神戸市立医療センター中央市民病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 神戸市立医療センター中央市民病院

神戸市立医療センター中央市民病院

情報
英語名称 Kobe City Medical Center General Hospital
前身 市立神戸診療所
許可病床数

768床
一般病床:750床
精神病床:8床


感染症病床:10床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
付加機能評価(救急医療機能)
開設者 地方独立行政法人神戸市民病院機構
管理者 細谷亮(院長)
開設年月日 1924年3月
所在地
650-0046
兵庫県神戸市中央区港島南町二丁目1-1
位置 北緯34度39分34.33秒 東経135度12分54.58秒 / 北緯34.6595361度 東経135.2151611度 / 34.6595361; 135.2151611 (神戸市立医療センター中央市民病院)座標: 北緯34度39分34.33秒 東経135度12分54.58秒 / 北緯34.6595361度 東経135.2151611度 / 34.6595361; 135.2151611 (神戸市立医療センター中央市民病院)
二次医療圏 神戸
PJ 医療機関
テンプレートを表示
(旧)神戸市立医療センター中央市民病院(新)財団法人神戸マリナーズ厚生会 ポートアイランド病院

神戸市立医療センター中央市民病院

情報
旧名称 神戸市立中央市民病院
用途 病院
設計者 青柳司:株式会社日建設計 伊藤喜三郎:株式会社伊藤喜三郎建築研究所 末岡利雄:神戸市住宅局営繕部
構造形式 S/SRC造
延床面積 59,530 m²
竣工 1981年
所在地 650-0046
神戸市中央区港島中町4丁目6番地
座標 北緯34度40分7.3秒 東経135度12分32.6秒 / 北緯34.668694度 東経135.209056度 / 34.668694; 135.209056
備考 http://www.port-island-byoin.jp/
テンプレートを表示

神戸市立医療センター中央市民病院(こうべしりついりょうセンターちゅうおうしみんびょういん)は、兵庫県神戸市中央区に所在する医療機関。神戸市が設置する地方独立行政法人神戸市民病院機構が運営する病院である。

概要[編集]

兵庫県内の感染症指定医療機関の1つで、「重症等指定病院」に位置づけられ、厚生労働省から全国の救命救急センターの中で最も診療体制が充実しているとして6年連続(2020年現在)で評価されるなど、神戸市の「救急医療の最後の砦」として知られる[1]

沿革[編集]

診療科[編集]

アクセス[編集]

新型コロナウイルス感染[編集]

  • 2020年(令和2年)
    • 4月11日、神戸市は、市立医療センター中央市民病院で、入院患者と看護師ら計14人の新型コロナウイルスの集団感染が判明したと発表した。市は院内感染と判断、新規の外来診療を休止し、一般の入院患者の受け入れを停止した[3]
    • 4月17日、神戸市は、集団感染が起きている神戸市立医療センター中央市民病院で新たに看護師ら計6人の感染を確認したと発表した。これで感染者は計23人となった[4]
    • 5月2日 - 4月7日までの8日間に同病院を受診した外来患者1000人の血液を検査したところ、33人(3.3%)から新型コロナウイルス感染後にできる抗体が検出されたと発表された。男性489人、女性511人の無作為抽出で、内訳は30代から80代の男性16人、女性17人であった。同病院の研究チームはこの結果から、緊急事態宣言が出る4月7日以前に、神戸市内ですでに2.7%に当たる約4万人に感染歴があったと推定し、PCR検査によって発表された感染者数の数百倍が感染していた可能性があるとしている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 病院機能案内 2010 地方独立行政法人 神戸市民病院機構 神戸市立医療センター中央市民病院

関連項目[編集]