秒 東経135度31分43.3秒 / 北緯34.743556度 東経135.528694度 / 34.743556; 135.528694
設立 1932年12月16日
創業 1918年大正7年)
業種 食料品
法人番号 2120001051672 ウィキデータを編集
事業内容 パン・洋菓子・冷凍生地・デリカ食品の製造販売他
代表者 代表取締役社長 桐山健一
資本金 11億9700万円
売上高 433億8900万円(2020年12月31日時点)[1]
営業利益 ▲5億7500万円(2020年12月31日時点)[1]
経常利益 10億円(2020年12月31日時点)[1]
純利益 ▲14億5200万円(2020年12月31日時点)[1]
純資産 68億0100万円(2020年12月31日時点)[1]
総資産 277億7900万円(2020年12月31日時点)[1]
従業員数 1309人(2018年9月30日現在)
決算期 12月31日
主要株主 桜井興業 22.54%
日清製粉 9.49%
桐山奨学会 8.28%
主要子会社 神戸屋レストラン
神戸屋東京工場
マルト神戸屋
タイヨー神戸屋
マツヤ神戸屋
外部リンク www.kobeya.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示
神戸屋レストラン 芦屋店(兵庫県芦屋市

株式会社神戸屋(こうべや、: KOBEYA BAKING CO., LTD.)は、大阪府大阪市東淀川区に本社を置く、パン洋菓子の製造・販売を行うとともにレストランなどを経営する、日本の製パン業者・フードサービス企業である。創業は1918年大正7年)[2]。社是は「Fresh&Pure」。

概要[編集]

売上高に占める比率は食パン26%、菓子パン52%、惣菜パン7%と菓子パンの比率が高い。

子会社に神戸屋レストランがあり、神戸屋本体でも「神戸屋フレッシュベーカリー」という小規模店舗での焼きたてパン小売を直営、フランチャイズで展開するなど、老舗、「焼きたてパン」というブランドイメージを活かした経営を行っている。

商品にイーストフード乳化剤無添加としている。

スポーツ用品販売業の神戸屋スポーツ(神戸屋運動具店)とは無関係。

沿革[編集]

神戸屋の由来は、創業者の桐山政太郎が神戸の製パン会社に勤めていた際に、大阪で「神戸パン」という名称で販売を行ったことからであり、その後1918年大正7年)に政太郎が独立したのと同時に本社を大阪に置いた。

(年表の出典[3]

  • 1918年 - 大阪出入橋に神戸屋合資会社が創業
  • 1928年 - 従来のホップス種からイースト菌を使用する製パン方法に日本で初めて成功
  • 1933年 - 福島工場が竣工、「東洋一の大工場」と称され、当時のアメリカの業界紙「ベーカーズ・ウィークリー」に掲載される。
  • 1954年 - 液体発酵法を導入し、本格的な大量生産が始まる
  • 1973年 - 冷凍パン生地事業を開始
  • 1975年 - ベーカリーレストラン1号店を西宮市に出店し、フードサービス事業に進出
  • 1981年 - 静岡県浜松市の製パン業「株式会社マルト」と提携(その後「マルト神戸屋」へ商号変更)
  • 1986年 - 島根県松江市の製パン業「マツヤベーカリー」と提携(その後「マツヤ神戸屋」へ商号変更)
  • 1989年 - 関西フレッシュベーカリー事業部(現:フレッシュベーカリー事業)誕生。駅中ビジネスへ参入。
  • 1991年 - 米飯事業に本格進出
  • 1996年 - 明治製菓(現:明治)系の明治パンを買収(その後「神戸屋東京工場」へ商号変更)
  • 1997年 - 独自製法でイーストフード・乳化剤を排した「神戸屋づくり」シリーズを発売
  • 2001年 - イーストフード・乳化剤を加えない「湯種」食パンを発売

主な商品[編集]

食パン[編集]

  • 湯種(ゆだね)
イーストフードや乳化剤などの添加物を一切使用しない、こだわり製法の食パン。もっちりとした食感が特徴。販売終了。
  • のどごし食パン
朝食向けに開発された食パン。
  • 朝からさっくり食パン
クロワッサンの製法で作られた、さっくりした食感が特徴の食パン。
  • もちふわ食パン
2011年発売。イーストフード・乳化剤無添加。もっちりしていてふんわりとした食感が特徴。CMには芦田愛菜が出演。
  • 円熟
半円型の形状の食パン。ゆりかご製法で作られており、さっくりした軽い食感が特徴。
全粒粉入りの商品の他、レーズン、五穀入りのものがある。

菓子パン[編集]

  • フランスシリーズ
1975年から発売が開始された、ロールパンにミルククリームをサンドした菓子パン。ミルク・チョコレート・カスタード・アーモンドクリームなどのフレーバーがある。
  • 丹念熟成シリーズ
あんパンのような形状のパン。つぶあんやこしあんに加え、クリーム、イチゴジャム、チョコレート、ブルーベリージャムなどのフィリングがある。
期間限定商品でヨンミーや、関西の番組とコラボした商品が定期的に発売され、関西のお土産としても喜ばれる。
  • メロンパン
  • しっとりバターマフィンシリーズ

惣菜パン[編集]

2001年から発売が開始された、ランチタイムの定番パン。ロールパンにハムとマヨネーズをサンド。
  • ソーセージマヨ
  • たまマヨ
  • ラクふわパック
山崎製パンの『ランチパック』に似た形のランチパン。
  • ラクふわサンド

主な事業所[編集]

主な関連会社[編集]

ほか[4]

CM出演者[編集]

その他[編集]

2017年8月4日大阪市梅田の「フレッシュベーカリー神戸屋阪神梅田駅店」で、この店の男性パート従業員が近隣店の女性パート従業員をパン切り包丁で切りつける事件が発生。男性従業員の態度を注意しに向かった女性従業員が男性従業員を何度もビンタした事が発端であった。なお、店内には別の従業員もおり、男性が女性を刺す直前の口論状態を見てとっさに店のシャッターをしめた事で、店内は密室状態になっていたという。なお、女性従業員は幸い全治10日の軽傷で済んだ。事件発生当時、当該店の前を通りがかった通行人男性が閉ざされたシャッターの中から女性の悲鳴を聞き、異常を感じたためシャッター横の通用口を開けたところ、店の奥で男性従業員が女性従業員に馬乗りになっており、女性従業員の左肩には血痕も見えたため、店のシャッターを拳で叩き周囲に緊急事態を呼び掛けた。集まった他の通行人によって床一面が血だらけになっている異常な光景が確認された。先に行動をとった通行人男性と駆け付けた男性通行人の2名によって男性従業員は警察官が到着するまで女性従業員から離され、押さえつけられた。その間、男性従業員は床に自身の頭を打ち付ける行動を取った。また、別の通行人の女性によって110番通報がなされるなど、一般の通行人によって適切な行動が取られた。男と勤務を交代して帰り支度をしていた別の従業員も現場にいたが、「店員同士のけんかを客に見られてはまずい」との理由でシャッターを閉めていて、その後立ち去っていた[5]

その後、この男性従業員は保釈され、更に不起訴処分となった。大阪地検によると、処分理由は明らかにしていないという[6]

当該店はその後しばらく営業を停止していた[7]。その後再開していたが閉店、跡地には2020年3月に「ミスタードーナツ阪神大阪梅田駅ショップ」が開店した[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]